《美馬市》中四国初!「道の駅みまの里」の紙おむつ自動販売機をチェックしてきた

   

どうも、のんのです。

子どもを連れてのおでかけのときの荷物、めっちゃ多くなりませんか!?!?

子どもの飲み物(赤ちゃんならミルク)、タオル、ウェットティッシュ、着替え(上も下も下着も靴下も)、おやつなどなど…。
気がつけばマザーズバッグぱんっぱん!一人でもそんな感じなので、2人以上の子どもを連れてになると「どんだけー!」
次第に荷物も軽くなってきますが、でかける先によっては「あんなことがあるかも」「こんなことを子どもがしちゃうかも」など、ママならではのリスクヘッジで用意するものはどうしても増えてきます。

中でも、トイトレ前のお子さん連れに欠かせない&困るのが紙おむつ!
何枚もの紙おむつにおしりふき、お尻が寒くないようなシート、おむつを入れるゴミ袋…。「どんだけー!」(2回め)
子どもの月齢に合わせてある程度の枚数を持っていくけれど、なんだかんだで予定より使っちゃうなんてことも起こります。
紙おむつってどこでも売ってそうで案外なかったり、なんせ大きなパックでしか売ってないのですよね。
だから、おでかけ先でなくなったら、ドラッグストアで20~40枚入りのパックを買うはめになります。「どんだけー!」(3回め)
のちに使うものではありますけど、おでかけに予定外の荷物が増えると、少々へこんじゃいますよね。

そんなのママさんのおでかけシーンあるあるに応えてくれるのが、全国で徐々に広がっている紙おむつ自動販売機!

中四国初となるその自動販売機が美馬市にできたということで、早速行ってきましたー!

訪れたのは、美馬町の道の駅「みまの里」!

地元でとれた新鮮な野菜や果物を販売している産地直売所や

レストランスペース、

交流センター、情報提供コーナーも設置されています。

こちらの施設の横に…

あ!
ありました!


おむつの自動販売機ー!


清涼飲料大手・ダイドードリンコが大王製紙などと共同で全国に展開しているこの自動販売機。

大王製紙の2枚入り紙おむつ(M、Lサイズ)を220円で販売しています。
缶コーヒーやお茶なども買えますよ。
大きさが異なるため飲料と紙おむつの取り出し口は別々になってます。

おむつがなくなった!という外出時はもちろんですが、災害時にも役立つとして関心が高まっているんですって。確かに…。

今は画期的な取り組みとして話題ですが、これが定番化すればますますママにとって住みやすい社会になりそう。

ちなみに、美馬市は子育て施策や子どもとお出かけできるスポットをまとめた子育てパンフレットを無料配布したり、授乳室やおむつ替えスペースのある施設「赤ちゃんの駅」をホームページで紹介したりと、ママ・パパにうれしい制度が増えています。

「みまの里」も「赤ちゃんの駅」になっています。

施設横のトイレに…


あ、ありましたありました。


赤ちゃんの駅マーク!


赤ちゃんの駅は、子ども連れのママさんにうれしい設備を備えたスポットのこと。


子ども用トイレや


おむつ替えシート、そして


授乳室も!


お湯もあり、ゆったり授乳できるソファもあります。


迷ったらマップをチェックしてくださいね。

子どもとのおでかけが不安なく快適になる施設は、本当にありがたい!!!!
ぜひ県西部へでかけるときは覚えておいてくださいね!

ではまた!

道の駅 みまの里
住所
美馬市美馬町字願勝寺72
電話番号
0883-63-3837
営業時間
8:30~18:00(産地直売所、観光交流センター)
定休日
第2水曜
駐車場
63台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のんの

のんのワイヤーママ編集部 編集長

投稿者プロフィール

ワイヤーママ編集長。初心者マークの緑の部分を塗る仕事と迷ったあげく、(株)あわわへ入社。 この春ワイヤーママ編集長に。柴犬とチンチラのかわいさは最強だと信じて疑わない。レンジで温めたパックご飯を開封するときに火傷を負ったのが最近のニュース。

この著者の最新の記事

関連記事

Facebook

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。