《上勝町/上勝テロワールの旅》パール世代におくる。五感で楽しむ農泊推進プログラム


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

みなさん、はじめまして!roko(ろこ)です。ローカル旅や島旅、その地域で美味しいものを食べたり、人と話したりすることが大好き。パッと見では分からない、ちょっとディープなことをお伝えしていきます!

さて、今回の舞台は葉っぱビジネス「いろどり」で一躍有名になった、四国いち小さな町「上勝(かみかつ)町」。

地方活性化の事例として全国から注目を集めている上勝で新たな体験プログラムがあるんです!「たべる・あそぶ・まなぶ」の体験を通して、自分の体で上勝を感じてもらう農泊推進プログラム。

子育てもひと段落し、自分の時間が持てるようになったパール世代の方々を中心に、親子やおひとりさまの女性が京阪神から参加してくれました。

8/21, 22に開催された「上勝テロワールの旅」に参加してきたので、その様子をお届けします!

1日目:晩茶づくり体験・山のバイキングで感じる上勝

京都・大阪・神戸からのお客様を乗せたカラフルなバスがやってきました。私は徳島市内でピックアップしていただき、途中から合流。上勝を目指します。

まずは上勝晩茶農家の百野さんのもとへ。6年前に大阪から上勝に移住され、現在は上勝晩茶の生産から販売まで行っています。

徳島県民でもあまり知らない、晩茶ができるまでの工程。参加者のみなさんと一緒に汗を流しながら、晩茶作りを体験しました!

摘んだお茶の葉の中にまぎれているゴミや大きな枝を選り分けて

ぐらぐら沸騰する釜の中で茶葉をゆがきます。

擦り機の中にいれて茶葉を擦ったあと

ポリバケツの中にいれてふみふみ。

どんどん泡が出てきます。ポリバケツ一杯になったらふたをして発酵させます。私たちの晩茶は出来上がったら届けてくれるとのこと!楽しみ~~!!

晩茶づくりでたくさん汗をかいたので月ヶ谷温泉でひとっ風呂。3人で1つのバンガローに宿泊します。

夕食までひと休み。近くのいろどり橋(つり橋です!結構怖い。)に行く人、お茶を飲んでのんびりする人、それぞれです。私はちょっと寝ちゃいました(笑)

お待ちかねの夕食は「山のバイキング」

その名の通り上勝の幸がふんだんに使われたお料理がずらり。あれもこれも食べたくて、何往復もしました。

お料理の合間になんと阿波踊りのサプライズイベントが!

♪手を上げて、足を運べば阿波踊り♪のおはやしに合わせて踊って、笑って、また踊って。踊り終わった頃には酔いが一気にまわる人も(笑)

胡蝶連のみなさん、ありがとうございました!

楽しい夜の幕も降ろされ、川の流れをBGMに眠りへとついたのでした。

2日目:苔の森とクラフトビールで上勝を感じる

苔の森「山犬嶽」へのトレッキングからスタートです。

ガイド付きのトレッキングで、上勝の歴史や風土のことも学べます。山の中はひんやりしていましたが、それでも汗だくに。

間に休憩をはさみつつ、ふぅふぅ息を切らしながら着いた苔の森。それはそれは幻想的で、まるでジブリの世界

みんなの口からこぼれるのは感動のため息。私のしんどさも吹っ飛びました!

山犬嶽の湿気と冷たい空気で、長い年月をかけて育った苔。もこもことしていて触りたくなってしまいますが、決して苔の上にのぼったり、剥がして持って帰らないように。未来の苔を守るため。マナーを守って自然を楽しみましょう。

トレッキングを終え、汗を流すために再び温泉へ。山犬嶽から月ヶ谷温泉まではくねくね道。大きなバンでぐんぐん山道をくだります。

「大阪にはUSJがあるかもしれんけど、これが田舎のアトラクションです!」と伝えるとみんな大笑い(笑)京阪神から来た方々には新鮮だったのかもしれません。

帰ってきてから温泉でひとっ風呂。トレッキングでの汗を流し、体を温めます。あ〜〜、これこれ!この瞬間が幸せ。

お風呂の後にビール!!と言いたいところですが、グッと我慢。いっきゅう茶屋で思い思いのお土産を購入し、お待ちかねのランチRISE&WINへ。

ここが上勝テロワールの旅、最後のスポット。BBQランチとクラフトビールを堪能しに行きます。

柚子ソーダ&クラフトビール

 

上勝のクラフトビールをぐぐぐっと流しいれ、乾いた喉を潤す一同。ごくごくごく・・・ぷは~~~!!我慢していた分、余計に染み渡ります。

ランチプレートの上には手作りソーセージを使ったホットドック、リブロース、上勝の野菜たちが。ソーセージには野菜やスパイスが混ざっていて、そこらで売っているソーセージとは一味違います。リブロースもビールに漬け込んでからじっくりとグリルしてあるので、柔らかく食べやすい!大満足の一皿でした。

食べ終わった後は、店内のお土産を見たり買ったり、

外の自然を眺めに行ったり。上勝の空気を最後まで味わいました。

15:00。上勝とお別れの時間です。四国が初めての人、上勝リピーターの人、いろんな人がこの「上勝テロワールの旅」に来られました。上勝を知り、味わい、楽しみ、人と出会い、そして学び・・・。

・上勝を通して「今の自分や過ごし方」も見つめるきっかけになった

・いつもの日常から離れ、ふるさとを感じることができた

こんな声を参加者の方々からいただきました。それぞれの胸に、この2日間が刻み込まれたことでしょう。

でもまだまだプログラムは終わっていません!!私たちが作った上勝晩茶が育ち、手元に届くのです。終わってからも上勝とつながりを感じる「上勝テロワールの旅」でした!この農泊推進プログラムは11月23日24日にも開催されます!

\気になる方は下記のお問い合わせ先まで/

問い合わせ先
上勝ビジターセンター設立協議会事務局 上勝町商工会  (担当/杉本)
tel 090-2286-3027

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
roko

roko

投稿者プロフィール

島旅・ローカル旅が大好きなフッ軽系女子。いつも「次はどこ行こうかな~」と考えとります。最近、我が家に相棒(車)を迎え入れルンルン♪軽でぶいぶい元気に走り回るぞ~!

この著者の最新の記事

関連記事

あわわfree11月号

Geen11 月号

ワイヤーママ12月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。