小宮山博史講演会 誰が明朝体を作ったのか~その誕生と歴史~

2019/3/16(土)

数々のサブカルチャーについての講演を開催してきた創世ホール。今回は、書体デザイナーである・小宮山博史氏を講師に迎えて書物にとって欠かせない存在である書体についた講演。数ある書体の中でも誰もが目にしたことのある明朝体。宋~明の時代の中国で開発された書体が、現在のように定着したのはなぜかという謎に迫る。文字に関わる人、必聴。
期間 2019/3/16(土) グーグルカレンダーに追加
時間 14:00開場、14:30開演
施設名 北島町立図書館・創世ホール
住所 板野郡北島町新喜来字南古田91
料金 入場無料
駐車場
問合せ
088-698-1180(同ホール)
地図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3分でわかる!とくしま週末イベント情報

あわわfree12月号

Geen12 月号

ワイヤーママ1月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。