【イベントレポート/徳島市】謎にみちた『第1回卑弥呼フェス』に行ってみた。


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

どうも。

まっつんです。

先日ふらっと立ち寄ったラーメン屋さんで、『卑弥呼に土器♡土器♡』という斬新なキャッチコピーのポスターを見つけました。

「そういえば小学校の歴史の授業で、邪馬台国(卑弥呼がおさめていた国?)は徳島にあったんじゃないかって習ったな~」と思い出しながらラーメンをすすっていると、隣の席のおっちゃんたちが「卑弥呼フェスってなにするんで?」という話でもちきり。

たしかにポスターには日付と抽選会やグルメブースの出店などについてはかかれているけど、メインビジュアルもイラストで、どんな雰囲気のイベントなのか判断しずらい。

帰るころには、この謎にみちたフェスのことで頭がいっぱいなわけです。

「気になる。。。」

というわけで、やってきました邪馬台国!

 

台風の影響で天気が心配されていましたが、これも卑弥呼さまの力なのでしょうか?

過ごしやすい絶好のイベント日和でした。

それにしても、こどもからおじいちゃん・おばちゃんまでかなりの人・人・人!

想像していたよりもファミリー向けの雰囲気で、お迎えのはにわもこの笑顔

そしていっぱいなのはお客さんだけじゃない!

卑弥呼さまがいっぱい!

こちらは卑弥呼グランプリというコンテストで、現代の卑弥呼NO.1を決めるものだそううです。

「卑弥呼らしさってなんなんだろう」^^?

そしてこちらはフードブース

県内外問わず、約40の飲食店が出店していて、各店が個性豊かな卑弥呼飯(古代にまつわる名前の料理)を販売していました。

はにわプリン、卑弥呼そば、古墳型チュロス、古代肉すい、邪馬台国産チーズハットグという斬新なものまで

メニュー名だけでお腹いっぱいになりそう

ちなみにこちらもコンテストが行われておりまして

グランプリには古墳オムそばが輝いたそうです。

そしてこちらは会場内でひときわ目をひく竪穴式住居。

歴史のテストで何度も名前を書く機会はありましたが、実物初めてみました。

もちろん穴の上に作っているわけでなないのですが、それでもかなりのサイズ感。当時の衣装やメイクでコスプレすることもできたので、これは絵になりますね。

その後もふら~とめぐっていると、今回の事業委員長の山本さんを発見。ご挨拶させていただきながら話を伺うと、「今回のイベントをあしがかりに、徳島を古代の魅力でPRしていきたいですね」と一言。

第2回の開催や短編映画の撮影まで、挑戦したいことは盛りだくさん!

今後展開は、卑弥呼さまのみぞ知る!?

土器♡土器♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まっつん

まっつん企画制作部

投稿者プロフィール

成人式トリマクリで「雑誌編集者になりたい!」と書いてアピールするコスい手を使って憧れだったあわわに入社。大好きな声優のライブのためなら首都圏へも一人で遠征できるハートの強さと上司に怒られても瞬間的に意識を飛ばすスキルで仕事をこなす永遠の若手。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ11月号

Geen10 月号

あわわfree9月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。