《徳島市/徳島新鮮なっとく市 物産館 阿波遊産》新しい産直市へ行こう! 徳島市内にいながら郡部の名品に出会える

   

 

新鮮な野菜や果物

珍しい食材、調味料

手作りお惣菜…

 

「どれを買おうか!?」と迷う時間まで楽しい、

産直市!!!!

 

ここでしか味わえない食べ物があったり、その地域の特産品をゲットできたり、 個性的な産直市って本当に楽しい…もはや一大レジャー施設といっても過言では ありません。

 

ここ2年くらいで続々とオープンしている新しい産直市。その魅力をあますところなくご紹介いたします♪

 

その他の産直紹介記事はコチラ!
みはらしの丘 あいさい広場(小松島市)産直市場 いせや農場(鳴門市)地域交流拠点 箸蔵とことん(三好市)野菜のセレクトショップ ええでないか(徳島市)農産物直売所 えがお(鳴門市)道の駅 みまの里(美馬市)産直カフェ 五名ふるさとの家(香川県東かがわ市)

 

 

徳島新鮮なっとく市 物産館 阿波遊産/徳島市東沖洲

徳島市内にいながら
郡部の名品に出会える

レストラン、バーベキュー場、釣り堀を合わせた『徳島新鮮なっとく市』の一角として、昨年4月にオープンした『物産館 阿波遊産』。

オリジナル商品や、バイヤーが自信を持って厳選した逸品がそろっています。なかでも、那賀町の「かきまぜ」(具だくさんのちらし寿司)をはじめとした郷土料理は生産の現場まで取りに行くからこそ販売することができ、徳島市内ではお目にかかれないものもたくさん。

店内奥にある水槽にはタコや伊勢エビが泳いでいて、日によってはアワビやサザエがいることも。冬場になるとカキも登場し、どれも量り売りで購入することができます。また藍コーナーが充実していて、雑貨から、お茶、真っ青な藍カレー(ビジュアルのインパクト大!)まで、おもしろい顔ぶれ。ここに来れば、徳島の魅力を再発見できること間違いなし!

 

 

 

 

楽しくておいしい! 釣りに挑戦しよう

併設する釣り堀は、予約なしで当日受付OK。真鯛や伊勢エビなど常時5 〜6 種類が泳いでおり、ほぼ100%釣れるので子ども連れの利用も多いそう。

釣れた魚は持ち帰ってもよし、併設のレストランやバーベキュー場で調理してもらってもよし。※利用料500 円、魚は釣れた種類によって金額が異なる

 

 

お土産にもぴったりなオリジナル商品に注目を

オリジナルの商品も多々あり、鳴門金時・ゆず・すだち・和三盆と徳島の味覚が勢ぞろいしたサブレはお土産にももってこい(各680 円)!

 

四国大学短期大学部と共同開発した、鹿肉の[あわジビエキーマカレー](750 円)はジビエの臭みも少なく、辛さ控えめなので食べやすいと好評です。

 

[すだちくんまんじゅう](1 個150 円、6個入り950 円)は、再現性が高くて食べるのがもったいない! 冷凍された状態での販売なので、自然解凍してからいただきましょう。※すべて税抜

 

 

 

ここだけにしかないおもしろクレーンゲーム

産直の入口にあるのは、野菜をはじめ徳島にちなんだものが取れる変わったクレーンゲーム。取材時の景品はすだちくんの入れもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※この記事は、2019年11月号Geenで掲載した内容です。

徳島新鮮なっとく市 物産館 阿波遊産
住所
徳島市東沖洲2-14
電話番号
088-676-2266
営業時間
10:00 〜18:00、土・日・祝は〜19:00
定休日
不定休
座席数
テラス席有
駐車場
40 台
ホームページ
https://www.tokushimashinsennattokuichi.com/
備考
禁煙
フリーWi-Fi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんも

がんもweb事業部

投稿者プロフィール

ある時はWEB事業部アルバイター、またある時はイヤイヤ期真っ盛り2歳男児ママのがんもです。Uターンしてきて3年。徳島の良いところをもっと知りたい!…なのに何故か、Eテレとアンパン◯ンと恐竜全般に詳しくなってゆく。そんなアラサーです。がんもです。

この著者の最新の記事

関連記事

あわわってこんな会社です!

ズボラのんべえさんの簡単レシピ

とくしまおみやげGirl friend

あわろぐ スポンサー広告

Facebook

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。