イベント情報   [ ステージ ]

  • 2018/1/28(日)

    阿波人形浄瑠璃 中村園太夫座

    国の重要無形文化財にも指定されている阿波人形浄瑠璃。阿南市新野町で江戸末期から受け継がれた巧みな技芸を存分に鑑賞しよう。演目は「式三番叟」「傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段」「三十三所花の山 壷坂霊験記」「一谷嫩軍記」。
  • 2018/2/2(金) 〜2018/2/4(日)

    AWA 伝統芸能創造発信プロジェクト2018

    その昔、藍の交易がもたらした収益によって邦楽・阿波人形浄瑠璃・阿波おどりといった文化が徳島に根づいた。時代は変われど、受け継がれている阿波藍と伝統芸能を新たな形で創造しようという試みから3日間にわたって開催されるイベント。プログラムは徳島邦楽ルネッサンス前編、徳島邦楽ルネッサンス後編、新演出魁浄瑠璃、藍の国阿波おどりと大きく4つに分けられており、作曲家・三木稔氏にスポットを当てたセクション、邦楽と舞踏とのコラボ、新たな演出を加えた人形浄瑠璃、阿波藍をテーマにした阿波おどりが披露される。各日のプログラムなど詳しくはホームページ(http://www.kyoubun.or.jp/index.html)を。
  • 2018/2/15(木)

    ギタレレ漫談ぴろき独演会 徳島温泉ツアー

    笑点や浅草の寄席で活躍しているギタレレ漫談ぴろきが、昨年の公演が大好評に応えてふたたび徳島へ! 自虐的不幸話で笑いを巻き起こす漫談で笑って、温泉で癒しのひとときを過ごそう! 
  • 2018/2/15(木) 〜2018/2/18(日)

    第八回システィーナ歌舞伎 GOEMON ロマネスク

    「和と洋のコラボレーション」「新作歌舞伎」をコンセプトに、徳島から新しい文化の創造を発信してきたシスティーナ歌舞伎。8回目となる今回は『GOEMON ロマネスク』と題し、2018年2月15日(木)~18日(日)の4日間、計8回の上演を予定。第三回システィーナ歌舞伎(2011年)で上演された『GOEMON 石川五右衛門』のもうひとつの物語が展開される。出演は片岡愛之助、中村壱太郎、上村吉弥ほか。チケット絶賛発売中。
  • 2018/2/16(金)

    ギタレレ漫談ぴろき独演会 徳島温泉ツアー

    笑点や浅草の寄席で活躍しているギタレレ漫談ぴろきが、昨年の公演が大好評に応えてふたたび徳島へ! 自虐的不幸話で笑いを巻き起こす漫談で笑って、温泉で癒しのひとときを過ごそう! 
  • 2018/2/24(土) 〜2018/2/25(日)

    徳島演劇ネットワーク第5回公演「4月になれば彼女は」

    2012年の国民文化祭をきっかけに県内で活動する「劇団テアータ’80」「劇団・混沌(仮)」「劇団まんまる」「劇団orangecycle」の4団体が合同で上演する舞台。今回の作品は演劇集団『キャラメルボックス』の名作「四月になれば彼女は」を大学生から50代までのメンバーによって上演される。
  • 2018/3/10(土)

    能「国栖」 狂言「口真似」

    壬申の乱の出来事をもとにしている能「国栖」、主人の期待に応えようとする召使いの滑稽さが笑える狂言「口真似」の公演。伝統芸能の真髄を鑑賞しよう。
  • 2018/3/10(土)

    観世流徳島青嵐会30周年記念会

    観世流シテ方・河村晴道師に指導をうけている徳島青嵐会の発表会。能「羽衣」のほか舞囃子、仕舞、素謡、独吟などが披露される。

オススメ記事

  1. どうもゴリ男です。 昨年末から年始にかけて 僕が密かに、必死に集めている…
  2. どうも、6歳女児ママのさいちゃんです。 チャンスがあれば6年前の難産自慢をしている私ですが、 …
  3. DIYがいまだブームですね。 タレントのヒロミさんが 『有吉ゼミ』でDIYコーナーを担当して…
  4. “とくしまで一人前の漁師になってみたい!” “自然豊かな地方へIターンして…
  5. こんにちは~ えもっちゃんです(*´ェ`*)♡ 2017年もあと少し…
  6. こんにちは、みなさん今日のお昼は何を食べましたか? 現在発売中のGeen12月号の特集は『ごは…
  7. どうも、6歳児ママのさいちゃんです。 「今年のサンタクロースはどう演出しよう」と 毎日頭を悩ませ…
徳島県で歯医者を探しているならこのサイトがおすすめ!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る