(たぶん、きっと、おそらく)初潜入!大人気メニューの裏側でごわす


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

どうも、のんのです。

最近、片目がピクピクします。

ググッてみたら、目の周りの筋肉の “栄養不足” によるものなんですって。

オウノウ。

最近、右足の薬指が痛がゆいんです。

病院いって、靴下脱いで見せたものの0.4秒くらいで

「あ、しもやけです」

って言われました。

 

地味な肉体の衰え、悲しみしか沸いてきません。

ドチクショー!!!!!!

 

もはや仕事で心と体を癒すしかないっ!

 

ってことで、なんせ私の元気のモト(冬樹)は

ワクワクする取材。

長年編集やってても初めてのお店や人に会うのは楽しいもんです。

 

ってことで、今回行ってきたのは

新浜の「カサブランカ」さん!

 

kasa00

 

「え、編集歴長いのに名店取材したの初めて!?」

とおっしゃりますか?

ノンノン!

 

もちろん、お店には何度も取材行っております。

しかも今のシーズンは大大大大大大大人気の

いちごフェア開催中!

 

こちらのいちごスイーツを、ここ6年くらい毎年のように取材している私に

そんな言葉、言うんじゃないですってことですよ!

(謎の怒り)

 

なんつっても

自家農園のいちごを使ったいちごメニューがすごくて

 

casa01

これ、登場以来不動の人気を誇るいちごパフェ。

 

すごくない!?

パフェっつってんのに

生クリームより、アイスクリームより

いちごが多い。

1パック半のいちごが入っているっていうんだから

これでどんだけビタミンC摂れるかっつーことですよ、奥様!

 

ほかにもいちごいっぱい使っているのですが

今年になって初めて気がついたのです。

カサブランカのいちごって自家農園。

どんな自家農園なんだろうか、と。

 

知りたくなったらいられないのが編集者の性。

オーナーさんにお願いして行ってきました、

自家農園(というかハウス)。

 

徳島市内某所にあるビニールハウス。

中に入ると

 

casa02

ひっろーい!!!!!

てか

すごーい!!!!!

 

一面いちご、いちご、いちご!

いちごパラダイス!!!!

 

水耕栽培で育てているいちごは

市場にも出回っていますが

獲れたてを「カサブランカ」に届けて

それをメニューに使っているんです。

そりゃ、美味しいよね。

 

casa03

元々はいちご農家だった初代オーナーがカフェをするにあたり、

自分たちの育てたいちごを使ったメニューを出そう!とはじめたのが

いちごフェア。

それが30年以上前の話です。

今ほど、どのお店でもいちごフェアやってる、なんて状況じゃないわけで

スタートするや、超人気に!

それが今まで続いて

お店の代名詞的イベントになっているなんて

続けるって大事ね!

 

ハウスにはピッカピカのいちごがいっぱい!

特別にその場でとっていただきました。

 

casa04

うまいっ!

新鮮そのものってのもありますが

みずみずしさや甘さがパネエ!

 

初めてハウスにお邪魔しましたが

生産者さんから話を聞きつつ食べると

なお、美味しく感じますね。

 

人気出るわけだ!

 

人気の秘密、初めて知ったのんのでした。

 

特に今のいちごが格別美味しいとの情報いただきました。

パフェはいちごをたくさん使うので

営業時間中にオーダーストップになる日もあるそう。

 

お早めに、ですよ!

 

 

最後に

去年から出ている顔だしパネルでちょける著者。

casa06

 

かっこわるいぜ、Wピースwwww

笑顔だけど

目はぴくぴくで足はカイカイだからね!

 

ダレ得情報よ、とツッコミマイセルフ。

 

ではまた!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のんの

のんのワイヤーママ編集部 編集長

投稿者プロフィール

ワイヤーママ編集長。初心者マークの緑の部分を塗る仕事と迷ったあげく、(株)あわわへ入社。 この春ワイヤーママ編集長に。柴犬とチンチラのかわいさは最強だと信じて疑わない。レンジで温めたパックご飯を開封するときに火傷を負ったのが最近のニュース。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ11月号

Geen10 月号

あわわfree9月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。