2018/01/30 に開催されている     徳島イベント情報

  • 2017/10/27(金) 〜 2018/2/20(火)  [ ]

    ’80sガーリーコレクション~“カワイイ”は時間を超える~

    好景気に沸き、さまざまな流行やカルチャーが生まれた80年代。中でもファンシーグッズのキャラクターは黄金期を迎えた。この企画展は昭和ガーリーカルチャーを発信するブログで人気のゆかしなもんさんのコレクションからセレクトしたグッズを展示。手塚作品からは、その愛くるしさで人気のユニコが展示される。
  • 2017/11/14(火) 〜 2018/2/11(日)  [ ]

    秋・冬の書道収蔵作品展-中林梧竹の行草Ⅱ-

    日下部鳴鶴、巌谷一六とともに明治の三筆と呼ばれた中林梧竹。最も得意とした行草書作品を紹介する企画展。今なお多くのファンを魅了する書を鑑賞しよう。同時に貫名菘翁、小坂奇石の書も展示される。
  • 2017/11/28(火) 〜 2018/2/5(月)  [ ]

    部門展示 ここまでわかった! 徳島の縄文時代

    日本人の起源とともに研究されてきた縄文時代。最近では豊かな自然の中で暮らしたエコ的なイメージもあるとか。徳島県内の縄文時代の遺跡や遺物がどのように発見されて、どのようなことが明らかになってきたのかを紹介する展示。
  • 2017/12/1(金) 〜 2018/3/18(日)  [ ]

    おいしい名画 名画の中の食卓

    誰もが知っているレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」(修復後)をはじめ、食べ物を描いた名画たちにスポットをあて“食”をキーワードに古今の西洋名画を紹介する企画。期間中の週末14:00~は「7つの食卓から見る西洋名画」と題したアートツアー(各日30名)も開催。レストランやカフェでは、名画の食材を使ったメニューも登場する。
  • 2017/12/2(土) 〜 2018/4/15(日)  [ ]

    所蔵作品展徳島のコレクション 2017年度第3期特集 石丸一・島あふひ兄妹

    小松島市出身で兄である石丸一は関西の前衛美術を牽引するトップランナー、妹の島あふひはキリスト教への信仰を込めた作品で知られる画家として活躍。互いを画家として尊敬した兄妹の作品からその関係性も読みとろう。
  • 2017/12/16(土) 〜 2018/1/31(水)  [ ]

    巨大!つながるブロックのまち

    家や駅、ビルの形をした大きなブロックを何もない広場に配置すると、不思議なことに列車や車が走り出す!? 徳島出身の猪子寿之氏が代表のアートを主体としたデジタルコンテンツ制作集団・チームラボによる作品を体験しよう。ブロックがたくさん繋がると大きな街ができあがっていく。川の氾濫が起こったりもするから、上手に街を進化させよう。
  • 2017/12/16(土) 〜 2018/2/8(木)  [ ]

    徳島県立文学書道館 文学特別展 髙村薫の見た空海

    「マークスの山」で直木賞を受賞した作家・髙村薫氏。阪神淡路大震災を自宅で遭遇して仏を想うようになったという。2013年から約2年にわたって、高野山や札所などを訪ねて、空海ゆかりの品々とともに21世紀の空海像を探った記録的な展示。1月13日(土)14:00~15:30は、朗読会「髙村薫『空海』を読む」(聴講は申込不要)も実施される。
  • 2017/12/17(日) 〜 2018/3/25(日)  [ ]

    荒木経惟 私、写真。

    タイトルにあるように荒木の写真人生を総括するような作品展。父母の死を捉えた「父死去」「母死去」から、生と死を写してきたこれまでを紹介。しかし、これで荒木の写真への欲望が締めくくられるわけではなく新作、次のステージへの序章に過ぎない。
  • 2018/1/6(土) 〜 2018/1/30(火)  [ ]

    「ワンダフルな年でありますように」

    なごみ絵手紙教室の生徒や講師による、来年の干支である戌にちなんだ絵手紙の作品展。また講師宛に届いた絵手紙や年賀状もあわせて展示される。ハガキという小さな世界で表現されるアートを鑑賞しよう。
  • 2018/1/7(日) 〜 2018/2/18(日)  [ ]

    華道歴三十五周年記念 華道家 假屋崎省吾の世界展 花鳥風月
    第11回うだつをいける-美来創世-

    美を紡ぎだす手を持つ人と評される華道家・假屋崎省吾氏。今年華道歴35年を迎える假屋崎氏が、徳島ならではの素材を使った作品を作り上げる新春の記念イベント。また1月7日(日)の11:30~、13:30~はオープニング特別イベントとして脇町オデオン座で假屋崎省吾氏のデモンストレーション&トークショー&サイン会(前売1,500円・当日2,000円)が開催。煌びやかな華道の世界を堪能しよう。

ワイヤーママ8月号 Kindle版

あわわfree7月号 電子書籍版公開

オススメ記事

  1. CONTENTS P13 キスしたくなるあま~い時間 おやCHU P14 夏こそ、食…
  2. とある日の午後、サイトを食い入るように読むひとりの男。 カチッ カチカチッ …
  3. コンテンツ 特集1 こどもと一緒に出かけよう 人気の花火大会/昼間&無料の阿波おどり P2…
  4. みなさん、腕時計って着けてますか? 突然ですが、この記事を見ている皆さん。 スマホを持つ、または…
  5. 冷やこいビールを飲んで「ぷはぁ~♡」とやりたーい! はい、今週は2日連続でビアガーデンまとめを、5/…

昼食は新しくできたかわいい食堂で

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る