《アートディレクター/元木文哉》徳島が生んだ若き鬼才に迫る。

   

どもども、ホンゲンです。
真夏のピークが去ったと天気予報士がテレビで伝える季節になってきましたね。
まあ汗かきの僕はまだまだ暑いのですが・・・
今年の最後の花火はいつになるかな~と思う毎日です。

さてさてそんなことは置いときまして、今回取り上げさせていただく記事は…

アートディレクター 元木文哉さん直撃インタビュー

 

 

入社して二か月でずっとやりたかった「アーティストに取材する!」を達成させていただけるとは・・・
感無量です。。感涙の極みです。。
拙いながら、一生懸命1時間みっちりお話を聞かせていただきました!
ぜひ最後までお目通しください!!

そもそも、アートディレクターって?

 

アートディレクター とは、美術表現、芸術表現をもちいた総合演出を手がける職務を意味する。商業活動のなかでは、広告、宣伝、グラフィックデザイン、装幀などにおいて、主に視覚的表現手段を計画し、総括、監督する職務である。顧客の依頼・要望あるいは、立案された計画を目的達成するための素材や表現方法を模索し決定する。 ウィキペディア先生引用

 

難しい言葉が並んでいますが、要はなんでもやりますよ!ということみたいです!(雑)
しかし、このホンゲン。一応音楽経験はあれど、美術、芸術の知識は浅く、予備知識を調べている段階で胃が痛くなる・・・。

プロフィールを拝見させていただくと、相棒のイラストやGReeeeN、初音ミク、あんさんぶるスターズ!といった僕でも聞いたことあるような作品に携わってらっしゃる・・・

どんなすごい方が来るのだろうと内心ビクビク怯えておりました・・・。

そして、緊張で我のお腹がさらに痛くなる中、約束の時はやってくる・・・。

アートディレクター FUMIYA MOTOKI

「こんにちわー!」
約束の時間に社内に響き渡る声・・・
その瞬間緊張が走る・・・(主に僕)

僕「お、お待ちしておりました!今日は宜しくお願いします!」(緊張でひきつる笑顔)

元木さん「宜しくお願いします!」(優しい笑顔)

まずは写真撮影のため玄関に案内して、写真を撮らせて頂くことに・・・
そしてこのとき僕は生まれて初めて一眼を操作するのである。
一眼を触って数分の男がプロを撮影させていただくことはなかなか貴重だよな・・・と思いながら
不慣れな手つきで撮らせて頂きました。

僕「こ、こんな感じでいかがでしょうか・・・」

元木さん「大丈夫です!なにかあれば自分で修正できるので任せてください!!」

カッコイイ&優しい!!!

内心ビビりまくってた数時間前の自分が恥ずかしくなるぐらい優しい笑顔と話口調で徐々に緊張がほぐれてきました。
なぜか僕が緊張をほぐされている・・・

 

そして、始まるインタビュー

そのまま、応接室へと足を運んでいただき、簡単な挨拶を済ませ早速インタビューに応じていただきました。
やっとこさメイントピックスです!!

新人でつたない部分が多くみられるかと思いますがお手柔らかにお願いします。。
こちらこそ!よろしくお願い致します!
さっそくですが、アートディレクターを目指されたきっかけは?
う~ん、きっかけ、というものは正直言ってないです。(笑)
やばい一問目から答えにくい質問してしまったかな・・・泣きそう・・・
もともとモノを創ること自体が大好きでアートや芸術作品以外にもいろんなことに挑戦してるうちに自然となっていたって感じですね(笑)
なるほど!もともと好奇心旺盛でいろいろなことに挑戦されていたんですね!
そうですね~。知り合いの制作会社で働かせていただいたり、ラウンジや少し煌びやかな場所に自分の作品を置かせて頂いてるうちにGReeeeNの社長さんに誘われて、そのまま芸能界へ・・・という感じでしたね~(笑)
すごい・・・(語彙力を失う)
なので、本当にアートディレクターになりたい!というか、なにかこだわりをもってこれをやる!って感じじゃなくて、むしろそこに固執しなかったからこそ幅広く制作できるアートディレクターになりました。
なるほど、ありがとうございます。こだわりを持たないからこそ視野範囲を広くもてたということですね。
次の質問ですが、個人的に徳島は大塚国際美術館をはじめアーティスティックな県だなと思うのですが、元木さんは徳島にはどういう印象をもたれていますか?
そうですね、やっぱり昔から植物が好きだったので、徳島の自然や景色というものは素晴らしいものだと思います。
そういった徳島の美の面でご自身の作品に影響があったりというものはありますか?
それは、確実にあると思いますね!
ポートフォリオを拝見させていただいたところ、シンメトリーチックな作品が多く見受けられたのですがそういったものもやはり何か影響を受けられたのでしょうか?


そうですね~。おそらくそれも自分が好きなんだと思います。僕の両親が伝統を大切にする人だったので幼少期に回った神社でみた曼荼羅だったりとかそういったものが潜在的に残っていて影響を受けているんだと思います。

 

なるほど、やはり幼少期の経験や見た景色が作品に影響されているんですね。
実は僕も昔、音楽をやっていてこういった表現することにかなり興味があるのですが、ライブLED映像も制作されているということで音楽(聴覚)とアート(視覚)で表現することの難しさみたいなものはありましたか?
それがですね、実は僕ダンスやってまして・・・
なんでもやりすぎている・・・
そういった経験もありまして、リズムだったり音で表現することに対しては特に難しいとは思いませんでした。ただ、MVだったりストーリーがあるものは歌詞とのバランスがあるのでそこが難しいかなとは思います。
なるほど、それもやはりいろんなことに挑戦された結果ですね。その元木さんが作品を制作していく中で何か見ている方へのメッセージや伝いたいことみたいなものはございますか?
ぶっちゃけないです。(笑)
ええーっ!
もちろん、制作しているときはテーマ。みたいなものはありますが、それを見てどう捉えていただくかはやっぱり見ていただく方の自由だと思うので。
なるほど。こちらが答えをだすのではなく見ていただいてるかたに感じてもらいたいということですね。
はい。
個人的に気になったのですが、こちらの作品は写真とイラストを組み合わせているのでしょうか?

いえ、これは写真を加工したものです。ほとんどの作品が写真を加工してできたものですね。
えっ!!すごい・・・!(再び語彙力をうしなう)
たとえば、どこかの民族の生活風景だったりそういったリアルなものってカッコいいじゃないですか。どうあがいてもリアルには勝てないと思うんですよ。なのでその中でそれだったら写真で表現できない、現実的にはありえないものを作りたいと思ってるんです。
なるほど、確かに人物から水滴が出たり、鯉と松が同じ位置に共存したりってことは絶対にありえないですもんね。

はい。
徳島出身のアーティストということで、今後徳島をからめたやりたいことみたいなものはございますか?
いっぱいあります!なんでもやりたいです!歌えと言われたら歌いますよ!!(笑)
なんでもやりすぎている・・・
でも本当になんでもやりたいです。もちろん個展とかもやりたいですが個人的には講演会みたいなものもやりたいなと思ってます。
講演会?
はい。僕は僕の作品というより、僕の生き方をいまの高校生や学生に見てもらいたいんです。就職で悩んでる方や、きちんと学校卒業して、就職して・・・みたいに頭いっぱいになってしまってる方にこういう生き方もあるんだよと教えてあげたいんです。
なるほど。様々な経験をされた元木さんだからこそできるお話ですね。
そうなんです。ジャングルで生活していたこともあったし・・・必ずしも就職すればいいって・・・
えっジャングル!?
はい(笑)ジャングルで生活してました(笑)身振り手振りで会話して、大学生の時に経験してたマッサージのスキルを活かして現地の人たちと仲良くなりました(笑)
すごい・・・なんでもしているというレベルではないですね・・・(笑)でも、確かにそういったお話を学生の方にしていただけると絶対視野範囲がブワーーーッと広がるとおもいますよ!
そうですね。本当に道は一つじゃないってことを伝えられたらなと思います。自分の影響で、アートディレクターという職業、もちろんアートディレクターだけじゃなくて職種を知らない子供たちのなにかきっかけになれたら一番いいです!
素晴らしいです!その中で何か直近でイベントがあったりしますか?
実は今はないです!(笑)ただ随時募集していますので、本当に何でも声をかけてください!なんでもやります!フットワーク軽いので!(笑)
なるほど・・・すごい・・・あわわでも何かコラボできることがあったらぜひご協力よろしくお願い致します!
ぜひ!宜しくお願いいたします!
本日はお忙しい中ご足労いただきありがとうございました!頑張って記事にします!!
はい!こちらこそありがとうございました!

そうして優しい笑顔と軽いフットワークを見せ元木さんはお帰りになられました・・・

先鋭的な印象を受ける作品とは正反対な人柄で、終始僕がひたすらお話に食いついているだけのインタビューにはなりましたが(ほとんどほえ~すごい・・・しか発していなかった)
密度濃い時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました!

元木さんの作品・プロフィールは下記URLにて閲覧できますのでぜひ!

問い合わせ先
info@fumiyamotoki.com
ホームページ
http://fumiyamotoki.com/
備考



1988年徳島県生まれ。
学生時代に映像会社の手伝いや、知人のイベントデザインを引き受けているうちに若手クリエーターとして注目されるようになる。
大手事務所や有名ディレクターに実力を認められ、
GReeeeN10周年記念コンサートの舞台映像や、
テレビ朝日系のドラマ「相棒」シリーズ・「ドクターX」シリーズの広告デザインやビジュアルディレクションに携わった。
海外ではThePeninsula Hotel発行本の表紙を飾り、
グラミー賞ノミネートアーティストのデザインを毎年手がけるなど活動の幅を国内だけにとどまらずグローバルに活躍している。
高校生の頃から単身で海外を旅し、さまざまな国で現地の人と交流してきたことがグローバルな視点と独特な感性の礎となっている。
細やかな観察力と鋭い感性で切り取られた「現実」は写真に勝る「リアル」を構築する。
独特な色づかいと複雑な細い曲線の組み合わせによって生み出された不思議な世界。
現実と非現実の絶妙な融合。その境界線に凜と佇む作品群は、国内のみならず海外からも高い評価を得ている。
温和で柔和な物腰で、コミュニケーション能力にも優れており、
極めて常識人である彼が作り出す世界はしかし、常識を超越した鋭さで異彩を放っている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンゲン

投稿者プロフィール

生まれた時から約2000冊以上の漫画に囲まれ育ち、
漫画、アニメ、音楽、古着、アイドルをこよなく愛する
日光苦手系ハイパーサブカルインドア男子!!
県外出身者の目線から徳島のサブカルチャーをお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。