《徳島市/酒菜きっちん 雄食(ゆうしょく)》酒場に通わせる”目当てのアテ”!じゃがバター塩辛のせ

   

「大将、いつものあれで!」というと、大将がニヤッと「お客さん、わかってましたよ」という顔ですぐに出してくれる。

これこれ、待ってましたよ!店に来ると無性に食べたくなる、この店ならではの逸品。来店のたびに必ず注文しているので、大将にも覚えられてしまった。おいしいお酒は、アテと一緒に嗜んでこそ本領発揮するのだよ。。

…そんなオトナな酒飲みに憧れるだわわです。
おいし~いアテと一緒に粋な酒の楽しみ方ができちゃう酒場を紹介しちゃいますよ!

名物の一品にスポットライトを当てて紹介していく”目当てのアテ”シリーズ第3弾。
これがあるから通っちゃう!

その他の目当てのアテシリーズはコチラ!
旬彩酒房 ここから(徳島市)阿波牛串焼き ひなた(徳島市)寄り処 のんちゃん(徳島市)蕎麦 肴 酒 さらざん(藍住町)ろばた焼き 利吉(阿波市)

酒菜きっちん 雄食(ゆうしょく)/徳島市一番町

”目当てのアテ”はこれ!
普段出会わない食材がコンビを組んでみた

[じゃがバター塩辛のせ]600円(税抜)


▲甘味のあるじゃがいもと塩辛の組み合わせがたまらな~い!

自身も納得のいく、おいしい料理を提供するため、さまざまな店を食べ歩いたり、組み合わせてみたりと、研究熱心な店主の北橋さん。日々の積み重ねによって生みだされた料理は、オリジナリティーにあふれています。「この組み合わせってアリ!?」と思うような目新しいメニューもちらほら!

[ じゃがバター塩辛のせ]は、その名の通り、じゃがバターにイカの塩辛がたっぷりかかったインパクトのある一品。しかし、第一印象で味を決めてはならない。[インカのめざめ]という貴重種のじゃがいもをゆでた後にサッと素揚げすることで、カリッとほくほくに。栗にも似た風味とサツマイモのようなねっとりした甘味のあるじゃがいも。このじゃがいもと塩辛の組み合わせは、長年連れそった凸凹コンビのような相性の良さなのです!

もう一品、イチオシなのが[ガリトマト]。寿司の横についている、あのガリとトマトの合わせ技が好評とのこと。甘酢でさっぱりと仕上がった逸品にお酒がすいすいと進むので、くれぐれも飲みすぎには注意ですよ♪

ここにも注目!
「阿波の○○シリーズ」


▲お客と話すことも仕事のうちということで、何種類もあるお酒の相談も受け付けています。徳島の地酒がわからなければ、店主に聞くのがおすすめ。

「阿波の○○シリーズ」のメニューも必見です。阿波の自然が育んだ肉、魚、野菜をふんだんに使い、料理へ変身させています。また、阿波の地酒も北橋さんのこだわりのひとつで、常時8種類は入荷しているそうです。昨年秋からデビューしたのは[ 燗あがり純米 ひさごたいこう]。やわらかく落ち着いた口当たりが特徴で、燗の季節にぴったりの銘酒です。


▲黒い看板に、のびやかな『雄食』の大きな白文字が目印。店の前にある青い自転車は店主の愛車。

徳島駅前から路地の方へ徒歩3分という好立地。黒い看板に大きく書かれた『酒菜きっちん 雄食』の文字が目印です。扉を開けた目の前の壁にはサインがずらり。お客さんが県外の友人や、芸能人を連れてくることがよくあるんだとか!


▲タレントの蛭子能収が来店したそう。あと少し取材時間が早ければ会えていたのに…!

日々の積み重ねによって生みだされたキラリと光るオリジナリティーあふれる料理。生産者さん、漁師さんへの感謝を込めた料理と阿波の地酒。そして北橋さんとのトークを求めて、今宵も多くのお客でにぎわっていること間違いなしですね♪

 

※この記事は、2019年12月号Geenで掲載した内容です。

酒菜きっちん 雄食(ゆうしょく)
住所
徳島市一 番町3-5
電話番号
088-622-3345
営業時間
17:00~
定休日
不定休
座席数
12席
駐車場
なし
問い合わせ先
088-622-3345
備考
●カード可
●喫煙可
●予約がのぞましい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アワログ編集部

アワログ編集部

投稿者プロフィール

こんにちわ、アワログ編集部です。新店情報から、ストックしておきたくなるお役立ち情報まで幅広い徳島ネタをお送りします!
アワログで取材してもらいたいネタをお持ちの方はぜひこちらのアドレスまでお寄せください。→neta@awawa.co.jp
(※編集部がこれはオモロイ!と思ったもののみ取材しますので必ず掲載されるわけではありません)

この著者の最新の記事

関連記事

Facebook

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。