※このイベントは終了しました

   

 

どうも、のんのです。

上の階にエレベーターで行くか、エスカレーターで行くかだけの話をイチャコラしながら決めているカップルの後ろで生暖かい笑みを浮かべました。

さー、今週末は三連休、そしてイブイブ&イブ&クリスマス!!!

県内でもいろんなイルミネーション・クリスマスイベントが開催されます。

中でも先週末に開幕し、たくさんの人が訪れているのが
「徳島LEDアートフェスティバル2016」!

徳島市がこれまで整備してきた水と緑の魅力に、地域資源であるLEDの「光」の要素を加え、他の都市にはない新たな魅力をもつ「水都・とくしま」を創造・発信するためのアートイベントで、2010年から3年に1度開催されています。

今年は、芸術監督に徳島出身で世界的なアート集団「チームラボ」の代表・猪子寿之さんを迎えたことで、開催前から日本全国や世界でも注目を集めていました。
IMG_6073

そんな大注目のイベントの開催初日、行ってきましたよ(一人で)!
IMGP0612
新町にカメラおばさんが参上したよー!どうもー!

 

オープニングセレモニーとして、徳島のダンスチームがステージでパフォーマンスを披露。
IMGP0601
※ステージは新町橋東公園の特設ステージだったのですが、あまりの人の多さに新町橋から撮影しました。脚立がないと撮影できないくらいだったんです。すごいでしょ?

そして、シンボルアート作品の点灯式へ。

IMGP0596
川面に浮かぶ球体が・・・
IMGP0811
色鮮やかに点灯!

開幕前からいろんな人のSNSにアップされていた新町川に浮かぶ球体の全貌がコレです!

タイトルは「呼応する球体のゆらめく川」。

新町川に132個並んだ2mほどもある大きな白い球体は、衝撃を受けると色を変化させていきます。流れる音楽に合わせて、まるで生きているように輝いたり消えたりを繰り返します。

1481938675fsFtpvZkHuUXx6m1481938670
なんと幻想的。。。
動画で撮ればよかったのに、謎に写真ばかりおさえたのでGIFでお伝えします、すいません

猪子さんの「自然が自然のままアートになる、街が街のままアートになる」という言葉通り、普段見慣れている街の風景がひとつの作品となって目の前にあらわれる。
壊したり造りかえることなく、風景に溶け込みながら表現できるアートの力。
すごい!!!!!

川のそばには同じ球体が置かれていて、触ることもできます。

ワシも触ってみたよ。
IMGP0691
アートって遠くから見るもの、触るの厳禁!というイメージでしたが、こうやって触れると身近に感じられますね。

ふれあい橋に移動。
IMGP0642
ここからの風景もまた素敵!
アマチュアカメラマンたちが大集結してたのも納得です。これは写真撮りがいある!!

しばらくすると。。
IMGP0670
あ!遊覧船が来た!

期間中は約15分間隔で新町川エリア周遊船が運行。
川をすべるように進み、船の上からアート作品を鑑賞することができるんです。
IMGP0713
こりゃあ、いいなあ!!
整理券を配布していますが、定員に達し次第終了。なので、先に整理券をもらうのがベターかと思います。

IMGP0684
会場には年配の方やファミリー、カップル、高校生まで、本当に幅広い人が訪れてました。
前から気になっていた人も、たまたま通りがかった人も、徳島市のシンボルともいえる場所がこんな風に変わるんだ!と驚かれていました。

IMGP0722
子どもはもちろん、大人の人も球体に触って楽しんでいるのが微笑ましかったです。

そしてすぐ近くの藍場浜公園へ移動!
IMGP0725

こちらで展示している作品は「リバーサイドクリスタルツリー」。

IMGP0731
こりゃすげえ!!!

三次元の動く立体物をリアルタイムに映し出すことができる「インタラクティブ4Dビジョン」という独自の技術を使った立体のツリーです。
鑑賞する人がスマホを通じてオーナメントを選択してツリーに投げると、選んだオーナメントが巨大な立体物となってツリーを飾り付けます。

IMGP0797
サンタさんの帽子とかね!

この作品の下に行くと
IMGP0778
吸い込まれそうに美しい!
子どもたちが目を輝かせて「すごい!」と喜んでいたのが印象的でした。

IMGP0743
作品の近くには屋台もあるので、鑑賞しながらおなかも満たせます。

とまあ、2つの作品をピックアップしたわけですが、ほかにも公募作品が会場のあちこちに展示されています。
IMG_6074
ぜひ会場でパンフレットをもらってください。マップと解説がついてます。

紹介したのは新町川エリアですが、徳島中央公園のある城山エリアでも「チームラボ」のシンボルアートや公募作品が展示されていますよ。

なんせ、写真を撮りたくなる!
どの作品も絶対にSNS映えしますし、LED作品の前で自撮りすれば、ふわっと美しい写真になりますわよ。

ガイドツアーや巡回バスも運行してますから、観光客も回りやすいです!
県外の人は、三連休にどこか出かけたい!というならば、ぜひ徳島市へ!
新町川周辺には、美味しいお店がいっぱいありますよー。

あと、会場をいろいろ見て回ってほしいのですが、外は寒いっす!
あったかい格好をしておでかけするのをオススメします。風邪ひかないようにね。

開催期間はクリスマスの25日まで!
25日は「とくしまマルシェ」も開催されるので盛り上がりそう♪

美しく彩られた徳島市を見られるのはこの期間だけ!
ぜひ足を運んでみてくださいねー。

ちなみにタイトルはDAI語です。
AFO(アラフォー女)がHTR(ひとり)で行ってきました。

LEDもARTも英語三文字やん!と思いついたのは良かったですが、ただ自分の寂しさを披露しただけでした。泣

ではまた!

徳島LEDアートフェスティバル2016
住所
徳島市中心部
電話番号
088-621-5225(徳島LEDアートフェスティバル2016実行委員会事務局)
営業時間
18:00~22:00(一部コンテンツをのぞく)
ホームページ
http://tok-led-artfest.net/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のんの

のんのワイヤーママ編集部 編集長

投稿者プロフィール

ワイヤーママ編集長。初心者マークの緑の部分を塗る仕事と迷ったあげく、(株)あわわへ入社。 この春ワイヤーママ編集長に。柴犬とチンチラのかわいさは最強だと信じて疑わない。レンジで温めたパックご飯を開封するときに火傷を負ったのが最近のニュース。

この著者の最新の記事

関連記事

ズボラのんべえさんのスピードおつまみ術

とくしまおみやげGirl friend

Facebook

あわわってこんな会社です!

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。