《スポーツ・サッカー》J1昇格まであと2勝! 徳島ヴォルティス ホーム最終戦

   

どうも、『徳島ヴォルティス』担当のまっつんです。

先週の日曜日に行われた『ヴァンフォーレ甲府』戦

結果としては1-1の引き分けでしたが、年間順位によって

我らが『徳島ヴォルティス』

J1昇格プレーオフの第2ラウンドへ駒を進めました!

次の対戦は

12月8日(日)13:05キックオフ

会場『鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム』

VS 『モンテディオ山形』(シーズン6位)

この試合に勝つ or 引き分け

J1 16位のチームとJ1をかけて戦うプレーオフ最終ラウンドに進むことができます。

次の対戦相手! モンテディオ山形はどんなチーム?

J1昇格プレーオフ第1ラウンドで年間3位の『大宮アルディージャ』に勝利

見事下克上を果たした『モンテディオ山形』

基本フォーメーションは

3-4-2-1

前線のトライアングル(センターFW+トップ下2人)による中央突破

両WBによるサイドアタックなど、多彩な攻撃が展開できます。

守備面では、ボランチが2枚あることによってセンターアタックに対して強固で安定感のあるブロックが形成可能。

WBが攻撃参加する分、サイドにスペースができる可能性がありますが、豊富な運動量のある選手であれば、シーンに応じて5バックを展開することもできます。

要注意選手は

チーム内トップスコアラーの大槻選手、試合終盤のジョーカーとなるであろうジェフェルソン バイアーノ選手

大槻選手はシーズン中盤からレギュラーに定着し、1トップやシャドーストライカーとしてゴールを量産し、『徳島ヴォルティス』の得点源・河田選手に匹敵する11ゴールを記録。

また、2012年~2016年までプレーした『湘南ベルマーレ』時代に2度のJ1昇格を経験するなど、勝負強い選手です。

ジェフェルソン バイアーノ選手は、コーナーフラッグを引き抜く過度なゴールパフォーマンスなどお騒がせな面もありますが、その実力は本物!

第14節『徳島ヴォルティス』戦でみせた、ループPKはとても印象に残っています。

おそらく試合後半で、攻撃に厚みをもたせるために投入されるのではないかと

『徳島ヴォルティス』はどう立ち向かう!?

今週月曜日に徳島市内で行われた『2019シーズン謝恩会』にて

リカルド・ロドリゲス監督は、

「チーム一丸となって戦い抜き昇格する」

と私たちに宣言してくれました。

J2屈指のポゼッションを誇る『徳島ヴォルティス』

ボールを保持して、山形のカウンターを警戒しながら攻めるかたちになると思われます。

シーズン中の2回の対戦は、両試合徳島に退場者が出て数的不利な状況もあって、

第14節1-1第24節1-2と決して相性がいいわけではありません。

こんな状況を打破するためには、あっと驚く発想個人技が必要

渡井選手のドリブル、バイス選手のビルドアップ、野村選手のミドルなどに期待したいところです。

また、両サイドにスペースができるリスクのある3-4-2-1フォーメーションを逆手にとって、サイドカウンターを仕掛けたいところでもあります。

前回のプレーオフ第1戦はメンバー外でしたが

こんなときに頼りなるのは杉本選手!

ぜひ、今週の日曜日に鋭い攻め上がりを披露してもらいたいですね。

最後に!

ホームの熱い声援があれば、チームの結束はより強いものになります

リカルド ロドリゲス監督の言う「一丸」です。

正真正銘

『徳島ヴォルティス』の2019年ホーム最終戦ー。

選手、コーチ、監督、スタッフ、ファン全員で一丸となって

勝って、ファイナルラウンドに進みましょう。

あともう一歩

そう

「未来はこの手の中!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まっつん

まっつん企画制作部

投稿者プロフィール

成人式トリマクリで「雑誌編集者になりたい!」と書いてアピールするコスい手を使って憧れだったあわわに入社。大好きな声優のライブのためなら首都圏へも一人で遠征できるハートの強さと上司に怒られても瞬間的に意識を飛ばすスキルで仕事をこなす永遠の若手。

この著者の最新の記事

関連記事

とくしまおみやげGirl friend

ズボラのんべいさんの簡単レシピ

3分でわかる!とくしま週末イベント情報

あわわfree1月号

Geen1 月号

ワイヤーママ2月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。