《徳島市/ええでないか》品質は高く、価格は安く。徳島産まれの貴重な野菜をピックアップ!


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

「徳島の野菜の価値をたくさんの人に理解してもらいたい」。それが野菜のセレクトショップ『ええでないか』のはじまり。発起人はれんこん農家8代目の新居さんと若手実業家の烏野さん。ここが一般的な直売所と違うのは、風味はもちろん栽培方法までこだわって作られたものを二人が実際に食べて、本当においしいと感じたものだけを販売しているところだ。取材日(6月初旬)はハウス栽培のれんこんや完全無農薬の小松菜などが並んでいたが、実はこれ、通常は多くが県外に出荷されるため県内ではほとんど流通していない野菜だという。そんな貴重な野菜を扱えるのは二人が約2年半かけて農家に足を運び、熱意を持って交渉したから。多くの人の応援を受けて、徳島が誇る上質な野菜やフルーツが、県民の口に入るきっかけになる場所が完成した。


駐車場は店舗横のほか、店舗裏の水路の西側にもあり。


スーパーではあまりお目にかかれない[ちいたけ]。

野菜のセレクトショップ ええでないか
住所
徳島市川内町平石古田74-1
電話番号
090-6281-6032
営業時間
10:00~18:00
定休日
第1・3水曜
駐車場
7台
ホームページ
https://www.facebook.com/tokushima.eedenaika/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわわfree11月号

Geen11 月号

ワイヤーママ12月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。