寂聴「手毬」ー良寛と貞心の愛

2018/4/8(日) 〜 2018/5/27(日)

生涯寺を持たず托鉢をして後世まで伝わる詩歌と書を残した禅宗の僧・良寛、良寛が亡くなるまでの3年間をともに過ごし良寛歌集を編んだ貞心尼。瀬戸内寂聴は、小説「手鞠」で2人の魂の交歓をどう描いたのか良寛の書や貞心尼の直筆、絵画などの展示とともに紹介する。期間中、展示解説や朗読会も実施される。詳しくはホームページを。
期間 2018/4/8(日) 〜 2018/5/27(日) グーグルカレンダーに追加
時間 9:30〜17:00
施設名 徳島県立文学書道館
住所 徳島市中前川町2-22-1
料金 一般510円、高大学生350円、小中学生250円
定休日 月曜(4月30日は開館)
駐車場
問合せ
088-625-7485(同館)
WEB http://www.bungakushodo.jp/
地図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわわfree5月号 電子書籍版公開

昼食は新しくできたかわいい食堂で

オススメ記事

  1. 一番町にオープンした 『nas.cafe』 カウンター6席の小さなお店で、 女性オーナ…
  2. 日頃溜まった疲れを癒しに 黄土よもぎ蒸しを体験してきたよ! 徳島市八万町にオープンした 『…
  3. 明日から来週にかけて開催される徳島イベントまとめをお届けします。 ■フェスティバル 5/19…
  4. 20年前って何してました? 「産まれてなかったです」なんていう声をアルバイトさんから聞くと、あぁやは…
  5. はじめまして、しげです。 「しげさん、写真撮るよ~」 は~~い。 パシャリっ☆ …

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る