【エシカル消費活動】『ちょっぴり幸せを贈る』。日常のちょっとした心がけが、“善”の連鎖を生む板野町の取り組み


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

地域でできることは地域からと、町ぐるみでエシカル消費に先進的に取り組む板野町。『エシカル消費』というキーワードだと、まだ耳慣れなく、ピンとこない方も多いと思うので昔からしてきた『エコ活動』や『リサイクル』などを含んだ社会や環境に良い“善な行い”を想像するとわかりよいと語ってくれた板野町役場の大磯さんによると

様々な親子エシカル体験会も開催してきた甲斐あって、「ママ、マイバッグちゃんと持ってきた?」「エシカルのために、こっちの商品を買おうよ」など子ども達の声をスーパーで聞くようになり、エシカルに取り組んできた成果を感じているそう。

「もったいない精神をご年配の方が、若い人達に伝えることもエシカルの活動なんですよ。ものを大事にする→ゴミを出さない→ゴミ処理に余分なお金をかけない→税金がもっと有効活用できる。個人でも、会社でも、行政でもそう、全体でコレを必ずしようなんて決めつけないで、得意な事から、それぞれのできる範囲でやっていくと良いんです。町民一人ひとりがちょっとずつ考えて取り組む、そうして町が動くと県が動く。国が動く。大きなうねりがさらに良い結果をもたらす、それがエシカル消費というもの」。

板野町役場 産業課
主事 大磯 友花(おおいそ ゆか)さん

今後は、異業種交流の渦から、行政ではなく町の企業が主体となって新商品の開発を予定している。3カ年計画での取り組みの集大成になるような商品が発表される日は近い。エシカル消費を一言で伝えてもらうとすれば、何ですか?の質問に『ちょっぴり幸せを贈る』ことと回答してくれた大磯さんら板野町役場の取り組みに拍手を贈りたい。

実績1
2800人以上が参加した、あさんウォーキングフェスタでは、エシカルブースにも500人以上が興味をもってアンケートにも協力してくれた。また同フェスタで配布されたナンバーカード(ゼッケン)自体も再生紙を活用したものだ。

実績2
板野町成人式で、フェアトレードチョコレートを配布し、エシカル消費を身近に感じてもらう、啓発を開催。これからの板野町を担っていく新成人に、身近なチョコをきっかけにエシカルを知ってもらう同活動は2年連続で開催された。

実績3
夏休みに町内の小学生親子を対象に、藍の生葉の刈りとりから、藍染め体験までの教室を教育委員会とともに開催。また同昼食は「エシカル消費自主宣言」の板野町ふるさと味作り研究会が担当し、地産地消についても実体験で学んだ。

 

手作りの大型紙芝居等で、子ども達だけでなく、体験会参加者全てに、わかりやすく興味を持ってもらえるよう伝えることを心がけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぎゃるど

ぎゃるどweb事業部

投稿者プロフィール

20数年前まだ無かった「あわわ販売部とあわわサイトとあわわ連を作らせろ」と初代社長にアピールし「キミ変なけん、学校辞めて来ぃだ」と入社。途中ワイヤーママを経て再度あわわに合流。本人はエクセルと一太郎が使えるので総務販売経理部のつもりでいたが、スマホ依存症のためweb事業部配属に。会社から提供された社用ガラケーが使いこなせず、旅に出る。【2019年4月まで在籍】

この著者の最新の記事

関連記事

Geen5月号

あわわfree5月号

ワイヤーママ6月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

WOMAN FESTA in TOKUSHIMA

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

オススメ記事

  1. PICK UP! 今週のピックアップイベント! みらいフェスタinいしい 5/19(日)10:…
  2. ワイヤーママ最新号を読んで、アンケートに答えてお食事しちゃおう! 【応募方法】 下記「応募フ…
  3. ワイヤーママ最新号を読んで、アンケートに答えてもらっちゃおう! 【応募方法】 下記「応募フォ…
  4. フェスティバル ~5/12GW大住宅祭 (とくしま総合住宅展示場) 5/12徳島駐屯地開…
  5. フェスティバル 5/4,5フリューリングスフェスト2019(鳴門市ドイツ館) …

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る