徳島で働く注目企業をピックアップ!【BeCAL_003】株式会社 日産サティオ徳島

   

突然ですが。みなさん、国民の三大義務って、知ってますか?知ってますよね?

 

「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」ですね。教育の時期が終了すれば、勤労のステージへ進むわけです。
働いて対価を得て、消費活動するというのが一般的な社会生活となっています。中には、資本経済主義のループの外でアライブするツワモノもいますけれど・・・・。

まあ、ほとんどの人は、何かしらの仕事に就きます。働かないと自立できないです。

なら。
働く会社を選ぶなら、自分に合う(自分の好きな)職種を選んでもらいたいところです。

そんな、「これからどこで働こう?」の悩みや不安や疑問を少しでも早く解決できるかもしれない、1冊をご紹介。「BeCAL」(ビーカル)といいます。

BeCAL2020-2021WEB版 BeCAL2020-2021アワログまとめ記事

手前味噌ですが、弊社あわわの別冊で、年1のペースで発行しています。今回のBeCALは、徳島の注目企業を43社ピックアップ掲載。
ということで!BeCAL掲載の企業を1社ずつ、ご紹介していこうと思ってます。
これから、「働く」ステージに向かうみなさんがこの43社の中に意中の会社が見つかることを願って・・・・

 

【BeCAL_003】株式会社 日産サティオ徳島

大家族のような絆で
働き方も進化中

 

3つの職種がひとつになって

徳島県内に12店舗を展開する『日産サティオ徳島』は、創業50年以上の歴史を持つ自動車ディーラーです。環境や安全性を追求した日産自動車を取り扱い、スタッフの明るくきめ細やかな対応によって、多くのお客さまの信頼を得ています。

同社での働き方は大きく3つに分かれています。まず、お客さまにぴったりの車を提案するのが「カーライフアドバイザー」の役割です。車の販売はもちろん、整備や修理などの対応や保険の見直しなど、乗り換えまでの期間もお客さまにしっかりと寄り添います。

次に車の修理や点検を行うのが「テクニカルスタッフ」です。基本的には国家整備資格を取得している人が対象ですが、入社後に資格を取得できる見習い制度も実施しています。
「整備士としてのスキルだけでなく、お客さまとの会話の中から修理すべきポイントを最短距離で引き出し、お客さまの不安を払拭するためのコミュニケーション能力も求められます」と藤村社長。そうしたヒアリング能力も、社員研修を通じて学ぶことができます。

3つめの働き方が「クリエイティブスタッフ」です。お客さまの窓口となり、状況に応じて周りに仕事をつなぎます。それぞれの職種が一丸となって、お客さまのカーライフを総合的にサポートしているのです。

社員一人ひとりが輝ける会社に

『日産サティオ徳島』が目指すのは「社員一人ひとりが輝ける会社」です。その思いを実現するために7年ほど前から取り組んでいるのが「グッドカード」です。これは、社員同士がお互いの良い部分を探し「ありがとう」の気持ちを込めたカードを交換するというもの。そこには「他者への感謝の気持ちを持ち続けてほしい」という藤村社長の思いがあります。

「人の悪い部分は見えやすいのですが、逆に良い部分は注意しないと見えないものです。仲間がいるから会社が回っていることに気づき、一人ひとりが感謝の気持ちを持つことで、誰もが働きたくなる会社に成長できると考えています」

そんな藤村社長がモットーにしているのが〝大家族主義〟での経営です。上司と部下が事務的に関わるのではなく、お互いに認め合いながら、自分の居場所を見つけられる職場づくりを目指しています。
「会社の中には勤続42年の社員もいらっしゃいます。僕が生まれる前からこの会社のことを支えてくださっていることを考えるたび、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいになるんです。いつまでも働き続けられる会社でいられるように、これからも努力していきたい」と藤村社長は言葉に力を込めます。

育児や介護をしながら働ける会社を目指す

最近では女性の働きやすさについても議論を重ね、より良い職場づくりに活かすようになりました。
「結婚、妊娠、出産、介護などのライフイベントが起こったときに、ワークライフバランスが崩れて仕事を続けにくくなるという傾向が日本全体の課題としてあります。男性も女性も仕事と家庭を両立できるよう、会社の在り方を改革していく必要があると考えています」

最近では助産師のキャリアコンサルタントを招き、毎月1回「職場環境改善プロジェクト」を実施。女性スタッフに、自分の働き方やライフスタイルなどの悩みを相談してもらうことで、近い将来に起こる課題の解決を図っています。さらに、徳島市内の保育所とも提携しながら育児環境を整えることで、子育て世代も安心して働ける職場づくりを推進しています。

会社にとって一番重要なのは、そこで働く人が、自分の幸せを見つけること。それを全力でサポートする会社の姿勢は、まさに大家族主義の言葉にふさわしいと言えるでしょう。

チャレンジ精神をおもいっきり応援したい

同社では、県内初となる試みも積極的に導入しています。外国人技能実習生の受け入れもその一つです。
「ベトナムから自分の夢を叶えるためにやってきて、笑顔で仕事をする彼らにも幸せになってほしい。彼らの存在は、日本人スタッフにとっても良い刺激になっています」
今後は、職場のIT化にも積極的に取り組んでいきたいと話す藤村社長。そこには、仕事の効率化だけではなく、社員の多様な働き方を実現したいという願いが込められています。

「IT化が進めば、在宅勤務の可能性も広がることになる。育児や介護をしながら仕事をすることができれば、多様性のある働き方へとつながるはずです」
30代と若くして社長に就任した藤村社長。工場長や支店長にも、若手社員が多く含まれています。常にアグレッシブな行動力と豊かなアイデアでチャレンジを続けるこの会社なら、あなたもきっと自分が輝ける場所を見つけられるはずです。

社長の藤村泰之さん

 

詳しい会社情報やスタッフインタビューなどは
【BeCAL徳島版2020-2021】でチェック!
株式会社 日産サティオ徳島 


BeCAL2020-2021WEB版 BeCAL2020-2021アワログまとめ記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。