昔のプリクラに写っている“若さ”はないけれど、手元には着なくなった学生服がある!


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

あれは1990年代後半。
広末涼子の『MajiでKoiする5秒前』が大ヒットし、
ゲーム機『たまごっち』が話題となった当時。
コギャルからサラリーマンまで、
誰もが買い求めたのが『ポケベル』でした。
sakura03

あ、ポケベルを知らない若い子は、
アラフォー以上の人に聞いてみてね!
sakura02

今で言うショートメールのように、
ごく短いメッセージしか送れない『ポケベル』。
んが、その手段を使って“出会い”を広げるという
やや危ない遊びも徳島で流行っておりまして…

女子高生だった私も、
“ベル友”の一人と合うことになり、
待ち合わせをしたのが佐古のダイヤレーンさん。

だって、
「会ってくれたら“たまごっち”あげる」
って言われたんですもん!
徹夜で並んでも買えない、
あの“たまごっち”を!!
sakura01

当日、待ち合わせ場所にて。
私「城●内高校のさいちゃんです」
タケシ「●●工業高校のタケシ(仮名)です」
!!!
そこに居たのはジャイアンでした。

私「たまごっちは?」
タケシ「忘れた」
私「え、だって持ってくるって…」
タケシ「忘れた」
私「…あ、お腹痛い、帰るわ」

以上。たまごっちゲットならず。

そんな私の苦い思い出とともに、
たまごっちブームは去り、
ポケベルも消えてしまい、
ダイヤレーンさんも惜しまれつつ閉館となりました。

今、私の手元にあるものと言えば、、、
その頃着ていた学生服

高校時代の制服・体操服、
中学生時代のも、
小学生時代のも、
なんと幼稚園の時のものまで、
キレイに残っているのです。

制服って捨てられないですよね。
かといって、使い道ってないんです。
うーん。

そんな“資源”を有効活用できればと、
徳島にオープンしたのが
学生服専門のリユース店
『さくらや徳島北店』さん。
運営するのは、4人のお子さんを持つ川邊さん。
sakura05

こちらでは、
幼稚園から高校を対象に、
不要になった学生服を買い取り、
洗濯・補修をして、
状態に応じたリーズナブルな価格で販売をしています。
sakura04

子どもの進学のたびに
購入しなければいけない学生服・体操服ですが、
場合によっては総額で
10万円以上もかかるそうなんです。

それが新品の3~4割(※一例)で購入できるとあって、
「入学準備は物入りなので助かる」と、
家計を預かるお母さんたちの間で大評判に。

リユース品といっても、
制服にある個人名の刺繍は取っており、
大変キレイにクリーニングされています。
店頭で試着ができるのも嬉しいですね。

冬物・夏物の学生服、体操服、
さらにはネクタイなどの小物まで
バリエーションも豊富です。
sakura07

転校してきた生徒さん、
洗濯用の代えが欲しい生徒さんにも便利!
sakura08

昔ほど、きょうだいやご近所さんが多くない現代、
「おさがり」のチャンスが減っています。
しかし、本来は経済的でエコな「おさがり」。
その仕組みを、
今のお母さんたちが利用しやすいよう、
『さくらや』さんが提供してくださっています。
私も、これから就学する子どもを持つ立場として、
こんなに心強いことはありません。

また、買取も随時行っており、
出張買取にも来てくださるそうなので、
誰かの役に立ちたいと思われる方も、
ぜひご相談くださいませ^^

↓2018年3月追記↓
///////////////////////
オープンより1年半、
たくさんの卒業生たちが制服を提供し、
店頭のラインナップは現在、
こんなにも充実しております。
所狭しと制服・体操服が並び、
もうカメラに収まりきりません。


本当に心強いですね。
//////////////////////

さてさて、うちの未就学児(5歳)は、
リバイバルブームの「たまごっち」に興味シンシンです。
やめて、お母ちゃんの黒歴史が蘇るわー!
sakura10
sakura11

学生服リユースShop さくらや 徳島北店
住所
板野郡北島町鯛浜字かや118-4
電話番号
088-698-9451
営業時間
月・水・土曜の10:00~16:00
定休日
火・木・金・日 ※2018年3月は火木だけ休み
駐車場
3台
ホームページ
Facebookは「さくらや徳島北店」で検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さいちゃん

さいちゃんワイヤーママ編集部エディター

投稿者プロフィール

美味しいお店、楽しい場所があると聞けばどこまでも駆けつける、好奇心旺盛なミーハー女子。プライベートでは3歳児のママでもあるため、子連れで行けるスポットにも興味津々。泳ぎ続けていないと死んでしまう回遊魚のように、毎日忙しいのがダイスキ。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ7月号

あわわfree7月号

Geen7月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

イベント情報

2019/7/16(火)
ママピラティス
2019/7/16(火)〜2019/7/17(水)
宍喰祇園祭奉納花火大会
2019/7/6(土)〜2019/7/21(日)
うずしお婚活7月
2019/7/1(月)〜2019/7/30(火)
手づくり工房「マリンランタン」
2019/7/13(土)〜2019/7/30(火)
THE Bali 3
2019/7/9(火)〜2019/8/2(金)
B&Gキッズスイミング
2019/7/9(火)〜2019/8/9(金)
B&Gジュニアスイミング
2019/7/17(水)
身体計測
ページ上部へ戻る