《吉野川市/農家民宿&レストラン きのこの里》泊まらなくても食べられる宿めし。ヘルシーで見目麗しい美郷流マクロビオティック御膳


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

 

ぽっかり空いた休日…。
せっかくならどこかへ行きたい。宿泊せずとも、少し遠くまで。

それなら、非日常感あふれる旅先の宿ごはんを味わいに行きませんか?

その土地の旬野菜や魚介がつまった宿泊施設の食事。
日帰りで昼に食べられるところが、徳島にはたくさんあるんです。

自然豊かな場所にある秘境の宿、隠れ家的な雰囲気に心が安らぐ宿。
それぞれの風土が育んだ、自慢の昼ごはん!

ノスタルジックな雰囲気と非日常のランチに癒やされる女子旅や
子どもたちに新しい味覚の体験をさせてみたい、ファミリーのプチ旅におすすめですよ。

 

 

 

※昼ごはんは1名分の価格です
※宿泊は大人1名分の価格です
※予約が必要な昼ごはんについては、お電話にて予約をお願いします
※各宿の状況により、昼ごはんの予約を受けられないことがあります

 

 

農家民宿&レストラン きのこの里/吉野川市美郷

里山ランチ 1,500円

『きのこの里』の料理は、肉・卵・乳製品などの動物性食材は使わず、地域で採れた旬のものを食べるマクロビオティック料理。

「野菜や山菜など、美郷の良いものを使うので、私たちは“美郷流マクロビ”と呼んでいます。健康的で、体の中からきれいになるようなメニューばかりですよ」と宿主の川村さん。

御膳の中でもひと際目を引くのが野菜の握り寿司。シイタケやキュウリが美しく盛られ、食べるのがもったいないほど愛らしい! さらに一晩水につけておくことで、ぱさつきやすい玄米が驚くほどもっちりとした食感に炊き上がっています。梅肉や、梅の種の核(天神様と呼ばれている)も登場し、梅の産地・美郷らしさが味わえるのもうれしいですね。
リピーターも多く、「手間がかかるお料理ですが、手抜きしないでまじめにコツコツやってきてよかったです」と川村さん。プラス500円で野菜の天ぷらかアメゴの塩焼きを付けることも可能。

ランチタイム/11:30~14:00※応相談
予約/前日まで
人数/1名以上

 


明るい笑顔で迎えてくれる宿主の川村さん夫妻。食材などについても丁寧に教えてくれますよ。


川村さんが作る干しシイタケや切干ダイコン、柿の葉のお茶は購入することもできます。

 

宿泊データ
開放的で、スローな時間が流れる里
海外からのお客も多い古民家宿。山肌に建ち、ふすまを開ければ目の前には山々が広がる。そば打ちやこんにゃく作り、マクロビスイーツ作りといった体験も実施(3日前までに要予約)。
料/ 素泊まり4,500円、1泊2食付6,500円

 

 

農家民宿&レストラン きのこの里
住所
吉野川市美郷字田平199-1
電話番号
0883-43-2370
駐車場
5台
ホームページ
http://www.cnet-oe.ne.jp/kinokonosato/
備考
禁煙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がんも

がんもweb事業部

投稿者プロフィール

ある時はWEB事業部アルバイター、またある時はイヤイヤ期真っ盛り2歳男児ママのがんもです。Uターンしてきて3年。徳島の良いところをもっと知りたい!…なのに何故か、Eテレとアンパン◯ンと恐竜全般に詳しくなってゆく。そんなアラサーです。がんもです。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ10月号

あわわfree9月号

Geen9月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。