2018/11/25 に開催されている     徳島イベント情報

  • 2018/7/31(火) 〜 2018/11/25(日)  [ ]

    部門展示 小川昌彦氏の蝶コレクション

    吉野川市鴨島町在住のチョウの愛好家・小川昌彦氏が長年収集してきた秘蔵コレクションを紹介。国内外の珍しいチョウを見に行こう。9月30日(日)、10月28日(日)、11月25日(日)の14:00~15:00には展示解説あり。
  • 2018/9/3(月) 〜 2018/12/22(土)  [ ]

    「reflection」展

    徳島大学病院の西病棟1階ロビーにあるギャラリー『ホスピタルギャラリーbe』は、患者さんや患者さんを支える家族はもちろん、病院を訪れる人が気分転換できる憩いのスペース。テーマや表現方法がさまざまなアート作品を展示しており、「笑顔になれる」「癒やされる」と毎回好評を得ている。9月初旬からは武蔵野美術大学の学生たちが「reflection(リフレクション)」というテーマで制作した造形作品を展示。デザインを学ぶ美大生たちが、反射、投影、影響という意味を持つリフレクションをどう解釈し、どのような造形を紡ぎ出したのか、ぜひその目で確かめて。
  • 2018/10/13(土) 〜 2018/11/25(日)  [ ]

    阪東勲の木に成る顔たち写真展

    徳島生まれでグラフィックデザイナー、フォトグラファーとして活躍する阪東勲さんのユニークな写真展。1977年から日頃見逃しがちな街に潜むモノの顔を撮り続けてきた中から、「木に成る顔たち」をテーマにセレクトされた写真約45点が展示される。そのユニークな視点とクスッとしてしまう微笑ましさを兼ね備えた作品は、日本の小中学校の美術の教科書に採用されたものも・・・。不思議な顔の世界を楽しもう。
  • 2018/10/27(土) 〜 2018/11/25(日)  [ ]

    第37回徳島県高等学校総合文化祭

    徳島県下の高校文化部に所属する高校生たちが作品展示、舞台発表などを行う「文化部のインターハイ」。期間中、各部門の徳島大会が各所で実施される。また11月10日(土)~25日(日)は徳島、大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、福井、鳥取、三重の代表生徒による「第38回近畿高等学校総合文化祭(徳島大会)」も開催。各会場、日時など詳しくはホームページ(http://koubunren.tokushima-ec.ed.jp/)で確認を。
  • 2018/10/28(日) 〜 2019/1/6(日)  [ ]

    芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

    幕末の激動の時代を駆け抜けた浮世絵の鬼才・月岡芳年(つきおかよしとし)。血みどろな場面を生々しく描いた無惨絵で有名な芳年は、実際には幅広いフィールドで活躍をした明治前期最大の人気浮世絵師だった。その芳年の浮世絵の世界屈指のコレクターである西井正氣(にしいまさき)氏の所蔵品から、多彩な作品を紹介。これまで芳年と同時代に活躍した絵師の土佐の絵金・河田小龍や東京で活躍した河鍋暁斎らと切磋琢磨してきた画業を鑑賞しよう。
  • 2018/11/1(木) 〜 2018/11/30(金)  [ ]

    きんこ「イラストとコトバ展」センザイイシキノ示シ方。

    色鉛筆画講座の講師やイラストレーターとして活躍する西山欣子さんの個展。今年のテーマはセンザイイシキノ示シ方。毎年恒例のイラストによる2019年のカレンダー原画が展示される。同時にカレンダーやポストカードなどのグッズ販売もあり。
  • 2018/11/3(土) 〜 2018/12/9(日)  [ ]

    かつうらえーとこ満喫 歩く・走る・登る勝浦町

    11月3日(土・祝)を皮切りに、12月9日(日)まで勝浦町各所で行われるイベントにエントリーして、参加したらもらえる応募券に必要事項を記入して応募すると抽選で10名に熟成みかん10kgがもらえるよ。詳しいイベントや応募要項などはホームページ(https://kfriendskss.wixsite.com/mysite)で確認しよう。
  • 2018/11/3(土) 〜 2018/12/24(月)  [ ]

    特別展 討入りとその周辺

    赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が江戸城内で吉良上野介義央に斬りつけたことが発端となった赤穂事件。忠臣蔵として歌舞伎や浄瑠璃の題材にも取りあげられた国民的人気の演目としても有名だ。この赤穂事件にまつわる大石内蔵助が討入り前日に徳島藩関係者に送った暇乞状、徳島藩家老池田家に伝来した資料など赤穂浪士と徳島藩の関係を紐解く展示。討入りを支えた人々の存在と事件をあらためて見直してみてほしい。
  • 2018/11/10(土) 〜 2019/1/20(日)  [ ]

    文学企画展 阿波路の山頭火

    「分け入っても分け入っても青い山」などの俳句で知られる放浪の俳人・種田山頭火。生涯に二度、徳島を訪れた山頭火は、二度目の訪問時に徳島市で道を尋ねた祭の不親切な対応を「四国遍路日記」に綴り、海部郡では風で飛ばされた笠とメガネを拾ってくれた小学生には「ありがとうありがとう」と書いている。日記、俳句、遺品を通して、山頭火が辿った徳島を振り返ってみよう。
  • 2018/11/22(木) 〜 2018/11/25(日)  [ ]

    八人展:ひとかけらの‥

    ギャラリー開設8年目に突入しに合わせた8人の作家による作品展。彫刻や絵画など8名の作家が約20点の作品を展示する。出展は三木美雪、三木健司、上月佳代、ひらたるん、谷崎泰江、美浪文、上崎喜久子、きしがみ鯛きち。

ワイヤーママ12月号 Kindle版

あわわfree11月号 電子書籍版公開

Geen11月号 10/24発売

あわわfreeバックナンバー 電子書籍版

あわろぐ スポンサー広告

オススメ記事

  1. 忙しくも楽しい12月。この時期ならではのワイワイ・ガヤガヤ感を表紙に詰め込みました。3大特集は内容盛…
  2. 【あわわ運営イベント】 11/25 参加無料・阿波和紙伝統産業会館 紙すき・ハガキ作り体験 「手…
  3. コンテンツ はいはいグランプリ in イオンモール徳島 P7 今月のママネタ P9 まゆみ…
  4. 12月2日(日) 『WOMAN FESTA-red party-』 in リヴァージュテラス ブ…
  5. あわわが運営する、徳島わーく応援企画AWAWORK 徳島で仕事探すなら!『あわわ~く』より、求人情報…

イベントカレンダー

イベント情報

ページ上部へ戻る