フィルムカメラと街の相性

会社の大掃除で大量のフィルムを手に入れてから、趣味が移行しそうなほどハマりはじめた。
小中学校時代の「写ルンです」を思い出す。
もともとフィルムの質感は好きで、好きな写真家の作品を追いかけることぐらいはあったけれど、撮影するのがこんなに楽しいとは思わなかった。
同じ街なのに質感が変わるだけで表情は一変する。面白いものを探そうと、いつもより念入りに街を歩くから、情報誌を作っている僕には良い効果を与えてくれる最高のアイテムかもしれない。自分の街を歩き直す、見直す、好きになるためにフィルムカメラを始めるのは気軽で凄くいいかもしれない。


クリスマス仕様の『NOLO』


死骸


『ラヴィングカフェ』の犬


掃除していない自宅


忘れた


クリスマスの『チャラパルタ』


気絶


どっかのデカイ木

現在使っているのはコンパクトフィルムカメラで、「PENTAX ESPIO 80」。コンパクトフィルムカメラは一眼と違って、オークションや『ハードオフ』などリサイクル品が多く出回っているのでかなり安価で購入することができる(1,000円で全然買えるし、小さい軽い)。
いま、知らない世代に「写ルンです」が流行っているとも聞いたし、インスタ映えみたいな作為的な写真にも良さはあるけれど、ありのまま、瞬間を撮るのもきっと面白いはず。

ほなさいなら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬ドック

犬ドックGeen編集部(2018年3月まで在籍)

投稿者プロフィール

バース→掛布→岡田のバックスクリーン三連発の丁度8ヵ月後に誕生。生粋の大阪人。超絶快楽主義者。四六時中酔っ払ってたいと笹に書いたことも。結果オーライやなくて、おもろければオーライ精神を貫く。最近、阿波弁と大阪弁が変な混ざり方してきたんやじょ。【2018年3月まで在籍】

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ2月号 Kindle版

あわわfree1月号

Geen1月号

あわろぐ スポンサー広告

オススメ記事

  1. フェスティバル 1/27阿波人形浄瑠璃 中村園太夫座公演(阿南市文化会館・夢ホール) レクチ…
  2. こんにちはございます、もんしーです。 2019年1月8日。 辻ちゃんのブログ「のんピース…
  3. 数えてみたらアワログを書くのは約9ヶ月ぶり、Geen編集部もっちーです。 さてさてみなさん、 …
  4. コンテンツ ワイヤーママフェスティバル、開催します! P3 今月のママネタ P13 特…
  5. こだわりが圧倒的に違う! とくしまの話題の専門店6選 …

あわわfreeバックナンバー 電子書籍版

イベントカレンダー

イベント情報

ページ上部へ戻る