リノベーション・リフォームするなら!こだわりの実例集[島出建築事務所]編

   

暮らしを変えるリノベーション&リフォーム
例えば。
●20代後半~30代前半で結婚した場合、50代に入ると息子・娘は独立し、夫婦ふたりで住むために間取りを変更したいケース。
●マイホームを建てようと計画をするも、土地を購入して新築すると予算がオーバーしてしまうケース。
●どうしても、徳島駅近くで住みたい・・・でも土地がないケース。

リノベーションやリフォームは、それぞれの思惑とタイミングによっていろんなケースがでてきますし、水回りだけ交換するプチリフォームから、新築以上に予算がかかる古民家フルリノベーションなど、多種多様。

さらに、空き家が増えてきている時代背景も手伝い、今はリノベーション&リフォームブームがきています。

とはいえ、リノベーション&リフォームは、もともとの住宅の傷み具合や施工方法や施主の暮らし方などによって、「築30年だから、まだまだリノベーションできる」と一概には言えないのです。築100年の古民家でも、腕のある大工が良い材料で時間をかけて建てた家なら、十分リノベーション可能です。

つまり、リノベーション&リフォームのスキルがある工務店に依頼しないと、余分な費用を負担する結果になる場合もあります。
そんな悲しい結果にならないよう、工務店選びは、慎重に。
ということで、Geen2月号で特集した「暮らしを変えるリノベーション・リフォーム2020」で掲載した工務店をご紹介します。

[暮らしを変えるリノベーション・リフォーム2020]アワログまとめ記事

かつての構造を活かす歴史とともに生きる家

建築家とともに実現現代的で明るい大空間

『島出建築事務所』が施工したこちらは、奥さんの実家で物置小屋として使われていた築80年以上の建物に再び命を吹き込んだもの。もともと工場として設計されたためか、構造は珍しい木造洋小屋組。施主夫婦の「歴史を感じながら現代風の暮らしができる、明るく開放的な家」というリクエストに応えるべく、同社とタッグを組んだ建築家・中川俊博さんは入れ子構造を駆使した大胆な空間利用を提案した。入れ子構造とは既存の骨組みの内側に新しい骨組みを重ねて補強するというもので、元々の屋根トラスがデザインとして活かされるようにLDKの上を吹き抜けとし、リクエスト通り歴史とともに暮らせる大空間を実現。新たに気密性・断熱性を強化することで大きな窓をとることを可能にし、昼は優しい光が降り注ぐ。さらに、調光可能なLED照明を全館に設置することで、夜の時間をゆったりと愉しめるようにした。普段の生活をするうえで汚れやすい部分や耐水性が必要な箇所には、イタリア製のモザイクガラスをあしらって耐久性とデザイン性の相乗効果を図っている。寝室などのプライベート空間はまとめて2階へ。木造洋小屋組の一部を解体して室内高を確保し、限られたスペースでも手狭さを感じさせない工夫を施してある。

広々としたLDK。元々の屋根トラスを活かしつつ、LED照明を取り付けることでインテリアとしての存在感もプラス。

新たに設けた2階。限られた空間がうまく活用されている。

キッチンに造り付けの家具や収納を設けたほか、ロフトにも荷物や食材をストック可能。

[before]

[after]既存の梁を残し、補強しつつLDKとして活用。

[before]

[after]柿林から見た外観。

[before]

母屋へつながる通路、深い軒。

テラスを設置。

スタッフのPoint!!

地域密着型の建築事務所として、ちょっとした補修の相談でも連絡をいただければすぐにかけつけます。大切なお客さま・お住まいとの関係は、建物完成後もメンテナンスというかたちで続いていきます。『島出建築事務所』に安心してお
まかせください。

Information

実績を見ながら検討できる

これまでの施工実例は、HPでジャンルごとに紹介。写真もたくさん掲載されて
いるので、ぜひ参考にしてみて。

株式会社島出建築事務所

徳島市国府町早淵27-6
TEL/088-642-5609
営/9:00~18:00
休/日曜、祝日
P/有
ホームページ


[暮らしを変えるリノベーション・リフォーム2020]アワログまとめ記事

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。