徳島で家を建てるなら!こだわりの施工実例集[関西ハウジング]編

   

徳島で家を建てる。
20代後半で結婚して、2、3年後に1人目の子供が生まれ、3、4年後にもう一人子供が生まれ、今の住処が手狭になり、そろそろマイホームの計画を練ろうかな・・・・。
家づくりのスタートとして、一番多いパターンではないでしょうか?
初めての家づくり(ほとんどの人がそうですが)は、思っている以上に時間がかかります。人生で一番高い買い物になりますから、悩みに悩みますからね。
一人ならまだしも、家づくりは家族総意でなくて前に進みません。家族での話し合いも時間を費やします。
なので、おすすめしたいのは、時間にゆとりをもたせることが一番重要だと思います。
マイホームに少しでも興味が出たら、まず行動。
いろいろ情報を入手し、いろんな家を直接みて、自分たち家族にとって、もっともふさわしい理想のマイホームのカタチを決めていってもらえればと思います。
最終的に賃貸のままとなっても、家づくりで得た知識は、賃貸に引っ越したとしても役に立つことは多いと思います。
ということで。
あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」に掲載されている施工事例をご紹介。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

本物が放つ存在感。

素材が生きる家

世界に誇る日本料理の極意は“素材の力を引き出す”ことにあるが、その考え方は同社が手掛ける“本物志向の家づくり”にも通じる所が多々ある。多彩な無垢材や金属、塗り壁、タイル、コンクリートなどが持つ素材感を巧みに組み合わせ、美しさと機能美を兼ね備えた建築デザインへと落とし込んでいく手法は、同社の卓越したセンスと技術力があればこそ。床や壁はもちろん、天井やキッチンまわり、オリジナルのドアや窓枠など、あらゆる場所に素材の魅力を封じ込めることで、空間全体の存在感を生み出しているのだ。もちろん今回の家づくりでも、そのこだわりは健在。吹抜けが開放的なLDKの床には幅広のボルドーパインを用い、壁面の一部にローズウッドのヘリンボーン貼りを行った。さらに、タイルの壁が美しいキッチンの天井にはレッドシダーを用い、東側には濃いブルーの塗り壁を使用。吹抜けの上部にはアイアン製の手すりを用いるなど、異素材を見事なまでに融合させている。モルタルと陶器を組み合わせたシンク、木やスチール、コンクリート異素材を用いた外観など、その建築美学は住まいの至る所で輝いている。本当の豊かさは、ディテールの積み重ねから生まれるのだ。

多様な素材が渾然一体となったLDK。ヘリンボーン貼りが施されたローズウッドの壁が一際大きな存在感を放つ。リビングの上部は吹抜けとなっており、南側の窓から明るい光が降り注ぐ。

個性的な表情を持つ玄関。ここにも木材や塗り壁、 LIDO(ソリド)など複数の素材が用いられている。浮遊感のある打ちっ放しのポーチも印象的。

開口部の形がユニークな子ども部屋。窓際に設けられた鉄板の壁の使い方を考えるだけでも楽しい。

木や金属、コンクリートなどの異素材を巧みに組み合わせた外観。

吹抜けの手すりはアイアンを使用。無垢材とインダストリアルのコントラストが美しい。

モルタルと陶器を組み合わせたオリジナルのシンク。
タイルや無垢材と組み合わせることで、さらに洗練された印象に。

大工の手仕事によって丁寧に作られた無垢のキッチンカウンター。天井にはレッドシダーを使用。
2種類のタイルが空間の表情をより豊かなものにしている。

スタッフ紹介

代表取締役
米田佳郎 Yoshiro Yoneda

●プロフィール
1975年生まれ。東洋大学建築学科卒業。内装デザインの専門学校へ進んだ後、関西ハウジング入社。プランニングや設計、現場施工管理に至るまで、幅広い業務に携わりながら家族に寄り添う家づくりを行っている。
●プロセス
家族とリビングで過ごす時間を豊かなものにしていただくため、私たちが得意とする“本物の素材”を活用したデザインを提案させていただきました。テクノストラクチャー工法を用いた安心の耐震性はもとより、ZEHの補助金を活用したゼロエネルギー住宅となっています。耐震性、省エネ性は弊社にとって非常に基本的な要素であり、この部分を当たり前にクリアしながらデザイン提案を行っています。
●アイデア
ご家族がゆったりと食事ができるよう無垢材を用いて幅広のキッチンカウンターを造作しました。ダイニングテーブルとしての機能だけでなく、パソコンや子どもたち勉強スペースとしても活躍するなど、ご家族の団らんを自然に深めてくれる場所となっています。また、サッシは通常より20〜40センチほど大きいものを採用しているため、吹抜けと合わせて空間は想像以上に開放的です。

施工データ

[家族構成]4人
[敷地面積]217㎡(65.64坪)
[延床面積]119㎡(36坪)
[ 工法 ]テクノストラクチャー工法
[ 床材 ]ボルドーパイン
[建築期間]7カ月

施主の声
見える部分はもちろん、耐震や省エネなど見えない部分に関しても大満足の家づくりを行うことができました。いつも笑顔でアドバイスやご提案をいただき本当に感謝しています。

関西ハウジング株式会社

名西郡石井町石井字石井479-10
TEL/088-675-0001
mail/kansai-h@mx81.tiki.ne.jp
営/9:00〜18:00
休/日曜、祝日(予約があれば営業)
ホームページ

この情報は、あわわの別冊「とくしまの家づくり2020」から掲載しています。

[とくしまの家づくり2020]アワログまとめ記事はこちら

Information
「とくしまの家づくり2020」に掲載されている工務店・住宅メーカーすべての施工事例を掲載。
あわわが企画・運営している[ホームストック徳島]で、自分好みの施工実例をチェック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アワログ編集部

アワログ編集部

投稿者プロフィール

こんにちわ、アワログ編集部です。新店情報から、ストックしておきたくなるお役立ち情報まで幅広い徳島ネタをお送りします!
アワログで取材してもらいたいネタをお持ちの方はぜひこちらのアドレスまでお寄せください。→neta@awawa.co.jp
(※編集部がこれはオモロイ!と思ったもののみ取材しますので必ず掲載されるわけではありません)

この著者の最新の記事

関連記事

イベントカレンダー

イベント情報

2020/9/22(火)
未来ラジオ
2020/9/18(金)〜2020/9/22(火)
谷﨑泰江展
2020/9/19(土)〜2020/9/22(火)
第2回ロボットフェスティバル
2020/9/19(土)〜2020/9/22(火)
鳴く虫展
ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。