自然とアニメの素敵なコラボ★ 淡路島公園の新施設『ニジゲンノモリ』に行ってみた

ワイヤーママ×LINE@にて、
徳島のお役立ち情報を配信中


   

どうも、6歳児ママのさいちゃんです。

秋ですね^^
外遊びにちょうどいい季節となりました。

運動のため、毎週にでも公園に行きたいところなのですが…
滑り台、ブランコ、ジャングルジムと、よくある遊具ばかりでは飽きてきます。

そんな飽き性の私たち親子が目指したのが、
淡路島公園内にこの夏オープンした『ニジゲンノモリ』
DSC_0034

こちらは何と、最新テクノロジーと自然、アニメが融合した迫力満点のアトラクションパーク♪
第一弾として、大人気『クレヨンしんちゃん』と手塚治虫さんの名作『火の鳥』をテーマにしたアトラクションが登場したんです!
たくさんのキャラクターが雰囲気を盛上げてくれます^^
DSC_0048
DSC_0040

まず、うちの娘が挑戦したのはコチラ。
クレヨンしんちゃんの映画「嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦」をイメージした最大約8メートルの高さを誇るアスレチックです。
DSC_0045

難易度が3パターンあり、
●童コース(600円)…小学生以下が対象で、保護者が側で支えてあげられる高さ。
●足軽コース(3,300円)…身長120cm以上が対象で、地上から4.5メートルの高さ。
●侍大将コース(3,300円)…身長120cm以上が対象で、最大難易度の高さ8メートル!
※大人・子ども共通料金
※同伴の保護者は無料

の中からチョイス!
DSC_0072

チケットは、事前に公式サイトで購入しておくと希望の時間帯に確実に入場できるということだったので、ネットで童コースを1枚ゲット。当日に、購入済みを示す画面をスマホで提示するだけでOKとあって楽ちんです。

しかし、1度チャレンジした娘がすっかりハマってしまい「もう1回するぅ~!」となったので、会場横の発券機で追加購入しました。混雑していなければ、この方法でも問題ありませんでした^^
DSC_0059

スリリングなコースもありますが、徹底した装備のため安心安全。
また、スタッフさんが側でサポートしてくれるので、もし途中で足がすくんでしまっても心配はありません。
DSC_0140

また、子どもは体験が終わると、隣にあるエアドームで遊ばせてくれますよ^^
06

娘の様子を見ていた夫は「俺はこっちに挑戦する!」と、高さ225メートルのやぐらから池の上をロープで降下する水上ジップライン[チャレンジ! アクション仮面飛行隊!](1,800円)にトライ。
DSC_0144

大きな池の上を往復することができ、もぅ、それは爽快!だそうです。
アクション仮面のヘルメットや、あっと驚く水の演出なども用意されているので、子どもたちも大はしゃぎ間違いなし☆
09
(画像は公式サイトより)

遊んでお腹が空けば、カラフルなキッチンカーを目指して。
軽食やおしゃれなドリンクが購入できるので、休憩にぴったり。
※本格的な料理が楽しめる『モリノテラス』もあります
DSC_0148

そして、広い敷地内を移動する時に便利なトラムカー&カートもお見逃しなく。
チケットの購入で1日乗り放題となるので、
お子さん連れのご家族は利用しない手はありません♪
DSC_0153

さらに、私たちは未体験なのですが、夜限定(19:00~22:00)で実施されているのが、全長1.2キロにわたって光と音のショーが楽しめる「ナイトウォーク」(大人3,300円・子ども1,200円)。
手塚治虫さんの“火の鳥”をテーマにした幻想的な世界が演出されています。
カップルさんには是非、挑戦してみてもらいたいですね^^
14
※画像提供:ニジゲンノモリ

そんな『ニジゲンノモリ』には今後、宿泊施設(グランピング)や人気漫画の新アトラクションも登場予定。
ますます目が離せませんね♪

兵庫県立淡路島公園アニメパーク  ニジゲンノモリ
住所
兵庫県淡路市楠本2425-2(兵庫県立淡路島公園内)
電話番号
0799-64-7061
営業時間
クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク 10:00~16:00(11月時点) ナイトウォーク火の鳥 17:30~20:30(11月時点) ※季節、天候によって変更あり
定休日
無休 ※冬季は休業の可能性あり
駐車場
約1300台 ※「F駐車場」に停めると便利です
ホームページ
http://nijigennomori.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さいちゃん

さいちゃんワイヤーママ編集部エディター

投稿者プロフィール

美味しいお店、楽しい場所があると聞けばどこまでも駆けつける、好奇心旺盛なミーハー女子。プライベートでは3歳児のママでもあるため、子連れで行けるスポットにも興味津々。泳ぎ続けていないと死んでしまう回遊魚のように、毎日忙しいのがダイスキ。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ10月号 Kindle版

あわわfree9月号 電子書籍版公開

あわわfreeバックナンバー 電子書籍版

あわろぐ スポンサー広告

オススメ記事

  1. フェスティバル 9/23あおぞらフリーマーケット(パーラーグランド本店脇町駐車場) 9/24ベジ…
  2. どうもどうもどうも まえのです。 昨年までのこのくらいの時期は “人生の夏休み”ともいわれ…
  3. 最近のマイブーム「阿波晩茶」ですが、 やかんを用意して、お湯を沸かして、蒸らせて・・・ 「め…
  4. コンテンツ とくしま暮らしと家フェスタ開催! P6 ママとキッズのワイワイテニス P9 家…
  5. 前編に引き続きまして、 阿波おどりを見に来たついでに! ただただ徳島ラーメンだけ食べに! オススメ…

イベントカレンダー

イベント情報

2018/9/1(土)〜2018/9/29(土)
うずしお婚活 9月
2018/9/1(土)〜2018/10/28(日)
秋の企画展 阿波徳島の祭礼絵巻
2018/9/2(日)〜2018/9/28(金)
谷崎泰江展
2018/9/3(月)〜2018/12/22(土)
「reflection」展
2018/9/15(土)〜2018/11/4(日)
日下八光 日本画展
2018/9/25(火)〜2018/9/30(日)
三木健司彫刻展 土と木
ページ上部へ戻る