《まとめ》古建築好き必見!築60年以上の建物を生かしたレトロなお店7選【前編】

   

 

〝古い建物を使ったお店〞といえばカフェをイメージする人が多いかもしれません
しかし!
バーラーメン屋さんといった、それ以外の店も近年ぐっと増えてきたんですよ。

今回は築60年以上の建物を生かしたお店を、お店の改修や店づくり秘話と共に紹介♪

そのレトロな雰囲気を味わいに、ちょっと遠くまで出かけてみませんか?

レトロなお店3選
BAR IRORI(バー いろり)/上勝町
BAR・GUESTHOUSE YAMAYA(ヤマヤ)/三好市山城町
豆ちよ焙煎所COFFEE ROASTERY/名西郡神山町

レトロなお店7選【後編は】コチラ

こは見出しです

BAR IRORI(バー いろり)/上勝町

築300年/享保5年
日本でもおそらく希少な標高400メートルの山奥バー

夜の帳が降りるころ、浮かび上がるこの灯りが目印。週末の夜は、地元の方や旅行客らでにぎわう。

つづら折の坂道を登り、たどり着いたのは標高400メートルの山奥にある古民家バー。晴れた夜には満天の星が輝くそう。山を切り開いた敷地内には薪風呂つきのグランピングも併設しています。


店名通り、奥には囲炉裏テーブルもある。上勝町産の炭火がいこる。

「山に囲まれ、近くには沢も流れています。しかも古民家の状態が良く、大家さんとも気が合って」。築300年になる山の上の古民家での開業理由をそう語るのはオーナーの仁木さん。

バーに足を踏み入れてまず目に入るのが大きな松の一枚板を使ったカウンター。これは大工さんでもある大家さんが所有していたものを活用したそう。バーは大家さんと仁木さんが中心になって改装。カウンターの向こう、障子戸の透過光を生かしたバックバーが美しいですね。


コーヒーとアイリッシュウイスキーのカクテル。上には生クリームを。アイリッシュコーヒー1,100円。チャージ800円。

バーでは年に何度かライブも開催。心地良い「山の時間」を古民家で過ごすことができますよ。

《データ》
BAR IRORI(バー いろり)
Tel.090-2789-8577
勝浦郡上勝町大字福原字庵ノ谷27
営/金・土・日の18:30~23:00LO( 12~3月は日曜休)
席/13席、団体用17席
P/ 5台
フリーWi-Fi
●カード可

これは見出しです。

CAFE・BAR・GUESTHOUSE
YAMAYA
(ヤマヤ)
/三好市山城町

築およそ100年/大正後期
70’sジャパニーズスタイルバルメニューにワインが進む

▲細い階段を上っていくとたどり着く

元々は三世帯が暮らしていた長屋だったそうですが、店主の母による寄せ植え作品でスタイリングすることで、当時の趣は残しながらもジブリのような温かな外観が完成。釘やビスを使用しない板間がギシギシと懐かしい音をたて、天井やたんすもそのまま残されているそう。

70年代の味を出したかったという内装には古き良き日本のレトロがたくさん詰め込まれています。


店主おすすめのワインがずらりと並ぶ。

堪能できる料理は意外にもヨーロッパやエスニックをベースとした異国の料理。古民家BARと表現するよりは、気軽にワインを楽しめる大衆食堂といった雰囲気で、多くの地元の人たちに重宝されているとのこと。


[パエリア]は1,500円

撮影のために用意してもらったのは筆者の友人が強く推薦していた[パエリア]。鮮やかなルックスも素晴らしいですが、サーブされた瞬間に漂う魚介の香り…ついついワインを飲みすぎてしまいそう。

《データ》
CAFE・BAR・GUESTHOUSEYAMAYA(ヤマヤ)
Tel.0883-86-1898
三好市山城町大川持573-1
営/18:00~22:30(22:00LO)
休/水・日曜
席/25席
P/ 共同
●カード不可
●フリーWi-Fi
ホームページ

これは見出しです。

豆ちよ焙煎所COFFEE ROASTERY/名西郡神山町

築86年/昭和9年
コーヒーの香りに包まれてペチカ燃えろよお話しましょ


窓が大きく、店内には自然光がたっぷりと。道行くご近所さんが千代田さんに手を振ってくれる。

古い町並みが残る神山町の寄井商店街に面する古民家「寄井の家」。町の民家改修プロジェクトによりテナント募集がかかり、手を挙げたのが自家焙煎コーヒーの『豆ちよ』さん。

改装時には店主の千代田さんも現場に入り、どんな意匠にするか相談しながら作り上げたそう。2階を撤去したため梁を残した天井は高く、開放感のある空間に。その高い梁から町内に住むフラワーアーティストの作品が吊るされていて、ナチュラルなのに華のある雰囲気に♪


豆は常時6種類程度。右から左へと深煎りになり、豆の個性を引き出すように焙煎している。

また、ロシアの暖炉・ペチカがあり、レンガなどで造った壁面の輻射熱で冬の室内はやさしい暖かさ。


▲試飲を希望すると、町内にある『陶・神山工房』のかわいいカップで出してくれる。

豆を買いに来た人はこの暖かさに包まれ、試飲のコーヒーをいただきながら千代田さんや居合わせたほかのお客さんと談笑する光景が日常だそう。下地を変えて付け直したという堂々たる屋根の瓦もチェックしてみて。

《データ》
豆ちよ焙煎所COFFEE ROASTERY
Tel.080-8863-9090
名西郡神山町神領北85-3
営/12:00~17:00
休/月曜
P/有
●カード可
Facebook Instagram

 

※この記事は、2020年GEEN4月号で掲載した内容です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。