こだわり農法で育った徳島の美味しいお米を、アラフォーが収穫してきました

   

 

どうも、のんのです。

こないだの日曜、のんの、初めて稲刈りに行ってました。

今回、Geenの特集でお米を扱うのですが、その中で紹介する

鳴門市のバイオテクノロジー企業「アプロサイエンス」さんのお誘いで参加してきたのです。

なんでバイオ企業が!?とお思いでしょう。

実は「アプロサイエンス」さんはお米を使った化粧品を開発、販売しているのです!

人間の体の60%がタンパク質からできていることに着目し、肌にとって本当に必要な物を十分与えることで
そのタンパク質の持つ力(自然治癒力)を最大限高めることにより肌本来の美しさへ導くことができるとの考えのもと、
25年間もの間タンパク質を研究し続けてきたんだそうです。

医療分野における新薬開発のために、大学や製薬メーカーと共同で行ってきたタンパク質の
独自の研究開発から生まれたライスプロテインを使ったスキンケアブランドが
「ラジカルサイファー」。

129_1

この化粧品の開発と同時に、徳島の農家さんと連携して、漢方生薬エキスを活用した「漢方米」を開発。
このお米「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」で2年連続金賞に輝くという評価を得ているほどの美味しさ!

このお米が収穫時期を迎えるとあって、お邪魔してきたわけです。

場所は海部。

笘・IMGP8572

なんちゅう素晴らしい秋晴れ!

 

 

笘・IMGP8878

稲穂ももう収穫してくれ!といわんばかりに、ぷっくり膨らんでおります!

 

 

笘・IMGP8610

「アプロサイエンス」副社長・岡部さんと、漢方米を育てている山田さんから手順を説明。

 

わたしく、割となんでも経験してきた方ですが、実は稲刈り初体験!

笘・IMGP8637

「アプロサイエンス」さんからいただいた「タンパク質研究所」のTシャツを着用して気合充分!

 

教わったやり方というと、

笘・IMGP8688

 稲の根っこのほうを掴み、体の向こう側へ少し押し倒して

笘・IMGP8693

稲刈り鎌で刈る。

笘・IMGP8695

出来た!

農家の人は一発でバサッバサッと刈っていくのですが

慣れない私は、鎌を何度もひいてひいて、やっと収穫できるというレベル。

プロの技よ・・・

 

笘・IMGP8708

ある程度まとまった稲は、ベテラン農家さんが素早くまとめてくれます。すげえ!

笘・IMGP8678

一緒に参加した方と、満面の笑顔!(はじまったばかりだから元気)

 

笘・IMGP8654

人の手で刈っていると時間がかかるので、コンバインも登場!

これ乗らせてもらいましたけど、すんごい楽しい!

一人アトラクション気分でキャーキャー言うてました。

 

笘・IMGP8725

写真の中に写っているわたし。どれかわかりますか?

 

aaaaa

アップにしてみると

4444

なんか、コワッ!

その日、すごく天気がよくて紫外線も強く、もうこれ以上お肌にダメージ与えたくない!と

オバハンは思いましたので、日焼け対策万全にしたんですが

これで鎌もってると、明らかヤバいですね。

誰を襲おうとしているのか、と問いたいくらい、自分で。

 

笘・IMGP8796

子どもちゃんたちも頑張って稲刈りしてました。

 

しかし、、、しんどい!

ずーっとしゃがんで、結構力いれて鎌を動かすので腰やヒザにきます。

昔はこうやって農家さんが刈ってくれてたのを食べていたんだなあ、と思うと

お米を大事にいっぱい食べないと!という気持ちになりました。

 

笘・IMGP8850

「まだある・・・」と途方にくれている感のわたしの背中ですがw

なんとある程度は稲刈り完了!

 

体を使って仕事をしたあとは・・・

笘・IMGP8735

やった!最高のご褒美!炊きたてのご飯!

 

羽釜で炊いたご飯、美味しいのなんのって!

いただいたのは徳島発のお米ブランド「あわみのり」

普通のお米って、外側がふっくらで芯がある、みたいなアルデンテが多いと思うんですが
「あわみのり」は外はしっかりしているのに、噛むとふっくらもちもち!

甘みもあって、後味はさっぱりー!

おにぎりで4個も食べました。最高!

笘・IMGP9060

みんなで食べたというのも、より美味しく思えたポイントですね。

 

笘・IMGP8831

今回、お誘いいただいた「アプロサイエンス」副社長・岡部さん(写真左後ろ)と
ご家族の皆さん。

「6次産業化などを通して、地域との連携を深めていきたいと思います。
儲かる農業をつくることにも、タンパク質・バイオ技術は活きるはずです」と熱い思いを持つ岡部さん。

徳島に誇れる企業があるというのは、なんともうれしいことです!

笘・IMGP9078

ダムのない清流「海部川」の水と自然環境に恵まれた環境で
漢方生薬12種類のエキスを使って栽培する漢方栽培米農法を取り入れるなど
土壌改良、環境浄化に努め「毎日食べるお米は安全でおいしく、健康になれるものでないと」という思いで、
丹精込めてお米を作っている山田さん。

山田さんの作るお米の美味しさは全国にも知れ渡り、東京からオーダーして
お米を購入する人もいるそうです。

「あわみのり」を広めていきたいという山田さんの熱い思いも聞かせていただきました。
ほんと、徳島でもっと生産・消費されるといいなあ!

なんせ、美味しいから!

 

初体験でしたが、ほんと楽しいし、農家さんの大変さやお米が出来るまでの流れも知れて

農家さんに感謝、お米バンザイ!という気持ちになれます。

 

「アプロサイエンス」さんで、来年あたりにお米作り体験イベントがあるかもしれませんので
ぜひチェックしてくださいませ!

アプロサイエンスさんのHPはこちら!
http://www.aprosci.com/

 

ほんと楽しかった!

でも翌日、ロボットみたいな動きしか出来ないくらい筋肉痛になりました。

予想通りのオチ!

 

ではまた!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のんの

のんのワイヤーママ編集部 編集長

投稿者プロフィール

ワイヤーママ編集長。初心者マークの緑の部分を塗る仕事と迷ったあげく、(株)あわわへ入社。 この春ワイヤーママ編集長に。柴犬とチンチラのかわいさは最強だと信じて疑わない。レンジで温めたパックご飯を開封するときに火傷を負ったのが最近のニュース。

この著者の最新の記事

関連記事

あわわってこんな会社です!

ズボラのんべえさんの簡単レシピ

とくしまおみやげGirl friend

あわろぐ スポンサー広告

Facebook

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。