焼き鳥が旨い店のクリスマスローストチキンは間違いない!@大原「鳥屋」

どうも、のんのです。

今日のワシのメールフォルダの一部です。

hhh

先に言っておきますが、これ純文学です。
ちょっとしたきっかけで「こんな書籍出るのね」とチェックしていたら、さすが天下のAmazonさん。オススメとしてメールでリリースきました。
「読みたいなあ」と思ったのが先で、「あ、これなんか誤解されそう」と思ったのはその3時間後。

そしてそれをアワログにあげるという。母さん、ワシの恥じらいはどこへ行ったんでせうね。

さっ気分を変えまして。

いよいよ20日後にはクリスマスー☆
今年はなーんと三連休!
皆様、いろんな準備で今からワクワクのことと思われます。

クリスマスの食卓を飾る料理と言えば、ローストチキン。

まだどこの買うか決まってなーい、という人はこちらはいかがでしょう?

大原町にある「鳥屋」さん。
IMGP9532
ドストレートな店名でお分かりの方もいると思いますが、焼き鳥のテイクアウト専門店です。

お店に入ってワシが注目したのは
IMGP9553

焼き台の奥に見える・・・

IMGP9538
新日本プロレスのポスター!!!

「新日好きなんですか?」というワシの質問から、新日本プロレスの話の盛り上がりっぷりったらw
店主は年に何度も県外まで試合を見に行くそうで、どの選手がどんだけ体がキレているか(バッキバキに仕上がっているか)
グッズがどれだけクオリティ高いかという話を、本来の取材そっちのけでしまくりました(アカンw)

話は本題の焼き鳥に戻って。

IMGP9588
メニューはこんな感じ。

こちらのこだわりは、新鮮な国産鶏を生で仕入れて使うというところ。

ひとつずつ丁寧に手打ちした串は、作り置きはせず、予約の受け取り時間に合わせて丁寧に焼き上げていきます。

串に刺さったどの身も外は香ばしく、中はふっくらジューシーに仕上げるため、細かく手を動かしながら串を転がしていきます。
IMGP9584

部位によって火の通りが違うので、ひとつひとつの串に目を配りながら絶妙な焼き加減で仕上げていくんです。
IMGP9566
店主の技が光る瞬間!

焼き鳥はタレか塩を選べます。
お肉の鮮度の良さがあるから塩でもいいんですけど、ここはひとつこだわりのタレを味わってほしいんです。

定番のもも串(110円)をタレで。
IMG_6034
んんんんんん、うんま!
ニンニクが効いたパンチのあるタレは鶏肉にめっちゃ合う!
タレは味に納得がいかないからとオープン日をずらしてまで研究に研究を重ねたという渾身の作だそう。
うまくないわけがないですよねー。

「うちでもかなり人気のやつよ」と言う手羽塩(170円)もいただきます。

IMG_6023

よく見ると、手羽先特有の骨がない!

IMG_6029
裏側を見ても、骨なし!
「思いっきりかぶりついて手羽先の美味しさを味わってほしかったけん」と、身が外しやすいタイミングで骨だけ取り除いて焼き上げているんだそう。

むおおおおおおお!
プリップリでジュースィーー!
骨に悪戦苦闘することなく、独特の皮やぷりぷりの身を堪能できます。
これは新感覚!

IMG_6022
テール串(110円)。いわゆる「ぼんじり」です。
こってりうまい!

「うちは鮮度のいい肉を仕入れとるけん、ホルモン系も人気なんよ!」と店長さん。

IMGP9592

レバー串をタレでいただきました。
ほわわわわわわぁ。。
とろんととろける柔らかいレバーは、臭みもなく甘く感じます。
特製のタレが、これまたマッチしてておいしー!

お話を聞いているときも予約の電話がじゃんじゃんかかってきてました。
「リピーターが多いんよ」という店主の言葉も納得です。美味しいもの!

そんな「鳥屋」さん、ただいまクリスマス用のローストチキンの予約受付中。

ローストチキンは年々予約の数が増えていっているそうです。
オーブンではなく、焼き鳥と同じように焼き台で特製タレを染みこませながら仕上げていくんです。
ほかでは味わえないローストチキンになるんですから、そりゃあ予約殺到するっちゅうわけです。

予約は20日(火)まで!
「一人でするけん、数があんまり多いと打ち止めにするかも」ということなので、お早めに!

うち飲みや、晩御飯の一品にもオススメですし、プロレス好きのプ女子会をはじめwパーティーの主役にもなれるこだわりの焼き鳥。
ぜひ一度お試しあれーーー。

ではまた。

やきとり 鳥屋
住所
徳島市大原町千代ケ丸33-1
電話番号
090-7575-0983
営業時間
15:00~23:00
定休日
不定休
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のんの

のんのワイヤーママ編集部 編集長

投稿者プロフィール

ワイヤーママ編集長。初心者マークの緑の部分を塗る仕事と迷ったあげく、(株)あわわへ入社。 この春ワイヤーママ編集長に。柴犬とチンチラのかわいさは最強だと信じて疑わない。レンジで温めたパックご飯を開封するときに火傷を負ったのが最近のニュース。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ2月号 Kindle版

あわわfree1月号

Geen1月号

あわろぐ スポンサー広告

オススメ記事

  1. フェスティバル 1/27阿波人形浄瑠璃 中村園太夫座公演(阿南市文化会館・夢ホール) レクチ…
  2. こんにちはございます、もんしーです。 2019年1月8日。 辻ちゃんのブログ「のんピース…
  3. 数えてみたらアワログを書くのは約9ヶ月ぶり、Geen編集部もっちーです。 さてさてみなさん、 …
  4. コンテンツ ワイヤーママフェスティバル、開催します! P3 今月のママネタ P13 特…
  5. こだわりが圧倒的に違う! とくしまの話題の専門店6選 …

あわわfreeバックナンバー 電子書籍版

イベントカレンダー

イベント情報

ページ上部へ戻る