《板野郡/牛若》博多出身の僕も唸った〇骨ラーメン!

   

おこんばんわ。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

ハナでございます。

 

みなさんご存知の通り、博多出身な僕ですが(知らん)、

2016年1発目のアワログなので、今日はラーメンを紹介したいと思います。

(ラーメンばっかり紹介している気がせんこともないですが。)

 

 

博多出身とか触れてるということは、

今日はアレだな。

あのラーメンの記事なんだろうな。

と、みなさんに想像してもらったところで、

 

満を持して2016年1発目のアワログで紹介するのはコチラ。

 

 

 

 

『牛骨らぁめん 牛若』さん

 

もういちど言います。

 

『牛骨らぁめん 牛若』さん

とんこつ、ちゃうんかーーーーい!

(今年もこんな感じだと思うので、あたたかい目で見守ってくださいね)

 

して、牛骨???とんこつは???

とんこつは今回触れません。

 

 

はい。ではこちらのお店です。

ushiwaka02

11月に藍住町にオープンしたばかりの『牛若』さん。

 

こちらのお店でいただけるのは、

「牛骨らぁめん」の字のごとく、

牛の骨でダシをとった、牛骨スープのラーメン。

 

こちら!

ushiwaka01

 

お店のメインメニュー

[牛骨らぁめん](650円)

 

手前から(黒)と(白)、タイプの異なる2種類が用意されています。

 

まずは(黒)

DSC_9947

こちらは、しょうゆベースのラーメンで、

にんにくとペッパーの風味が胃袋をガツンと刺激します。

 

初めて牛骨ラーメンを食べたのですが、

とても香り高くて驚き!

あの、食欲を刺激するビーフの香りがたっぷり。

 

そして、あ~食べたい!という気持ちになったところで、

にんにくとペッパーで引き立てられた、ビーフの旨みとコク深いスープ!!

 

スープは半透明の茶色でサラサラしていて、スープの絡んだ麺がするする~っと口に入ってきます!

至福。

 

 

続いて(白)

DSC_9959

チャーシューが乗っているので、見た目が白湯系のとんこつラーメンに見えますが、

のんのん!

この白さのもとは、牛乳です。ホワイトクリームソースに近いですかね。

しかも牛骨ですよ、牛骨。

牛骨ダシ×牛乳  合わないわけがない!!

 

このコンビネーション抜群のスープに、裏ごしされた玉ねぎやキャベツの甘みが加わって、

ホッとするやさしい味わいに仕上がっています。

 

まとめるならば、

パンチのある黒

やさしさの白

といったところでしょうか。

 

どちらも、根底にあるのは牛骨ダシの豊かな風味とコク。

この風味を文章で伝えるのが凄くむずかしいので、

とにかく実際に食べてみてほしいですね!

 

 

 

 

そのほか、

実はスイーツなんかもあったりして、デザートでも幸せな気持ちになれちゃいます。

DSC_9943

[手づくり彩りプリン](300円)

 

写真のプリンをはじめ、パンケーキや、週末限定のブラウニーなんかもあるみたいです。

おら、ワクワクすっぞ!

 

お店もすごくおしゃれですし、2種類味があって、スイーツもあって。。。

あれ?デートとかに向いてるんじゃない?

それぞれ違う味注文して、一口ちょうだい~。なんか良いんじゃないですかね?(脳内お花畑)

 

 

まずは2回足を運んでみて、1回ずつ食べて味を知ってから、

3回目以降の来店で、メニュー見ずに「黒で。」

なんてツウっぽい注文してもカッコイイですね。

 

徳島ではまだまだお店が少ない牛骨ラーメン、いかがでしょうか!

・・・・・・

ラーメンファンのみなさんは、

とくしまラーメンだけじゃなく、牛骨ラーメンもしっかりチェックしてくださいね~

 

それでは!

牛骨らぁめん 牛若(うしわか)
住所
板野郡藍住町東中富字朏傍示54-2
電話番号
080-3165-3600
営業時間
11:00~15:00、17:00~22:00
定休日
火曜
座席数
6席
駐車場
7台
備考
*グーグルマップ上は『サンタ』と出ますが、この建物です。ハードオフ藍住のとなり、ビデオ100の向かいです。マンションの1階部分に、お店が連なっていて、その中のひとつです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アワログ編集部

アワログ編集部

投稿者プロフィール

こんにちわ、アワログ編集部です。新店情報から、ストックしておきたくなるお役立ち情報まで幅広い徳島ネタをお送りします!
アワログで取材してもらいたいネタをお持ちの方はぜひこちらのアドレスまでお寄せください。→neta@awawa.co.jp
(※編集部がこれはオモロイ!と思ったもののみ取材しますので必ず掲載されるわけではありません)

この著者の最新の記事

関連記事

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。