徳島在住の外国人がおすすめ!徳島のうまいもの①徳島の味編5選

   

\GOOD FOOD  TOKUSHIMA/

徳島県内で外国人を見かけることが増えてきましたね。飲食店でも外国語に対応したメニュー表を置いたりと、外国人のお客さんを意識した店が増えつつあります。

さて、外国人から徳島の食はどう映っているのでしょう?

徳島に住む外国人がおすすめする、徳島のうまいものを教えてもらいました。協力頂いたのは、世界中から徳島に集まった外国人30人

「日本全国色々な店に入るけど徳島の食が一番!」「毎週食べに通っています!」なんて、嬉しい声がたくさん聞こえてきましたよ!徳島の食は世界にも通用する◎

その他「徳島の人が好き!」「徳島は住みやすい!」など徳島で生活していて感じる徳島の良さも語っていただいています。

徳島の食、徳島の暮らしが当たり前である私たちが気づかないような、徳島の魅力を再発見してみてください♪

出身国のおすすめフードも教えてもらってるので、そちらも是非チェックしてね!

①徳島の味編 5選
“THE”日本食 7選

故郷の味編 7選
ラーメン編 6選
カフェご飯・スイーツ編 5選

の5つに分けてご紹介!第一弾は徳島の味

★スピンオフ企画も要チェック★
《まとめ》【Geen2月号特集スピンオフ企画】徳島在住の外国人がよく通うお店のおすすめメニュー16選

徳島の食が気になるアナタへ。
《まとめ》【Geen3月号特集スピンオフ企画】懐かしい徳島の味を提供しているお店の「今、オススメの一品」12選
《小松島市/あいさいキッチン》郷土料理ランチバイキング~転妻だわわが食べたい徳島のうまいもん~

料理&陶芸 八寸/徳島市南内町

ひと味違う創作料理に胸が躍ります!

〝創作家庭料理〞と呼びたくなるひと味違う料理たち


手前は[豆腐の肉味噌掛け](500円)、右奥は[ 豚キムチぺったん餃子](400円)、左奥は自家製の山桃シロップを使った[ 山桃サワー](600円)。

\  I like this menu item!
紹介してくれるのは、
徳島の食文化コラムを執筆するランス・キタさん

誰でもウェルカムな雰囲気何時間でもいたくなる。


▲1973年生まれ、日系のハワイアン。1997年に松茂町にALTとしてやってきて以来徳島に魅了され、いったん帰国するも14年前に再び徳島に移住。現在は徳島文理大学で英語講師を務める。日本食で一番好きなのは刺身。
★出身国のイチオシフード:ポケ(魚介のブツ切りをしょうゆ、ごま油、香味野菜で和えたもの)

◆一言解説
徳島県国際交流協会が提供する、徳島県内に住む外国人向けのニュースレター[awalife]にて、徳島の食文化についてコラムを執筆しているほか、「あわミステリーディナー」と称して、1時間ずつ3軒の飲食店を回る〝はしご食事〞を外国人を対象に主催したりと、〝徳島の食×外国人〞というキーワードでは欠かせぬ人物なのです。

 

「ここの料理を僕は〝創作家庭料理〞と呼びたいのですが、どのメニューもひと味違うユニークさがあるんです。

例えば、[豚キムチぺったん餃子]はギョーザのあんが豚キムチです。創造性にあふれた料理だと思うし、家庭的な温かみもある。どれを食べてもおいしいし、おもしろいと感じます」とランスさん。

また、この店の居心地の良さもお気に入りの理由。「ほぼカウンターのみの店で毎日来てるような常連さんも多いけど、一見さんが入ってきても前から知ってる人みたいな雰囲気になる。店主夫妻の穏やかな人柄に惹かれてやってくる外国人のお客も多いですよ」とのこと。

ランスさんが語る徳島の食の魅力とは?


▲棚にはレコードがズラリ。洋楽も多いので、「初めて来た外国人でも、レコードが共通の話題になったりします」とランスさん。

「徳島の人は『徳島には何もない』と言う場合もあるけど、こんなにおもしろい飲食店が多い県も珍しいと思います。旅行をするのが好きなので日本全国いろんな店に入るのですが、そのたびに徳島の良さを実感しますね

また、徳島は食材が豊富! 日本海側の魚がおいしい場所、山の幸が豊富な場所といろいろあるけど、徳島は瀬戸内海・太平洋に面しているから魚介類もバラエティーに富んでいるし、もちろん山の幸は豊か。

あと、徳島の優秀な農家さんが、近年は自分の作った野菜に自信を持って、全国で食べてもらおうとしていますね。徳島の食は今すごくおもしろいし、これからもっとおもしろくなっていくんじゃないかと思います」。

料理&陶芸 八寸
営/18:00~22:00(21:00LO)
休/日曜、毎月1日
席/12席
P/なし

●Facebookは「八寸」で検索
●喫煙可
●フリーWi-Fi



徳島市南内町2-7
088-625-0512

 

手打ちそばまこ/名西郡石井町

ざらっとした触感がクセになる

[粗挽きせいろ]850円

そばの実の殻をむかずに粗めの粉にしたのが粗挽きで、『まこ』では甘みのある北海道幌加内町産の[ほろみのり]と、香り豊かな[キタワセ]をブレンド。

香りも食感も通常のそばより強く、太めの麺なので噛み応え◎。少しざらっとした舌触りも心地よく、食べるほどにハマること間違いなし!じっくり時間をかけてとったすっきりとしただしが、さらにそばの味を立てます。


\  I like this menu item!
紹介してくれるのは、
英語講師の ハワード・バークさん

店主のそばへの情熱を感じられる一皿です


▲1963年生まれ。アメリカ合衆国ニューヨーク生まれ、ロサンゼルス育ち。2009年に友人の生まれ故郷である徳島に移住。「徳島での素晴らしい出会いにいつも感謝しています」。
★出身国のイチオシフード:感謝祭の料理(ターキーやスタッフィングなど)

アメリカにいたころリーマンショックで失業し、2009年に職を求めて徳島にやって来ました。徳島は環境が良いし、人も情が深く誠実ですよね。そして何より食べ物がおいしい。今まで何度もそばを食べましたが、粗挽きのそばは『まこ』で初めて食べました。

粗挽きにすることで、そば本来の香りや味、食感を感じられて、そのおいしさに驚きました。食後にそばがきを食べるのもオススメですよ。

お店の雰囲気も気に入っていて、こじんまりとしているので落ち着いて食事できるのもいいです。店主の長谷川さんとは、彼が別の店で働いていたころからの知り合いなのですが、温かいおもてなしも素晴らしいし、彼のそばに対するひたむきな気持ちも感じることができます。

手打ちそばまこ
営/11:00~15:00、17:00~20:00
休/木曜
席/20席
P/6台

●Facebook・Instagramは「手打ちそば まこ」で検索
●禁煙


名西郡石井町石井石井1-1
090-5712-1825

 

祖谷そばもみじ亭/三好市山城町

にし阿波を味わい尽くす一膳

[鮎・あめご御膳]1,980円

徳島ビギナーたちに必ず食べてもらいたい県西部の魅力がたっぷり詰まった一膳です。

美しい色と香りのだしに食欲を刺激される祖谷そばは初心者でも食べやすくなめらか。優しい味がしっかり染み込んだこんにゃくからは、丁寧な仕事が感じられる。

メインはもちろん川魚の塩焼き。身のしっかり詰まった[アメゴ]かほどよく脂がのった[鮎]のどちらかを選ぶことができるのもうれしい。


\  I like this menu item!
紹介してくれるのは、
介護福祉士の スクマ・プラバヤさん

自然の美しさと山の幸が味わえる僕のとっておき


▲1984年生まれ。出身はインドネシア。健祥会グループへの就職を機に、2010年徳島に移住。趣味は旅行をすることで、愛車のレクサスで日本各地どこへでも行く行動派。
★出身国のイチオシフード:バクソ(牛肉のすり身から作られたミートボール)

休日になるとドライブに出かけるのですが、祖谷温泉まで行った時、ふと立ち寄ったのが『もみじ亭』。日本的な家屋の優美な雰囲気もさることながら、細部まで行き届いた繊細な料理の数々に感動しました。祖谷そばの素朴な味わいもお気に入りです。国外の友達が徳島に遊びに来た際には、絶対にここに連れて行きます。

私はインドネシア出身です。インドネシアは熱帯雨林気候で海はとてもきれいだけど、山や川の美しさはとても日本にはかなわないと個人的には思います。なので、山々が堪能できる徳島西部にとても惹かれるのです。

また、京都は観光地として魅力的ですが、混みすぎている。そういう意味でも徳島っていいなと思っています。

祖谷そばもみじ亭
営/11:00~15:00LO(繁忙期の7月中旬~11月末は~17:00)
休/水曜(7月中旬~11月末は無休)
席/60席
P/100台

●HPは「もみじ亭」で検索
●禁煙
●フリーWi-Fi


三好市山城町西字1468-1
0883-84-1117

 

阿波横丁/徳島市鷹匠町

さわやかな香りも楽しむ阿波の一杯

[すだちピール入りサワー]430円(税抜)

地のものを使用した料理を提供する6店舗が集う『阿波横丁』。徳島名産代表のすだちをたっぷり使用したサワーは味わうべき一杯です。

果汁だけでなく、すだちのピールによって見た目の鮮やかさが演出され、味と香りにより一層のさわやかさが増します。飲む前に軽く混ぜるとすっきりとした甘さが全体に◎

ノンアルコールやハイボールもあるので、まずは阿波の味で乾杯しよう!


\  I like this menu item!
紹介してくれるのは、
徳島県国際交流員の エミリー・ヨコムさん

『阿波横丁』のシステムがとても魅力的です


▲1995年生まれ、アメリカのペンシルべニア州出身。徳島県庁スポーツ振興課で海外から訪れるスポーツチームに関する翻訳・通訳を行う。好きな徳島の方言は「ほうですか」でお馴染みの「ほう」。
★出身国のイチオシフード:チーズピザ

徳島で勤務を始めて間もないころ、アメリカに住む日本人の彼氏が徳島に会いに来てくれました。彼氏も初めての徳島だったので徳島の味を楽しめるレストランを探していたんです。

そこで見つけたのが『阿波横丁』。6店舗が1つの場所に集まっている空間で、どこに座っていても6店舗の料理を注文できるシステムがすごく魅力的でした。このようなシステムのレストランはアメリカにありませんし、日本の〝居酒屋〞のようなおいしい料理とお酒が両方楽しめるようなレストランもあまりないんです。

徳島生活の中で特産品のすだちを楽しみたいと思っていたし、母国では〝サワー〞という飲み物がなく珍しいので頼んでみました。すっきり爽やかな味はお気に入りの1杯です。

阿波横丁
営/17:00~24:00(23:30LO)、金・土・祝前日は~翌1:00(24:30LO)
休/火曜
席/125席
P/なし※店舗前は駐輪禁止

●HPは「阿波横丁」で検索
●喫煙可


徳島市鷹匠町1-52-1
088-660-5067

 

阿波尾鶏・地魚ひわさや/海部郡美波町

ザクッ&ジュワーの幸せ

[チキン南蛮定食]
昼は1,060円、夜は1,180円(ご飯の大盛+60円、おかわり+100円)

英語のメニュー表を用意しているくらい、外国人の来客が多い『ひわさ屋』。重厚感もうま味もたっぷりの[チキン南蛮定食]は、阿波尾鶏のやわらかさ、脂の甘味を堪能できる逸品。

甘酢を吸ってもなお香ばしい衣に、たっぷりのなめらかタルタルソースを絡めて召し上がれ。みそ汁が具だくさんなこともポイント高い!


\  I like this menu item!
紹介してくれるのは、
英語推進員の ジェフ・ハドリーさん

毎日食べても飽きない阿波尾鶏のおいしさに開眼


▲現在27歳で、アメリカのニューハンプシャー州出身。マサチューセッツ州立大学を卒業し、徳島県の高校の英語指導助手の仕事のため移住。現在は教育委員会で英語推進員として活躍。
★出身国のイチオシフード:メキシコ料理(アメリカはメキシコ料理店が多い)

アメリカは多国籍料理の種類も店も多く、いろいろな国の料理を工夫してミックスしたおいしいものがいっぱいあります。それに比べて、徳島のほうが地域の特性のある食事が多いと思いますね。

今回名前を挙げた『ひわさ屋』はまさにそうで、阿波尾鶏や地元でとれた魚を生かした料理の数々は、徳島ならではのおいしさが詰まっていると感じます。一番好きなのは[チキン南蛮定食]で、阿波尾鶏のほっぺたが落ちるようなうま味と、たっぷりとかかった手作りのタルタルソースのコクは、これほど相性が良いものはほかにないのではと思うほど。

内容が日替わりの副菜もいつも手が込んでいて、「なんて丁寧な定食なんだ!」と食べるたびに絶賛しています。

阿波尾鶏・地魚 ひわさや
営/11:30~13:30、17:30~21:30
休/水曜
席/27席
P/10台

●ランチ禁煙


海部郡美波町奥河内寺前122
0884-77-3528

見出しです。

最新グルメ情報はこちらから♪
2019年徳島新店グルメをチェック! ガッツリ・ほっこり絶品定食&ランチ8選
ガッツリ豪華でコスパも良い。酒場の昼定食はどれも食べても抜かりなし!!(前・徳島市内篇)
ガッツリ豪華でコスパも良い。酒場の昼定食はどれも食べても抜かりなし!!(後・徳島市外篇)
こんなにおいしいの!? 体が喜ぶ本気のマクロビ&ヴィーガン定食2選
このカフェのパンランチ…充実感ハンパなし! ワンランク上の一皿・10選
徳島県の3,000円以内でコースランチが楽しめる店8選! ゆっくり食事を楽しむ魅力。
今日は“定食”が食べたい! ゴハンとおかずと汁ものと…徳島の「満たされる」人気定食16選

※この記事は、2020年Geen2月号で掲載した内容です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。