大阪からめっちゃカワイイ靴が美馬市にやってきまっせ。


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

僕自身はめっきりコンバースときどきVANSの楽な生活になってしまってるのだけれど(サボってる訳じゃないよ!)、
それでも昔から靴は好きで、道具としてはもちろん、ひとつのプロダクトとしてデザインを眺めるのが好きなんです。
特にスニーカーは各ブランドのコンセプトや技術が、
ウエアより如実に表れている気がしていて、そんな点から他アイテムよりもアンテナは張ってしまいます。
コレクターやマニアに比べたら短いアンテナと知識だけれど、
ひとつおすすめのブランドの紹介を。
「blueover(ブルーオーバー)」という、スニーカーでは珍しいメイド・イン・大阪のブランドです。

ストラクト: struct by blueover

天然皮革を採用し、履き心地はもちろん言うことなしなのですが、それよりも印象的なのはやはりデザイン。
ブランドのコンセプトでも「変わらない」を提言している通り派手な特色はないのですが、
つま先のラウンド感や角度がすごくツボで、履くとちょっと陽気な雰囲気になるんですよね。
こんな感じで。
blueover_06

blueover_05

blueover_04

blueover_03

blueover_02

blueover_01

おもちゃみたいな色目もその印象を助長してくれて、革靴でよく言われる、
一足でコーディネートがまとまっちゃうやつ。
もっと言えばスタイリングセンスなんかなくても最高に仕上げてくれる系かな(笑)。
まあ、とにかく言いたいのは、技術とコンセプトがしっかり反映されている素晴らしいブランドってことで、
11月22日(水)から26日(日)の間、美馬市の『フナトト』改め、リニューアルした『フナトト/WEEKEND TAKAHASHI STORE/Philbooks』にて期間限定ショップが開催されるってことです。
(『フナトト』のリニューアル情報の詳細は12/22発売のGeenにて!)

blueover_07

「blueover POP UP STORE」
日/2017年11月22日(水)~11月26日(日)
場所/フナトト(美馬市脇町大字脇町156)

ブルーオーバーの真骨頂は履いてこそ理解できるはず。
ぜひ、この機会を見逃さないでくださいね。

blueover POP UP STORE
住所
美馬市脇町大字脇町156
電話番号
050-3433-8411
営業時間
10:00~18:00
定休日
火曜
ホームページ
https://www.facebook.com/funatoto/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬ドック

犬ドックGeen編集部(2018年3月まで在籍)

投稿者プロフィール

バース→掛布→岡田のバックスクリーン三連発の丁度8ヵ月後に誕生。生粋の大阪人。超絶快楽主義者。四六時中酔っ払ってたいと笹に書いたことも。結果オーライやなくて、おもろければオーライ精神を貫く。最近、阿波弁と大阪弁が変な混ざり方してきたんやじょ。【2018年3月まで在籍】

この著者の最新の記事

関連記事

Geen5月号

あわわfree5月号

ワイヤーママ6月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

WOMAN FESTA in TOKUSHIMA

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

オススメ記事

  1. PICK UP! 今週のピックアップイベント! みらいフェスタinいしい 5/19(日)10:…
  2. ワイヤーママ最新号を読んで、アンケートに答えてお食事しちゃおう! 【応募方法】 下記「応募フ…
  3. ワイヤーママ最新号を読んで、アンケートに答えてもらっちゃおう! 【応募方法】 下記「応募フォ…
  4. フェスティバル ~5/12GW大住宅祭 (とくしま総合住宅展示場) 5/12徳島駐屯地開…
  5. フェスティバル 5/4,5フリューリングスフェスト2019(鳴門市ドイツ館) …

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る