ココナッツ×ココナッツの激うまスイーツ発見! バリカフェ『アスリ』 ノ巻。


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

どもども総務のコージーです。

このあいだ会社の後輩さんたちに誘ってもらって飲みにいったのですが
22時に残業を切り上げて、22時半から飲み始めるという

いくら全社的に〆切の真っ只中だからって
君たち、もう少し早い時間から何とかならなかったのか(笑)

そんな深夜の来訪をあたたかく受け止めてくれたのが
バリカフェ ASLI(アスリ)さん。

IMG_1623

僕にとっては初めてのお店だったのですが…

まずはバリ島について
何の知識もなかったことを
告白させてください。

なんとなく南のほうとは思っていたのですが

バリ

なるほど。なるほど。

まったく予備知識がないという不安をかかえつつ
後輩たちについていく…

 

あ、でも、たぶん、これはどこの国でも同じ
乾杯はビールで。

インドネシアのビール“ビンタン”
IMG_1625
さらさらと水みたいに飲めますね。

お通しで出たえびせんがメチャ旨でした。
IMG_1626

これは期待できるぞ!

…ということで
ジャンジャン注文しはじめる

温野菜のサラダ“ガドガド”
IMG_1628
ピーナッツソース(写真手前)の濃厚さと野菜のさっぱりが
初体験な感じです。

これは豆腐入り玉子焼き
IMG_1629
ケチャップに見えたものは
スイートチリソースだったみたいデス。
ピリカラが旨い!

これは“サテ”
IMG_1630
ま、焼き鳥です。
ピーナッツソースとスイートチリソースで
味を調整しながら食べます。

ビールのアテにピタっとハマったのが
“ささがき鶏の生サンバル和え”
IMG_1631
サンバルが何かよく分からないまま…

“ジャワ風から揚げ”
IMG_1633

インドネシア料理の王様
“ミーゴレン”“ナシゴレン”
IMG_1635
IMG_1638
ナシゴーレンはピリ辛と甘辛があったので
甘辛のほう(ジャワナシゴレン)にしてもらいました。

(「ジャワ料理は甘辛くて、バリ料理はピリ辛」なんだそうですね!?)

こうやって混ぜあわて食べるんですよ~
IMG_1639

そして、カレー部として忘れてはならない
“ココナッツチキンカレー”
IMG_1644
ココナッツの甘みで緩和されるものの
これは結構パンチある辛さ
(だと僕は思ったんだけど
後輩さんたちは平気そうでした)

そしてここで
画期的においしかった!!
“ココナッツの焼き菓子”登場!
IMG_1643
あったかい、もっちっとした焼き菓子に
ココナッツアイスクリームを載っけて食べます。

ココナッツ×ココナッツのWハーモニーが口の中にひろがって
はあぁぁぁ~ シアワセ

そろそろお腹も満ちてきて

IMG_1652
深夜0時の勇者たち

内装も独特で
IMG_1651

IMG_1656

アンジェラ・アキさんのサインが2枚飾ってありました。
IMG_1654
IMG_1655

ごちそうさまでした!
IMG_1657

 

 

・・・・・・・・・

ところで
このあと、さらにもう1軒
IMG_1659
IMG_1661

どんだけ食べるんじゃ~(笑)。

BALICAFE ASLI アスリ
住所
徳島市大道2-5-1 奥田ビル 1F
電話番号
050-5887-1516
営業時間
19:00~24:00 (LO 23:30)  金曜・土曜は、 19:00~翌2:00 (LO 1:30)
定休日
日曜・祝日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コージー

コージー総務部長(でも、事務仕事は苦手なんです…)

投稿者プロフィール

連日連夜の深酒のせいか仕事中はいつも眠い(時々ホントに寝ている)。カレーが大好きだが、あんまり辛いのは×。そして、それ以前に、少し辛いだけで汗だくになってしまうという、やっかな体質。でも、辛いだけがカレーの価値じゃないだろ?

この著者の最新の記事

関連記事

3分でわかる!とくしま週末イベント情報

あわわfree12月号

Geen12 月号

ワイヤーママ1月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。