《阿南市/ゆきや荘》泊まらなくても食べられる宿めし。海の幸がてんこ盛り! ごちそうが大皿にズラリ


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

 

ぽっかり空いた休日…。
せっかくならどこかへ行きたい。宿泊せずとも、少し遠くまで。

それなら、非日常感あふれる旅先の宿ごはんを味わいに行きませんか?

その土地の旬野菜や魚介がつまった宿泊施設の食事。
日帰りで昼に食べられるところが、徳島にはたくさんあるんです。

自然豊かな場所にある秘境の宿、隠れ家的な雰囲気に心が安らぐ宿。
それぞれの風土が育んだ、自慢の昼ごはん!

ノスタルジックな雰囲気と非日常のランチに癒やされる女子旅や
子どもたちに新しい味覚の体験をさせてみたい、ファミリーのプチ旅におすすめですよ。

 

※昼ごはんは1名分の価格です
※宿泊は大人1名分の価格です
※予約が必要な昼ごはんについては、お電話にて予約をお願いします
※各宿の状況により、昼ごはんの予約を受けられないことがあります

 

ゆきや荘/阿南市椿泊町

コース 5,400円

 

お造り、煮付け、焼き魚、フライ…。「この値段でこんなに食べられるの!? 」と思わず声に出してしまいそうなほど、机いっぱいに並ぶ料理の数々。その日に椿泊漁協で仕入れた魚介を惜しげもなく使用した料理たちは、漁師町ならではの豪快な逸品ぞろい。どれも、海の幸をこれでもかと盛り込んだ規格外のボリュームです。

大皿いっぱいに盛られた刺身は、今が旬のイサキとホウボウ。写真は2人前だが、なんと1人につき2尾分が盛られているんです。お造りはこれだけでなく、これから旬を迎えるアワビも堪能できます。貝類は、仕入れ後の数日間海に浸けたままにし、胃の内容物をクリアに。貝本来の風味をよりぜいたくに感じられるそうです。

これだけでもお腹いっぱいになりそうですが、小鉢の酢の物から伊勢エビのみそ汁(濃厚なエビみそが溶け込んでいてもう最高!)など、箸休めや副菜まで主役級の輝きを見せてくれるので、海の幸を食べつくしたい人は必訪ですよ。

ランチタイム/12:00~20:00
・予約/7日前まで
・人数/2名以上
※写真は2人前


3年前に改装し、建物は新しくなったがどこか懐かしい雰囲気。2号館、3号館もあります。

 

笑顔がチャーミングな、ゆきや荘おかみの智子さん。旬魚のおいしい食べ方を教えてくれますよ。

宿泊データ
実家のように温かい、漁師町の宿
細い道を根気強く進むと現れる海沿いに建つ民宿。3年前にリフォームし、3号館まで増築した。食事を楽しんだあとは、磯の香りを感じながらまったり散歩するのもオススメ。
料/素泊3,500円~、1泊2食付7,560円~

 

ゆきや荘
住所
阿南市椿泊町東55
電話番号
0884-33-0070
駐車場
30台
備考
禁煙
フリーWi-Fi有
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんも

がんもweb事業部

投稿者プロフィール

ある時はWEB事業部アルバイター、またある時はイヤイヤ期真っ盛り2歳男児ママのがんもです。Uターンしてきて3年。徳島の良いところをもっと知りたい!…なのに何故か、Eテレとアンパン◯ンと恐竜全般に詳しくなってゆく。そんなアラサーです。がんもです。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ11月号

Geen10 月号

あわわfree9月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。