徳島で働く注目企業をピックアップ!【BeCAL_019】徳真電機工業株式会社

   

突然ですが。みなさん、国民の三大義務って、知ってますか?知ってますよね?

 

「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」ですね。教育の時期が終了すれば、勤労のステージへ進むわけです。
働いて対価を得て、消費活動するというのが一般的な社会生活となっています。中には、資本経済主義のループの外でアライブするツワモノもいますけれど・・・・。

まあ、ほとんどの人は、何かしらの仕事に就きます。働かないと自立できないです。

なら。
働く会社を選ぶなら、自分に合う(自分の好きな)職種を選んでもらいたいところです。

そんな、「これからどこで働こう?」の悩みや不安や疑問を少しでも早く解決できるかもしれない、1冊をご紹介。「BeCAL」(ビーカル)といいます。

BeCAL2020-2021WEB版 BeCAL2020-2021アワログまとめ記事

手前味噌ですが、弊社あわわの別冊で、年1のペースで発行しています。今回のBeCALは、徳島の注目企業を43社ピックアップ掲載。
ということで!BeCAL掲載の企業を1社ずつ、ご紹介していこうと思ってます。
これから、「働く」ステージに向かうみなさんがこの43社の中に意中の会社が見つかることを願って・・・・

 

【BeCAL_019】徳真電機工業株式会社

世界が認める“技術”で、
「前例」をつくる会社です

最大限の努力と技術で要望に応える企業風土


1977年に創業した『徳真電機工業』は、最先端の技術を駆使して、さまざまな機械や設備の開発・設計・製作に取り組むエンジニアリング企業です。今でこそ、およそ150名近い社員が在籍していますが、そのスタートは、たった7名で電気工事を請け負う会社でした。それが半世紀に満たないうち、ここまで大きく成長したのは、最大限の努力でクライアントの要望に応えてきたからです。オーダーメードとなる産業用機械や自動制御装置を一から開発し、設計から製作まで手掛ける技術力の高さは、こうした企業風土のもとで培われてきました。

『徳真電機工業』のものづくりの特長は、機械系と電気系のバランスの良さ。両方のエンジニアが在籍しているため、ソフトとハード、どちらかに偏ることがありません。また、技術的な問題が発生した場合にも自社で対応できる総合力と機動力がクライアントからも信頼を得て、次の仕事にもつながっています。開発や設計にあたる技術者が、それぞれの専門知識を生かし、チームで取り組む――。ものづくりを第一に考える姿勢は、こんなところにも表れています。

良い製品をつくるため技術者を大切にする


『徳真電機工業』の取引先の約7割が、海外に生産拠点を有している日系企業です。世界中に点在する工場で、同社の産業用機械や自動制御装置が稼働中。海外の現場における評価は軒並み高く、年を重ねるごとに事業実績も増え続けています。

その理由は、何と言っても、他社にはない対応力です。開発・設計・製作だけではなく、現地における組立や設置はもちろん、試運転や操作のレクチャーまでを実施。実際に機械や装置を設計したエンジニア自らが現地へ赴く姿は、そのまま同社に対する信頼感の厚さに直結していると考えていいでしょう。

一つとして同じものがないクライアントからの要望を、どのように叶えていくべきか――。

『徳真電機工業』のエンジニアたちは、常に知恵と工夫で最良の回答を導き出していきます。総合的にものづくりに関わることができる環境は、スキルアップにも最適です。一人ひとりが経験を積み、レベルが上がっていくことで、組織そのものも成長する。同社が発展してきたのは、それだけ人材を重視してきたからにほかなりません。

ものをつくる会社だからこそ、何よりもつくる人を大切にしていきたい――。実際『徳真電機工業』は、1990年代の「バブル景気」の崩壊時や2008年の金融危機「リーマン・ショック」の発生時にも人員整理は行わず、積極的に採用活動を実施しました。その頃に入社した人材は、同社の中核を担うエンジニアとして成長しています。

また、創業以来の大きな特長の一つは、社内に営業部が存在しないこと。エンジニア自らが打ち合わせにあたり、提案していく独特のスタイルが続いています。デスクで設計するだけではなく、最前線の現場へ出て、まずクライアントの要望を聞く。そこが出発点になっているため、同社の産業用機械や自動制御装置が支持されているのでしょう。基本的に『徳真電機工業』の製品は、クライアントの工場に設置されるため、一般の人が目にする機会は、ほぼありません。

しかし、すべての製品が、どこかで私たちの「安全」や「安心」を支えています。質の高さが評判を呼び、次々と新しい仕事を生み出していく。社員一人ひとりがその意識を忘れずに働いているからこそ、胸を張ってものづくりに邁進するエンジニアリング企業だと言えるのです。

誇りと自信と希望が持てる仕事をしよう


今後、さらに『徳真電機工業』が発展するためには、どのような人材が必要なのでしょうか。まずはものづくりが好きな人。新しいアイデアを生み出す創造力や柔軟な応用力、積極的にイノベーションに取り組む進取の心も必要です。また、最初の打ち合わせから完成後の試運転なども担当するため、コミュニケーション能力や任されたプロジェクトを遂行する粘り強さや責任感の強さなども求められます。

職場環境としては、女性エンジニアも在籍するなど、能力があれば性別に関係なく活躍できる点も見逃せません。近年では、クライアントの海外生産拠点への出張も増加傾向にあることから、国際的な感覚を養うための研修制度なども実施。徳島のみならず、広い世界でビジネスを展開する喜びが待っています。提案力・技術力・行動力という3つのチカラでは、どこにも負けない『徳真電機工業』。ものづくりの〝技術〟を売るエンジニアリング企業で、自分の仕事に誇りと自信と希望を持って働いてほしい――。常にチャレンジする気持ちを忘れないあなたの入社をお待ちしています。

詳しい会社情報やスタッフインタビューなどは
【BeCAL徳島版2020-2021】でチェック!
株式会社 徳真電機工業株式会社
BeCAL2020-2021WEB版 BeCAL2020-2021アワログまとめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アワログ編集部

アワログ編集部

投稿者プロフィール

こんにちわ、アワログ編集部です。新店情報から、ストックしておきたくなるお役立ち情報まで幅広い徳島ネタをお送りします!
アワログで取材してもらいたいネタをお持ちの方はぜひこちらのアドレスまでお寄せください。→awalog@awawa.co.jp
(※編集部がこれはオモロイ!と思ったもののみ取材しますので必ず掲載されるわけではありません)

この著者の最新の記事

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。