《鳴門市/釜揚うどん 一匠》これは必食! 格が違う名店の傑作うどん。溺れたいだし、ナンバーワン


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

 

うどんの聖地・香川県のお隣さん、我らが徳島県。そんな、私たち徳島県民にとって馴染み深いうどん

「あっさりしていて食べやすいよね!」

たかがうどん、されどうどん。そんな一言で片づけてほしくありません! 

うどん×うまみが光る個性的なだし
うどん×こってり系のトッピング

うどん×洋食材とのコラボレーション…
うどんの可能性は無限大で、その楽しさは“あっさり”で“シンプル”な味わいだけにあらず。

嗚呼、うどんの傑作品を食したい!!!

 

今回は、編集部が自信を持って「格が違う」と言い切れる傑作品を持つうどん店をご紹介いたします。名店が贈る、傑作の一杯…ぜひ堪能してください!!!

 

釜揚うどん 一匠(いっしょう)/鳴門市大津町

釜揚げうどん 650円
ドアを開けた瞬間、湯気とともに立ちのぼるかつお節やいりこの良い香りで満たされて、そのおいしさを確信できます。

他店の倍量はありそうなかつお節・いりこ・昆布でとっただしは濃いのにやさしく、少し塩味のある麺となじんで、じわ~っと体の中に染みていきます。

一人ひとつ付くショウガは後半に投入を。正直だしだけで十分おいしいのですが、ショウガが入ることで味も香りもシャキッと引き立ち、こちらも絶品。このだしになら溺れてもいいな。

 

 

 

味覚プラス嗅覚・視覚も満たされる

『釜揚げうどん 一匠』では、つるっとしたうどんを、3種類のかつおぶしと利尻昆布、伊吹島のいりこをふんだんに使ったダシにつけていただきます。

茹でたての提供なので少々待つ場合がありますが、いい香りに包まれ、カウンターの向こうで麺を打つ店主に見惚れているとそんな時間さえあっという間!

 

釜揚うどん 一匠
住所
鳴門市大津町矢倉六ノ越37-3
電話番号
088-685-2733
営業時間
11:30~14:00※売切次第終了
定休日
火曜
座席数
テーブル14席、カウンター7席、座敷18席
駐車場
15台
備考
喫煙可
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんも

がんもweb事業部

投稿者プロフィール

ある時はWEB事業部アルバイター、またある時はイヤイヤ期真っ盛り2歳男児ママのがんもです。Uターンしてきて3年。徳島の良いところをもっと知りたい!…なのに何故か、Eテレとアンパン◯ンと恐竜全般に詳しくなってゆく。そんなアラサーです。がんもです。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ11月号

Geen10 月号

あわわfree9月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。