大塚国際美術館で感じる芸術の秋! フェルメールの魅力に触れるアートイベントは絶対行かなきゃソン!


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

アートに詳しくないという方でもその絵を見ればわかる、オランダ絵画の巨匠フェルメール。
映像のような写実的な手法と綿密な空間構成、
そして光による巧みな質感表現を特徴とする(byウィキペディア先生)


『真珠の耳飾りの少女』や『牛乳を注ぐ女』はめちゃめちゃ有名!

ちなみに本名はヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト(長い!)、
フェルメールは通称だったんですねー。

大塚国際美術館では、そんなフェルメールの作品(原寸大陶板)が8点鑑賞できます。

35点といわれる作品を遺している中から8点も同時に鑑賞できるなんて、めっちゃ贅沢!
し・か・も!
フェルメールファンにはたまらないイベントも決定!

第1回大塚国際美術館「アートアカデミア」
~なぜ魅惑に満ちた絵画を描けたのか~

共にフェルメールの魅惑を語ろう -絵画の“玉手箱”ー
[日時]2019年11月16日(土)14:00~15:00予定
[会場]大塚国際美術館 別館2階
[定員]80名(事前予約制)
[参加費]500円(スイーツ・ドリンク代として/税込み)※要入館料


講師に早稲田大学名誉教授、そして大塚国際美術館 絵画学術委員でもある大髙保二郎氏を迎え、
気軽に楽しめるアートトークを開催。


なんと、『真珠の耳飾りの少女』をイメージした特製スイーツも楽しめます!あざやか~♡


アートトーク参加者には非売品のフェルメール読本をプレゼント!

ぜひぜひ、令和初の芸術の秋、
フェルメールアートトークに参加して素晴らしい時間を過ごしましょう。
今ならまだ間に合いますよ♪

[申し込み方法]
①代表者氏名 ②人数 ③連絡先をメールで送信、または電話088-687-3737で申し込み
メールはこちらをクリック!

※記事内で使用している写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影してものです。

大塚国際美術館
住所
鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65−1
電話番号
088-687-3737
営業時間
9:30~17:00
定休日
水曜
駐車場
約340台
問い合わせ先
088-687-3737
ホームページ
https://o-museum.or.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キムソン

キムソン企画制作部 リーダー

投稿者プロフィール

ある時は海賊マンガの主人公、ある時はアメコミのヒーロー、またある時は汎用ヒト型決戦兵器…しかしてその実体は、あわわが誇る敏腕営業制作マン!とは正反対のしがない営業制作マン、いやサボリーマン? 本日も上司の目を盗んで、2ちゃんのまとめを徘徊中~!

この著者の最新の記事

関連記事

あわわfree11月号

Geen11 月号

ワイヤーママ11月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。