《香港ディズニー特集》徳島から意外と近い! 香港ディズニーでクリスマス

   

 

どうも、アワログライターのまえのです!

いつの間にか12月がやってきましたね~
元号が平成から令和に変わったり
消費税率が10%になったり・・・と
いろいろあった2019年も
いよいよ残すところあと一カ月!

今年の冬、特にクリスマスの予定は
もう決まりましたか?
クリスマス仕様に変わっていく街並みにだれもがワクワクしますよね!

…と言いたいところですが、

私も今年で24歳・・・
クリスマスも24回目とあって、
そんじょそこらのクリスマスイベントじゃあねえ
私も驚きはしないんですよ・・・

 

とびきり可愛い飾り付けがされた
大きなツリーが見られて、

この時期だけの
限定ディナーを堪能して、


迫力満点のショーやパレードの
演出に感動して、


なんなら素敵な仲間たちといっしょに

まさに 夢と魔法の国
みたいな世界観の

クリスマスを
過ごしてみた~い♡

 

・・・

 

というなんとも贅沢な願いを叶えてくれるとのことで




徳島を離れて

香港ディズニーランドに行ってきました!

 

 

 

なぜ香港なのかと言いますと、
12月11日(水)~2020年3月28日(土)の期間限定で
徳島と香港を結ぶ定期就航便が運行が決定したんです!

 

これまで徳島から香港に行くには、関西国際空港や羽田空港などから出発する必要がありましたが、直通便が就航してより簡単に海を渡ることができるようになりました。

直行便に乗れば徳島から約3時間で到着する香港は、

点心や屋台でのストリートグルメなどおいしい香港料理を食べ歩いたり、

“100万ドルの夜景”
名高い美しい夜景を望みながら
ロマンチックなひと時を過ごしたり・・・と
何度訪れても楽しめるスポットが満載なんです!

なかでも香港ディズニーランドは、世界各地のディズニーランドの中でもみんな大好きなミッキーやミニ―などのキャラクターとのグリーティングが豊富なのが魅力。

 

特に11月14日から始まった「ディズニー・クリスマス」は、可愛いクリスマス仕様に飾られたパーク内でこの冬限定のコスチュームに身を包んだキャラクターとのグリーティングが楽しめるそう!

さらにディズニー映画「アナと雪の女王2」の公開を記念したショーが開催されているんだとか・・・

 

考えれば考えるほどわくわくが止まらないので、さっそく入場してみましょう。

入場券は数種類あり。私たちの入場券はマーベルシリーズのアトラクション[アントマン&ワスプ:ナノバトル!]仕様でした。

 

 

 

大きなクリスマスツリーがお出迎え
限定メッセージカードも見逃せない♡

 

パーク内に入ると見えるのは、メインストリートUSAにあるクリスマスツリー

正直な感想言ってもいいですか?
でっか。

自分の想像していたよりも遥かに大きいツリーに驚き。さすが世界のディズニー…規模が違うなあ…

キラキラのオーナメントの飾りつけはこのツリーだけでなく、パーク内のあらゆるところで見ることができます。温暖な香港なので、体感的には夏くらいの気分なのですが装飾があることで一気に
クリスマス感を感じられました◎

 

ミッキー型のリースで飾られた街灯。こういった細かなところにも可愛さが詰まっています!

 

オーナメントのキラキラの飾りつけがかわいいツリーは、お昼に見るのもいいですが夜のライトアップもめっちゃ魅力的なんです。

 

クリスマスキャロルのメドレーとともに点灯の瞬間をお祝いする[ホリデー・ウィッシュ・カム・トゥルー:ツリー・ライティング・セレモニー]も開催されていて、こちらもおすすめです!

パーク内のクリスマスを象徴するツリーが点灯する瞬間はまさに圧巻ですよ・・・あまりのキレイさに見惚れてしまって、点灯の瞬間の写真を撮るのを忘れていたのはここだけのハナシにしてください。

 

 

さらにツリー近くのサンタ帽子をかぶったポスト[ホリデー・ウィッシュ・メールボックス]にも要注目!!

パーク内のショップで購入できるミッキーマウスやダッフィー&フレンズが描かれた「ホリデー・ウィッシュ・チャリティ・ポストカード」(各10香港ドル)を投函すると、切手不要で世界中のどこへでもメッセージを届けてもらえるとのこと。なにそれめちゃくちゃ夢あるじゃん・・・ディズニーランドのポストからメッセージが届くなんて嬉しい以外の言葉出ないですよね・・・

 

 

ポストカードは全部で4種類。私はホログラム加工でキラキラ感のあるダッフィー&フレンズのポストカードが特にお気に入り!

 

ホログラム加工が施されていて、角度によってキラキラと色が変わるのがポイント。

 

 

目の前の「シティ・ホール」横の郵便局エリアにペンやハンコが用意されているので、そちらでメッセージを書くこともできます!
クリスマスのお願いごとをしたためて、メッセージを届けてみてね。

 

 

サンタコスチュームのスティッチ&ミッキーに会える
スペシャルグリーティング

 

クリスマス仕様に飾り付けられたパーク内を散策するだけでも十分楽しいのですが
やっぱりディズニーランドに来たなら会いたいですよね!

ディズニーのキャラクターたちに!

※ここからは可愛いディズニーのキャラクターとともに仕事を忘れただただはしゃぐオタクが写真内に写り込んでいます。ご了承ください。

 

ということで訪れたのはパーク内の『TOMORROW LAND』

絶叫好きなら乗らなきゃソン!なスリル満点のライド[ハイパー・スペースマウンテン]や、
マーベルシリーズのアトラクション[アイアンマン・エクスペリエンス][アントマン&ワスプ:ナノバトル!]のあるテーマランドです。

テーマランド内の『コメット・カフェ』前では[ミート・サンタスティッチ]を開催。サンタコスチュームに身を包んだスティッチに会って写真撮影ができるんです!!

いたずら好きのスティッチの無邪気な振舞いがとにかく可愛い~!!ずっと見てられるわ・・・

香港ディズニーランドでは基本的に複数枚の写真撮影OK!

しっかりとポージングをとったカットだけでなく

キャラクターと触れ合っている様子もキャストさんが上手に写真に収めてくれます!

取材中にもかかわらずちゃっかり限定カチューシャ[ミニー・ウィッシュマス・イヤーズ](169香港ドル)をつけてはしゃぐ私。ゴールドのスパンコールと真っ赤なリボンの組み合わせが、クリスマスディズニーの思い出をより華やかに彩ってくれます◎
しかもこちらは一つ購入ごとに「メイク・ア・ウィッシュ HK」に50香港ドルが寄付され、病気と闘う子どもたちの夢を叶える活動を支えることにつながるそう! すごい!

 

 

 

また香港ディズニーランドから誕生したダッフィー&フレンズのキャラクタークッキー・アンに出会えるのが『メインストリートUSA』内の[メインストリート・シネマ:マイ・ジャーニー・ウィズ・ダッフィー]

クッキー・アンが身に着けているふわふわのあったかコスチュームのテーマは“Keep me warm(キープ ミー ウォーム)”! この冬から新しく登場した衣装なんですよ!

ちゃっかりこちらでも撮影。ふかふかもふもふのまさに冬仕様のクッキー・アンに癒されました。

 

もちろんサンタミッキーにも会えちゃいます!

『メインストリートUSA』内の「アネックス」では
クリスマスの準備中のサンタミッキーとふれあえる[ミート・サンタ・ミッキー]を実施中。

クリスマスシーズンで大忙しのサンタミッキーですが
いろんなポーズを決めてくれてほんとに撮影しがいがありました・・・
さすがスーパースターだ・・・

クリスマス使用に飾り付けられた部屋の中でサンタミッキーとご対面!プレゼントを入れるための靴下もキャラクターごとに用意されてて可愛い~♡

 

このほかにもパーク内ではさまざまなキャラクターと触れ合えるキャラクターグリーティングを実施しています。詳しい日時や位置情報は香港ディズニーランドの公式アプリからチェックできるのでダウンロードをしておくのがおすすめですよ◎

 

 

 

冬を彩る華麗なショーに釘付け! 見逃せない2つをご紹介

 

クリスマスディズニーの魅力の一つ、季節限定のステージショー!!
この冬『香港ディズニーランド』で見られるのは2つ。

まず一つ目は、ミッキーと仲間たちといっしょにクリスマス気分で盛り上がれる[ミッキー&フレンズ・クリスマス・ボール]

夕日をバックにスペシャルコスチュームをまとったミッキーやミニ―をはじめとする人気のキャラクターたちが次々とステージへと集まってきて、ダンスや歌、マジックを交えてお祝いしてくれます◎

華やかなステージ上にはたくさんのキャラクターが登場!
もちろんダッフィー&フレンズのキャラクターも盛り上げに駆けつけてくれましたよ◎

定番のクリスマスソングと可愛いキャラクターのパフォーマンスにワクワクと
シャッターを切る手が止まりませんでした・・・!

 

 

日が沈み、すっかり暗くなったパーク内で行われるのがもう一つのショー[マジカル・フローズン・スノーフォール]
『アナと雪の女王』のアナとエルサ、オラフをはじめ、2人が暮らすアレンデールの人々がステージに!

昼間は半袖で過ごせるほど温暖な香港ですが、
なんと魔法でたっぷりと雪が降り注ぐ姿が見られるんです!

あんなに暑かった香港ディズニーランドに、エルサの魔法で雪が舞い降りてきました。
キラキラときらめきながら降り注ぐ雪の様子が本当にキレイでとにかく感動

 

 

どちらもパーク中央のキャッスル・ハブ・ステージにて開催されています! しっかりとキャラクターたちを見たい!撮影をしたい!という人は、開始時間よりも30分ほど前にはステージ近くを訪れるなど、余裕を持って場所を押さえておくのがおすすめです。

 

クリスマス気分を味わえるのはパーク内だけではありません!

 

 

オフィシャルホテルで特別な料理&ドリンクを
クリスマス気分を盛り上げてくれる品々登場

 

香港ディズニーランドには個性豊かなオフィシャルホテルが3つあります。

なかでもパークから最も近い『香港ディズニーランド・ホテル』の1階にある『ウォルト・カフェ』では
12月24日・25日の2日間限定「クリスマス&ニューイヤーズ・イブ・ディナー」(大人618香港ドル、約1万92円、子供398香港ドル、約6499円、キッズミール178香港ドル、約2907円)がいただけます!

 

トマトのうま味が凝縮された濃厚な味わいの「ファンネルとトマトスープ」や、

おすすめの「牛ヒレ肉のグリル、オックステールの蒸し煮、オニオンマーマレード 赤ワインソース添え」

 

3つの料理から選べるメインディッシュなど、オフィシャルホテルならではの逸品を堪能できるんです。

 

ディナーのなかでも一番テンションがあがったのがこちら!

デザートの「グリーンティー マンゴームースケーキ 季節のフルーツ添え」

ミッキー型のチョコレートがトップに飾られたツリーの正体は
抹茶チョコレートでコーティングされたマンゴームースケーキ

抹茶とマンゴーの組み合わせって、なんだか不思議な感じでしたが
食べてみるとわかる相性のよさ!

食べるのがもったいない!と思いつつ、ザクザクと食べ進めてました・・・
おいしいんだもん・・・

オフィシャルホテルならではのスペシャルなディナーに大満足!
こんなクリスマスを過ごせたら一生忘れられません!!もう一回行きたい!

 

 

徳島―香港直行便は12月11日から就航開始!

 

香港ディズニーランドで過ごすクリスマスはいかがでしたか?

このクリスマスシーズン後にも香港ディズニーランドでは、
1月半ば以降から始まる旧正月やバレンタインシーズンなど
気になるイベントが盛りだくさん!!

いつ行っても楽しい香港ディズニーランドですが
せっかく徳島から行くのなら直行便が就航している今がチャンスでは・・・?

就航便の詳しい情報はキャセイパシフィック航空のHPなどをチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

ここからは完全に余談です。

おまけ:無理してキラキラ女子を目指した結果

 

ディズニーランドの楽しさは十分お伝え出来たかと思います。
これより下は完全なる私の個人的なお話になります。

 

これまでは「とにかくたくさんのアトラクションに乗ること」がテーマパークに来たときの最大の目的だった私。
実はこれまでの人生で「キャラクターグリーティング」を経験したことがありませんでした。

でも香港ディズニーランドの特長で検索すると「キャラグリの時間がたっぷりとれる」「たくさん撮影できます」「自然に触れ合ってるところも撮影してくれました」なんて情報が。

 

 

・・・ということは、

インスタでよく見るこんな感じの写真が撮れるってこと~!?!?!!

イラスト/まえの

 

撮りたい。

正直、これまでの人生では映えとか意識したような写真をどちらかというと避けてきたんですが実はめちゃくちゃ憧れてたんです。恥ずかしかったけど、ああいうやつ・・・撮りたい・・・・・・・・・・!きゃぴきゃぷしたかわいいやつ・・・・・・!

インスタには主にご飯の画像しかアップしない私も
とうとうキラキラ女子の仲間入りか・・・と

 

そんな強い思いで香港に上陸したのですが、

写真撮られ慣れていない&自分の身体の動きを上手にコントロールできない人間が
キャラクターにハグしに行くと下記のようになります。

 

 

[メインストリート・シネマ:マイ・ジャーニー・ウィズ・ダッフィー]にて。

 

???

 

 

オフィシャルホテル・『香港ディズニーランドホテル』内『エンチャンテッド・ガーデン・レストラン』にて。

 

?????

 

 

[ミート・サンタスティッチ]にて。

 

思ってたんと違うんやけど??????????
相撲の稽古中?レスリングの練習中?なんでこんな格闘技感強いん???

 

 

 

撮られている本人はもっと華奢な感じでキャッキャしているイメージだったのですが
写真になると完全に令和元年 香港場所が開催されていました。

 

 

 

 

本当に悲しいので絶対再チャレンジします・・・待ってて香港ディズニー・・!!!!!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まえの

まえの企画制作部

投稿者プロフィール

生まれも育ちも徳島県、すくすくのびのびと育った究極のゆとり世代。趣味はイラストで、描くのも見るのも好き。誌面に載っていることもあるので探してみてね。

この著者の最新の記事

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。