《海部郡/お宿・キッチン みつ佳》泊まらなくても食べられる宿めし。 真心こもった家庭料理でおもてなし


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

 

ぽっかり空いた休日…。
せっかくならどこかへ行きたい。宿泊せずとも、少し遠くまで。

それなら、非日常感あふれる旅先の宿ごはんを味わいに行きませんか?

その土地の旬野菜や魚介がつまった宿泊施設の食事。
日帰りで昼に食べられるところが、徳島にはたくさんあるんです。

自然豊かな場所にある秘境の宿、隠れ家的な雰囲気に心が安らぐ宿。
それぞれの風土が育んだ、自慢の昼ごはん!

ノスタルジックな雰囲気と非日常のランチに癒やされる女子旅や
子どもたちに新しい味覚の体験をさせてみたい、ファミリーのプチ旅におすすめですよ。

 

 

 

※昼ごはんは1名分の価格です
※宿泊は大人1名分の価格です
※予約が必要な昼ごはんについては、お電話にて予約をお願いします
※各宿の状況により、昼ごはんの予約を受けられないことがあります

 

 

お宿・キッチン みつ佳/海部郡海陽町

みつ佳のミニ懐石ランチ 1,800円

和食を中心に、洋風テイストを加えたオリジナル家庭料理が提供されます。元々料理好きで、東京で過ごした会社員時代に世界各地の料理を食べ歩き、おいしいと思ったものをアレンジしてホームパーティーなどで振る舞っていたそう。

「徳島は食材が本当においしい。素材の良さを味わってもらいたいので、手をかけすぎないようにしています」。とはいえ前菜4種類、主菜2種類と豊富な品数にひと手間もふた手間も加えられた料理はすきがありません。当日朝10時までに予約すれば夜のコース料理(3,000円~)も対応可。

ランチタイム/11:30~14:00
予約/前日まで
人数/2名以上

 

 


▲風情ある門構えが世界各地から訪れるゲストをお出迎え。お遍路さんも歓迎だ。

夫のサーフィン旅行に付き添って訪れた海陽町で、町の空気や自然の美しさに魅せられて、2017年の夏にゲストハウスをオープン。『みつ佳』はおかみである國方さんのお母さんの名前から。ゲストハウスに花を添える調度品の数々が満佳さんの持ち物だったことから、いっそ名前も借りてしまおうとその名が付けられたそうです。


おかみの國方さん。以前は都心でバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンだったそう。

 

宿泊データ
和洋折衷に多彩なゲストを迎える
おかみの故郷・新潟の蔵に眠っていた掛け軸や着物といったレトロな調度品と現代のインテリアを組み合わせた趣ある空間。英語での対応も可能なので海外からのゲストも多い。
料/素泊4,500円、1泊2食付8,200円

 

 

お宿・キッチン みつ佳
住所
海部郡海陽町宍喰浦宍喰145
電話番号
0884-70-1509
駐車場
3台
ホームページ
https://mitsuka-shishikui.jimdo.com/
備考
禁煙(喫煙スペース有)
フリーWiFi有
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんも

がんもweb事業部

投稿者プロフィール

ある時はWEB事業部アルバイター、またある時はイヤイヤ期真っ盛り2歳男児ママのがんもです。Uターンしてきて3年。徳島の良いところをもっと知りたい!…なのに何故か、Eテレとアンパン◯ンと恐竜全般に詳しくなってゆく。そんなアラサーです。がんもです。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ10月号

あわわfree9月号

Geen9月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。