阿波晩茶(相生晩茶)お茶摘み手伝い隊に初参加!( ^-^)_旦~


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

子どもの頃の記憶っていろいろありますが、五感が覚えている記憶ってのもあります。

小学生の頃、“スギ”という友だちとよく遊んでいました。 ♪♪あー勿論あだ名にきまってまっすー♪♪
4年生の夏休みには2人だけ担任に呼び出され、漢字の補修をさせられた良き友人。
そんなスギんちの居間には、いつもヤカンが置いてありました。中はお茶です。
遊んだ後に飲むそのお茶は、家の麦茶とは全く違う「スギんちのお茶の味」でした。

後になって知ったこの味こそ、徳島県民のソウルティー
阿波晩茶です!

こんにちはございます、茶摘み手伝い隊のもんしーです。

 

>>茶摘み体験

今回そんな幼き思い出とともに、阿波晩茶の産地・那賀町(旧相生町)へ、お茶摘み体験に行ってきました!

そもそも阿波晩茶がどのように作られているか知っていますか?

~5月初旬頃、やわらかな新芽を摘み取る早乙女~

なんてのを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、
阿波晩茶の収穫は真夏!
固く大きく育ちきった茶葉を茎ごとしごき取る力作業。

しかも今年の夏は異常に暑い。暑い。熱い~。。。
なのでテントを張ってからのお茶摘みスタート!

阿波晩茶は世界でも珍しい乳酸菌発酵茶として注目を集める一方、担い手の高齢化や後続者不足から、生産量は減少傾向が続いているそう。
そんな中、今なお「手摘み」による昔ながらの製法で作り続けているお茶農家さん。

 

猛暑の中、想像以上の重労働に弱音を吐きそうになった頃、
近くの園からお茶摘み体験にたくさんの園児がやってきました☆

固い茶葉に悪戦苦闘しながらも、みんな頑張ってます。

「こんなに大きいの取れたよ~」と見せてくれました。

あっという間にかご一杯!!

いや~、元気をもらっちゃいました!!!
今回の体験が、子どもたちのかけがえのない思い出になるといいな~。

 

1年かけてモリモリ茂った茶葉も枝だけ残しすべて収穫。
1本を丸裸にするのに1時間以上かかりました。

 

相生晩茶・茶摘み手伝い隊のみなさん、ありがとうございました。

 

さらにここから【手摘み→湯がき→揉む→押す→漬ける→発酵→天日干し→選別】と約1ヶ月かけてお茶作り。

 

>>天日干し体験

そして先日、子どもたちと天日干しの見学にも行ってきました!

茶桶に漬け込んでいた茶葉を晴天の日を選び、1日かけて乾燥させます。

まんべんなく乾燥させるため葉の上下を入れ替えながら、葉と茎の選り分けも同時進行。
子どもたちも選り分け作業をお手伝い。

 

茎は「茎茶」へ!
さっぱりとほどよい渋みが大人に人気だとか。

 

乾燥後は手作業でより細かく選り分けます!

 

今回、旧相生町で作られた「阿波晩茶(相生晩茶)」は、
出産祝いギフト「おむつ寿司」のアガリとして商品化する(9月予定)ので、詳しくは次回報告しまーす!

こちらからもチェックしてね~!
(おむつ寿司本舗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もんしー

もんしーワイヤーママ編集部&おむつ寿司職人

投稿者プロフィール

こんにちはございます、もんしーです。二児の父であり、三時のチョコ好きです! Coccoをこよなく愛するが故に、LIVEには一度も行けないでいるPOP PUNKR。老後は彫刻を趣味とし、暖炉・ロッキングチェア・ペルシャ猫・ボブディラン・そば湯で心安らぐ日々を夢見るピーターパンシンドローバー。現在、PUBG mobileにどっぷりハマってます!

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ7月号

あわわfree7月号

Geen7月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

イベント情報

2019/7/1(月)〜2019/7/30(火)
手づくり工房「マリンランタン」
2019/7/13(土)〜2019/7/30(火)
THE Bali 3
2019/7/20(土)〜2019/7/31(水)
工作教室「缶バッジ」
2019/7/9(火)〜2019/8/2(金)
B&Gキッズスイミング
2019/7/9(火)〜2019/8/9(金)
B&Gジュニアスイミング
2019/7/22(月)〜2019/8/27(火)
海洋DAYキャンプ
2019/7/19(金)〜2019/9/8(日)
とくしまの恐竜時代
ページ上部へ戻る