《阿波市/手打うどん 大福》建築士・高橋利明さんがゲストを必ず連れて行くうどん店 [#徳島24市町村わが町の有名人が選ぶ自慢のうまい店]


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

昔から馴染みのおいしい店、最近オープンした近所の注目店など、自分が住む町でお気入りの飲食店を誰しも持っているはず。そんな“わが町自慢の一軒”を、徳島の各地に住む、またはゆかりのある、61人の有名人に紹介してもらいました。食好きたちの舌も心も満たす店を連載でお届けします。

建築士・高橋利明さんがゲストを必ず連れて行くうどん店/手打うどん 大福

揚げの甘い油が溶け込んだだしが素晴らしい[きつねうどん大](600円)。パリっとした食感の直後にあふれる鶏のうま味はきっとヤミツキに。[手羽先](280円)。

客席の全員が食べている、阿波市の傑作手羽先
「最高のきつねうどんを求めていた時に出会ったのが、この掛け布団のように肉厚で巨大な揚げが乗った至高の一杯だったんですが、それよりも、店の全員が手羽先にかぶりついていて…そこからはもう手羽先のとりこ…。ゲストが来た時には必ず案内するようにしています」。うどん屋さんではあるが、お好み焼きや焼き鳥、お酒も十分に堪能できる、うどん酒場としての顔も持つ同店。伝説(と呼びたい!)の手羽先は35年以上前の開店時からジワジワと人気が急上昇していき、今では定番のサイドメニューとなっているようだ。手羽先ばかりに焦点を当ててしまったが、生粋の関西人である高橋さんを唸らせた[きつねうどん]を筆頭に、うどんの麺とだしのバランスは絶妙。何より、1玉400グラムってのがたまらん。

Toshiaki Takahashi
『TTA+A 高橋利明建築設計事務所』の建築士でありながら雑貨店も営み、県西部を中心とした名店を巡るローカルグルメハンター。最近は美馬市穴吹町のスパイスカレー屋に入り浸り中。
http://takahashi-aa.net/

 

●手打うどん 大福
0883-36-3063
阿波市市場町大俣字原渕126-7
11:00~15:00、17:00~21:00
休:月曜
テーブル34席、座敷16席
P20台
喫煙可


あなたも自分が住む町で、徳島の【美味しいもの・面白いもの】を見つけたら、ぜひハッシュタグ「#徳島あるでないで」をつけて、SNSでシェア! 美味しいものだけでなく、美しい徳島の景色、魅力的な徳島の写真でOK! 徳島県では2018年末・大晦日までこんなキャンペーンをしているので、併せて参加してみてくださいね。

「#徳島あるでないでSNS投稿キャンペーン」に参加して、徳島の観光に関してあなたが新発見・再発見した魅力ある写真を「#徳島あるでないで」で投稿してみませんか。投稿いただいた方の中から、5名様に、藍染めセットが当たります!詳細は「#徳島あるでないで」SNS公式ページから。

◆Facebook公式アカウント(@tokushimaarudenaide)
https://www.facebook.com/tokushimaarudenaide/
◆Instagram公式アカウント(@tokushima_arudenaide)
https://www.instagram.com/tokushima_arudenaide/


#徳島あるでないで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぎゃるど

ぎゃるどweb事業部

投稿者プロフィール

20数年前まだ無かった「あわわ販売部とあわわサイトとあわわ連を作らせろ」と初代社長にアピールし「キミ変なけん、学校辞めて来ぃだ」と入社。途中ワイヤーママを経て再度あわわに合流。本人はエクセルと一太郎が使えるので総務販売経理部のつもりでいたが、スマホ依存症のためweb事業部配属に。会社から提供された社用ガラケーが使いこなせず、旅に出る。【2019年4月まで在籍】

この著者の最新の記事

関連記事

Geen6月号

あわわfree6月号

ワイヤーママ6月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

WOMAN FESTA in TOKUSHIMA

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

イベント情報

2019/6/1(土)〜2019/6/30(日)
わくわくキッズルーム
2019/6/2(日)〜2019/6/30(日)
谷崎泰江 展
2019/6/11(火)〜2019/7/7(日)
七夕リース
2019/6/22(土)〜2019/7/7(日)
七夕を飾ろう
2019/6/27(木)
親子ヨガ体験
ページ上部へ戻る