アラフォー突入記念(じゃなくて仕事で)池田の廃校カフェに行ってきた


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

どうも、のんのです。

 

私事ですが

昨日誕生日で、36歳になりました!

 

・・・・・・

 

img_6

 

ほんと、

ギャー!!!!!

ですよ。

 

この歳まで、編集と言う仕事でバリバリやってるなんて

ほんの数年前まで知らぬ仏のお富さんです。

入社した頃なんて

「あー、やっぱ20代後半で結婚したいからあ

編集長とかになる前に結婚して退職しちゃったりするのかなーあ」

なんて思ってたけど

全然。

むしろ編集長になってその先におります。

なにこのゾーンw

どの域までいくというのだ。

 

まさかまさかを重ねて、いたる現在。

まあ、それなりに幸せですw

 

でも年末から、謎の胃腸痛とか、右足の薬指だけ赤く腫れるなど

体はどんどん老いております。。

マジで、目標は

健康第一!!!!!

元気あっての仕事やプライベートですからねー。

気をつけて、楽しく暮らしていきますわ!

 

という誕生日の日。

 

私は、池田に車を走らせておりました。

 

去年の夏から、ちょくちょく取材に行っている

「ハレとケ珈琲」さんに行くためでごわす。

 

どんなとこにあるというと

 

まず、井川池田ICを降りて、かずら橋の方へ。

かずら橋に行く感じで進むと

 

haretoke02

松尾川温泉の看板が見えてきます。

ここを左に曲がります。

 

で、松尾川温泉のほうへグイグイ進むと

 

haretoke05

青い看板の下に、「ハレとケ珈琲」っていう看板が見えます。

 

これをぐーっと行きまして

 

haretoke05

「出合小学校」の看板が見えてきたら、そこを左へ

坂道をぐーいぐい登ると

 

haretoke07

はい、到着!

 

「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん

カフェちゃいますやん 学校やん~」

 

と8.6秒バズーカが言いそうな感じですが

間違ってません。

廃校をいかしたカフェなんでございます!

 

haretoke13

ね、あってる。

 

ここはサテライトオフィス「ハレとケデザイン舎」であるとともに、「ハレとケ珈琲」でもある複合施設。

ここの代表の姉・植本修子さんはデザイナーで、妹の綾子さんは洋菓子研究家。

修子さんが三好市の廃校舎視察ツアーに参加して、三好の自然の美しさや人の温かさに触れ東京から徳島への進出を決意されたそう。

 

10月のオープン以来

全国誌がいくつも取材にくるほどの話題に。

 

学校からカフェー?と思うでしょーが

 

haretoke09

中は教室だったと思えないほど、レトロかわいい!

 

お二人を中心に地元の人と協力して作り上げたそうです。

 

カフェの横にはキッズスペースがあり、お子ちゃまと一緒にご飯とかをのんびり食べられます。

haretoke14

モデルを頼むと、キリッとした表情を見せてくれた子どもちゃん。

 

 

haretoke08

廊下もなんだかいい感じ。

 

 

カフェでは、カレーやピッツァなどはもちろん

東京ではフランス洋菓子の教室の講師でもあった綾子さんの作る

あまり見たことのないようなケーキやスイーツに出会えます。

haretoke11

これは、イチゴの季節に出しているベリードロップ。

ホワイトチョコとイチゴがマッチ♪

 

焼き菓子も充実しているんですが

どのメニューにも共通しているのが

地元産のものをできるだけ使うということ。

「これ食べるで?」と持ってきてくれたクルミやはっさくなどを使ったり

地元でとれたニホンミツバチのハチミツを使っていたり

ここにいるからこそ作れるものを目指しているそうです。

haretoke10

どれも美味しいんだから、ほんと。

 

なにより

徳島の山奥の自然がドーンと広がる

校舎という、なんだか懐かしくなる場所で

過ごす時間というのは、なんだか特別な気持ちに。

 

haretoke12

素敵だわー。

 

わたしも誕生日だったからか、なんだかすがすがしい気持ちで写真を撮ってました。

うっとりしすぎて、テラスから片足落ちて、ひねってしまったのはナイショで。

 

ちょっと遠いですが、価値ある時間が過ごせますよ!

 

ぜひ行って見てくださいませな。

 

 

36歳、

よい1年になるのは自分次第。

全力じゃなくても、人生は楽しいよ

という言葉を胸に毎日笑顔でいたいと思います。

 

まあ

誕生日に日付変わる時に

「ごきげん!ブランニュ」でプラスマイナス岩橋が

Tシャツの重ね着ギネスに挑戦で

おしっ●できずにもがいていたので、爆笑していた私なので

問題ないかなw

下ネタはいくつになっても卒業できねー。

っていう36歳女子、我ながら心配。

 

これからもどうぞよろしく。

ではまた!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のんの

のんのワイヤーママ編集部 編集長

投稿者プロフィール

ワイヤーママ編集長。初心者マークの緑の部分を塗る仕事と迷ったあげく、(株)あわわへ入社。 この春ワイヤーママ編集長に。柴犬とチンチラのかわいさは最強だと信じて疑わない。レンジで温めたパックご飯を開封するときに火傷を負ったのが最近のニュース。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ9月号

あわわfree8月号

Geen8月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。