~徳島の家ものがたり~[はなおか]編②

   

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている家ものがたりをご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

板野郡F様邸ご紹介

柔らかな光がめぐる極上2階リビング

阪神大震災を経験したという築25年の家を建て替えたFさん。以前の家は窓がたくさんあったにも関わらず、なぜか自然光が上手く入らず、とても暗い室内だったのだとか。そこで新しいF邸では、明るい空間での暮らしができるように、リビングを2階に。吹き抜けの東側に高窓を取り付けてあるため、特に午前中は気持ちが良いほどの光が差し込む。さらに、中庭を設けて建物をコの字型にすることで、全ての部屋のいろんな角度に効率よく採光ができる窓を取り付けることを可能にしている。そんな明るさにこだわったF邸のリビングはまさに“特等席”。2階にあるため外からの視線を気にすることもなく、柱に造り付けた飾り棚や広がりのある吹き抜け、その空間を活かす5.1chのサラウンドスピーカー、窓から眺める美しい田園風景など、心地良さを高める多くの要素に取り囲まれている。

リビングの一角には小上がりの畳コーナー。
下部は収納スペースになっている。

ロフトにある小部屋はシアタールームになる予定。

玄関横のシューズクロークの奥はウォークスルークローゼット。
帰宅時すぐに部屋着に着替えられる。

L D Kの真ん中にある柱は板を取り付けて飾り棚に。
空間デザインの重要な要素になっている。

1階の中心にあるのは小さな中庭。
この中庭を中心に家全体がコの字になっている。

縦長のガラス窓が整然と並ぶF邸。
ガレージの屋上は大きなバルコニーになっている。

施主コメント

担当/営業一課 尾崎夏菜

想像以上の提案に驚きでした!

家づくりの最初の打ち合わせでは、思いつくまま要望を伝えてしまったので、「大丈夫だったかな」と心配していたんですよ。でも、私たちの想いをちゃんと汲み取って想像以上のプランを提案してくれて。だから、その後は何の心配もなくお任せすることができました!

株式会社はなおか


板野郡北島町鯛浜字西ノ須162-9
TEL/088-698-1114
FAX/088-698-8881
mail/info@k-hanaoka.com
営/9:00~18:00 休/年末年始のみ
ホームページ Facebook Instagram① Instagram② YouTube LINE

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。