オリンポスに挑戦!?


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

それは遡ることほんの数日前…

アワログはじまって以来の衝撃的記事がアップされた。

その内容は

IMG_3322

なんと滝行!

しかも、体験したのは会社の大先輩。

「なんて体をはったガチンコ体験なんだ!」

「それに比べて僕は、僕は…」

悔しさと自分の不甲斐なさにさいなまれながら 国道11号を北上していると

「うん!?」

☆IMG_3391

これだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

発見したのは大盛りラーメンの看板!

「これを制覇して先輩に一泡吹かせてやる

やってきたのは担々麺で有名な『ラーメン道場ちょもらん軒』さん

(\川内町にあるよ/)

 

早速、店内へ

☆IMG_3396

「たのも~」

 

(???):「よくぞやってきたな」

☆IMG_3399

待ち受けていたのはスタッフの西山さん(すでにラスボス感がハンパないです)

※普段は笑顔が素敵なナイスガイです。

IMG_3405

さてさてどれに挑戦するか

IMG_3403

肉大盛り[肉バカ担々麺]、野菜たっぷりの[チョモランマ] いや、まだまだだ。 こんなもんじゃ物足りない‼

「おぉぉ」

IMG_3408

デデン!!!

IMG_3401

その名も

「オリンポス」

なんか強そうなのキタァァァァァァァァァァァ

麺3玉、スープ2倍、野菜大盛り×2

担々ミンチ2人前、チャーシュー2人前

豚バラ2人前、から揚げ6個

総重量は3.6キロ以上!!!

「これだ」 「これしかない」

そう決意し、早速オリンポスを注文。

(心の声)「さあ、かかってこいオリンポス。こちたら悔しさのあまり朝昼とメシぬきの腹ペコ状態。一瞬で終わらせてやる」

(西山さん)「またせたな」

IMG_3416

「なっ、なに~」

IMG_3426

オリンポス・・・ギリシャのテッサリア地方にある標高2,917mのギリシャ最高峰の山。ギリシア神話ではオリュンポス十二神の居所とされる。また、その名からとった火星のオリンポス山は標高25000mで太陽系最大の山である。 「山である、山である、山である、山である、山である」

IMG_3422

「まさに山である」

スマホと比べてもこの通り

想像以上のインパクトだが、男として一歩も引けない

制限時間は15分

IMG_3434

オリンポスVSあわわ・まっつんの超ヘビー級のバトルスタート! IMG_3435

「いただきます!」

まずはたっぷり盛られたお肉をパクリ

IMG_3441

「うまい! お肉がとってもジューシーで、ドンドン進む」 「これなら楽勝」

 

 

 

-10分後-

「あれ?だいぶ食べたはずなんだけど、まだ麺が見えない。目が疲れてるのか?」

IMG_3458

 

徐々に近づくタイムリミット・・・

しかし、途方もなく続く肉と野菜の山

そしてお腹も少しずつつ・・・

 

 

 

 

-1分前-

IMG_3461

ようやく麺とご対面!!

「さあラストスパートだ」

 

 

が、しかし!

IMG_3460

ち~ん

IMG_3465

惨敗である

そして湧き立っていた闘志も真っ白に燃え尽きた

聞けばこのメニュー、今まで30人以上が挑戦したものの時間内に完食した人はゼロ (一番おしかった人はラストから揚げ2個でタイムオーバーだったとのこと)

というわけで今回のアワログは

25e925bb259225e32580258125e82583258c25e6259925af25e32580258125e32583259525e3258225a125e32583259625e3258325aa25e32583258325e3258225af25e32580258101-2048x2048_4b9c003c6cbe1b8e36a9b4e3ad33aec7_raw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソです。 実は延長戦にトライしました。

IMG_3469

そしてこの後、どうにもならなかったので友人を招集するという反則技も駆使して (挑戦は一人でしなければいけませんが、タイムオーバー後は数人でシェアしてもOKとのことです)

なんとかここまで

IMG_3468

「う、もう食べられない・・・」

一泡吹かせるどころか、逆に返り討ちにされってしまった。

しかし、今回の経験から大食いのコツがつかめた気がする。

「次こそは必ずや!!!!!」

こうご期待!

(カラダもつかな・・・笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まっつん

まっつん企画制作部

投稿者プロフィール

成人式トリマクリで「雑誌編集者になりたい!」と書いてアピールするコスい手を使って憧れだったあわわに入社。大好きな声優のライブのためなら首都圏へも一人で遠征できるハートの強さと上司に怒られても瞬間的に意識を飛ばすスキルで仕事をこなす永遠の若手。

この著者の最新の記事

関連記事

あわわfree11月号

Geen11 月号

ワイヤーママ12月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。