♪この~木なんの木 でっかい木!の下にできた「こもれびカフェ」で癒されたのです


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

どうも、のんのです。

女子ですが、ちょっと言わせてください。

クソ暑っ!!!!

台風がやって来る前に、なんなんこの暑さ!

まあ、おかげで洗濯物が乾いていいんですけどw

暑いとクーラー、となりがちですが、環境のことも体のことも考えると、出来る限り自然の風で涼しくなれるような

場所、いわば避暑地ってのを求めますねえ。

軽井沢やら遠いとこをイメージするでしょうが、案外近くに素敵な避暑地、あるんです。

というか見つけました。

 

入田町に出来た「Komorebi Cafe(こもれびカフェ)」!

 

入田郵便局の前の橋を渡る手前、右をヒュッと入っていけばございます。

なんてったって目印はこれ

IMGP8908

ドーン!と、でかーい!!!!

樹齢800年というオオクスです!

紹介するカフェは、そのすぐ隣に一軒家を改装してオープンしたカフェなんです。

IMGP8911

 

IMGP8901

この看板が目印ね。

中を入ると

IMGP8887

店内にも巨樹!?というオブジェが。

IMGP8881

靴をぬいで入ります。

なんだかお友達のおうちに遊びにきたような気分♪

 

ずいーっとカフェスペースに入れば・・・

IMGP8830

窓から自然の風が吹き抜けるー!

周りは田んぼで、大きくさえぎる建物もないので、風が店内を通り抜けるらしいです。

取材時にエアコンかかってなかったですが、すずしいーーーーーー!!!

IMGP8866

テーブルもありますが、ソファ席が目立ちます。

というのも、こちらを営む店長さん含めスタッフさん全員女性でママさん。

「ママたちが気軽に来ておしゃべりが楽しめるカフェをつくりたい!」

という想いがスタートだったこともあり、子どもが床で遊んでもいいように靴をぬいであがるようにしていたり、

赤ちゃんを寝かせられるソファがあったりと、子連れのママさんたちへの配慮があちこちに!

トイレもおむつ台がありますです。

 

料理は全部手作り。

お料理大好きなスタッフさんが、そのお母さんが作るお米や野菜を使った日替わりメニューを出してます。

特に、オープン間もないながらリピーターの多いのが[おひるごはん]

IMGP8750

朝採れの野菜たっぷりの体にやさしい家庭の味で、小鉢もたくさん付いていて、ご飯は古代米。

ヘルシー!

ご飯はおかわりや大盛りが無料だから、男性でも満足できまっす。

850円なり。

 

スイーツも手作り!

IMGP8824

バナナと豆乳のアイス、絶品でした!

IMGP8816

ドリンクはドイツ・WECK社のふた付きのグラス。

お子さんがこぼしにくいというのもあり、しかもかわいい!

 

なんせ店名通り、こもれびを感じながらいただくご飯の美味しさたるや・・・

IMGP8758

空間も景色も一緒に味わう贅沢たるや・・・

わざわざ遠くに行かずとも、徳島市内にこんな素敵カフェがありますから!

といろんな人に教えたくなります(というか教えています)

IMGP8891 IMGP8890

モーニングもありますので、いろんなシーンで使ってみたはいかがでしょーか!?

 

tel.090-4975-9929

徳島市入田町春日135-1
営 9:00~16:00(15:30LO)モーニングは9:00~11:30、ランチは11:30~14:30(売り切れ次第)、スイーツは14:00~
休 土・日曜、祝日
席 22席
P 有り

 

美味しいごはんと飲み物をいただきながら過ごす、カフェタイム。

もう・・・会社帰りたくない!って思うほど
居心地よかったですw

みなさんもぜひぜひ。

 

ではまた!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のんの

のんのワイヤーママ編集部 編集長

投稿者プロフィール

ワイヤーママ編集長。初心者マークの緑の部分を塗る仕事と迷ったあげく、(株)あわわへ入社。 この春ワイヤーママ編集長に。柴犬とチンチラのかわいさは最強だと信じて疑わない。レンジで温めたパックご飯を開封するときに火傷を負ったのが最近のニュース。

この著者の最新の記事

関連記事

3分でわかる!とくしま週末イベント情報

あわわfree12月号

Geen12 月号

ワイヤーママ1月号

あわろぐ スポンサー広告

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。