【阿波おどりガイド2019/おすすめ観光スポット】徳島市・佐那河内村・上板町・阿波市・勝浦町・美波町


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

明日からはじまる鳴門市阿波おどりを皮切りに

いよいよ令和初の阿波おどりが幕を開けます

すでに観覧予定している皆様は、阿波おどりの前の予定は決まっていますか?

県内多くの阿波おどりが夕方からスタートしますが、せっかくなら徳島をめぐってまる1日楽しんでしまいましょう!

各地の阿波おどり情報はこちらをチェック

 

徳島市 『徳島新鮮なっとく市』

阿波の幸を1年中楽しめる食のテーマパーク。しかし、ただ食べるだけの場所でなく、海沿いの立地を活かしたマリンレジャーも体験できます。シーカヤックは、夏休み期間限定で毎日受付(事前予約制)。

一人500円で利用できる釣り堀はにはハマチ、カンパチ、伊勢エビなどが泳いでいて、釣り上げた魚やエビは持ち帰り用にさばいてくれたり、調理したりしてくれます(別途料金必要)。

いっぱい遊んだあとはテラスでバーベキュー(席料は中学生以上300円、6歳以上200円、幼児無料)。炭起こしはスタッフさんがしてくれますし、肉・魚介・野菜は購入できるからシンプルに楽しむだけでOK!

肉がメインのセット、海鮮がメインのセット、子ども向けのセットなどを取り扱っています。

徳島県内の名産品からオリジナル商品まで。おみやげは物産館で!

■DATA

tel.090-4973-1664(バーベキュー)、tel.080-2997-3679(釣り堀)、tel.080-2997-9987(シーカヤック)

徳島市東沖洲2-14

営/徳島新鮮なっとく市 平日10:00~20:00、土・日・祝10:00~21:00

※営業時間は店舗ごとに異なる ※8/12~16は土・日・祝の営業時間で営業

休/8月は無休 P/約100台

名東郡 佐那河内村

大自然のなかでリフレッシュできる徳島県内で唯一の村・佐那河内。写真の大河原高原はデートやドライブスポットとして人気の場所で、頂上付近には巨大な風量発電機があり、大自然との対比はアートのようにも感じられます。

近くに牧場があり、運がよければ可愛い牛たちにも出会えます。

頂上付近で販売しているソフトクリーム(300円)が絶品なので、ぜひ試してみてください。

■DATA

名東郡佐那河内村上大河原

P/有

お腹が減ったときににおすすめは『新家』。こちらのカフェスペースでは、地元のお母さんたちのグループが日替わりでワンコインランチ(月~木曜)を提供しています。

1日30食限定なので、どうしても食べたい場合は事前予約がおすすめです!

■DATA

tel.088-636-4030

名東郡佐那河内村上字宮前84-1

営/11:30~13:00

休/金・土・日曜、祝日(8/13~15、19・20は休)

席/30席 P/約10台

 

上板町『技の館

上板町は町の花が“藍”というほど古くから藍染の原料になるすくもの生産地として知られています。『技の館』では化学薬品を一切使わない染料でハンカチやエコバック、キッズサイズのTシャツなど、普段使いしやすいアイテムの中から選んで藍染体験をすることができます。

料金は

・ハンカチ(800円) ・半袖Tシャツ(100cm、120cm、130cm)2,800円 ・半袖シャツ(XS~XL)3,500円

・レーヨンストール2,500円 ・エコバック(S)1,500円 ・エコバック(L)2,000円など

■データ

tel.088-637-6555

板野郡上板町泉谷字原東32-4

営/9:00~17:00(体験受付は~15:30)

休/月曜(祝日の場合は営業、翌日休)、年末年始

料金/入館無料、体験料はメニューによって異なる

P/150台

阿波市

徳島県中央北部に位置する阿波市の名物といえばたらいうどん

うどんをたらいのような木製の飯盆に入れ、つけ汁につけて食べる郷土料理です。

国道318号線を山奥へ進んでいくと、清流沿いにたらいうどんの専門店が続きます。

各店こだわりの味があるので、見つけてみてはいかがですか。

清流に生息する沢ガニの唐揚げもおすすめです。

■御所のたらいうどん専門店リスト

一天たらいうどん  tel.088-695-2257

樽平 tel.088-695-4385

たらいうどん新見屋 tel.088-695-2068

かねぎん坂野 tel.088-695-2081

平谷家 tel.088-695-2262

福助 tel.088-695-2303

また、阿波市は竹糖(サトウキビ)の産地としても知られ、阿波市産の竹糖のみを使った無添加和三盆糖『大無類和三盆』も生産されています。和三盆専門店『わんさんぼん』ではこちらを使った干し菓子づくりが体験できます。また、伝統的な季節のモチーフほか、クリオネなどの変わったデザインまで約30種類のデザインが選べます。

体験には予約が必要で、約30分で一人2,000円

■DATA

tel.090-4500-7117

阿波市吉野町西条字東蛯御前271-2

営/9:00~17:00 休/木・金曜、毎月最終日曜

国道318号線沿いは通称“フルーツロード”と呼ばれ、夏にはブドウの直売所が立ち並び、カラフルなブドウが店先を彩ります。ぶどう狩り体験ができる農園もあるのでチェックしてみてください。

■DATA

tel.0885-35-4211(阿波市観光協会)

 

勝浦町

徳島市中心部から車で約30分。国道55号線の勝浦川橋南詰交差点を西へ進むと、国内最古級の恐竜化石含有層が発見されるなど、今話題の勝浦町へたどり着きます。

『阿波地美獲 あおき』では、恐竜の化石にちなんだ[恐竜発掘アイスクリーム](540円)を販売しています。スコップ状のスプーン片手にアイスを食べ進めると、そこには恐竜の姿が! 恐竜は4種類(ティラノサウルス、ティタノサウウルス、トリケラトプス、ステゴサウルス)。何が発掘できるかはお楽しみです。

■DATA

tel.0885-42-3008

勝浦町大字中角字大藪30-1

営/11:30~18:30ラストオーダー(ランチタイムは~14:00ラストオーダー)

休/火曜 ※8/13は休

P/30台

 

『和菓子処 前松堂』の[ほたようかん](2個210円)は、老若男女に愛されるお菓子。糖類は黒糖100%という贅沢仕様で、黒糖の香りとなんとも言えないもっちりとした食感は、食べる人を幸せな気分にさせてくれます。

■DATA

tel.0885-42-3025

勝浦町沼江西岡27-3

営/8:00~19:00

休/月曜 ※8/12は営業

P/5台

地元食材を使ったケーキや焼き菓子に定評がある『ケーキショップ みりか』。写真の[恐竜のあしあとクッキー](180円)は、可愛い形でプレゼントにぴったり。

■DATA

tel.0885-42-3901

勝浦町大字三渓字下川原72-1

営/10:00~20:00

休/無休

P/3台

『恐竜の里』には四国ではじめて恐竜(イグアノドン)の化石が発見されたことを記念し、恐竜のオブジェが設置されています。最近ではティタノサウルスの化石も発見されるなど、勝浦町で一番ホットな場所です!

■DATA

tel.0885-42-1505

勝浦郡勝浦町大字棚野中立川

 

勝浦町の名産品や飲食店、観光情報が揃う『道の駅ひなの里かつうら』。勝浦町に来たらぜひ帰る前にたちよってほしい場所です。

かつうらみかんをなんと60gも含有[ちょぞっ娘ソルベ](1個300円)。

無添加の[ストレートみかんジュース](180ml・250円、720ml・820円)

夏季限定[梅しそぶっかけ小](450円)。

[カレーラーメンセット](800円)。

隣接する『JA 東とくしま よってネ市』には、勝浦町産の野菜・果物を中心に、調味料や惣菜、加工品がズラリと並びます。

■DATA

tel.0885-44-0112

勝浦町大字生名字月ノ瀬4-1

営/9:00~18:00

休/第4月曜

P/100台

 美波町 『日和佐うみがめ博物館カレッタ』

透き通る美しい海が魅力的な美波町。町内にある大浜海岸はウミガメの産卵場所にもなっています。『カレッタ』は世界的にも珍しいウミガメの博物館で、世界中のウミガメのはく製や進化の過程が展示されているほか、0~3歳のウミガメの赤ちゃん様子を観察したり触れ合ったり、ウミガメ博士になれる(!?)クイズも用意されています。写真は屋外の広々としたプールで泳ぐアカウミガメの浜太郎。実はこの浜太郎、確認されているなかで世界最高齢のウミガメで、8/13で69歳になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土・日曜、祝日、お盆期間はイベント盛りだくさんで、エサやりやふれあいを通じて、ウミガメのことをもっと知ることができます。もちろん自由研究にもぴったり!

■DATA

tel.0884-77-1110

海部郡美波町日和佐浦370-4

営/9:00~17:00

休/月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)※8/12・13は開館

P/有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まっつん

まっつん企画制作部

投稿者プロフィール

成人式トリマクリで「雑誌編集者になりたい!」と書いてアピールするコスい手を使って憧れだったあわわに入社。大好きな声優のライブのためなら首都圏へも一人で遠征できるハートの強さと上司に怒られても瞬間的に意識を飛ばすスキルで仕事をこなす永遠の若手。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ9月号

あわわfree8月号

Geen8月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。