最初から最後までクライマックスが続く、衝撃のうどん。


あわわfreeWIRE e-book 無料公開中


   

どーも!
この夏復活ライブが決定した『YEN TOWN BAND』
ブーム再燃にワクワクしてるンボバです。

ちなみに
その元となった映画『スワロウテイル』、
20年前の作品なのに
今観ても、あせることなく、あの独特な世界観は引きこまれちゃいますね~
俳優陣も豪華だし、おぼこいw伊藤歩がまた新鮮。
ただ何と言っても、CHARA! いや~今も昔も変わんないね~さすが一生ガーリー宣言d(゚д゚)!

まぁ…そんな話は置いといて、本題いきます(;・∀・)

さてさて先日発売されたばかりの
最新号のGeenでは
この夏食べたい、選りすぐりのひんやりうどんをどど~んと、65品紹介中!

その中でも、ビジュアルがひときわ異彩を放つ
この小松島市『たの久』さんの[冷天10ぶっかけ]。

AW062616

今回は、このうどんを実食しに行ってきました~♪
AW062614AW062615
場所はルピア近く、この看板が目印です。

AW062613
外観は、まさかあのインパクトあるうどんがあるようなお店には見えない
古き良きうどん屋スタイル。

で、早速注文!
AW062602AW062603
メニュー表にはその他のうどんからどんぶりまで様々ラインアップ、
セット例の写真もズラリと並び、お目当てが決まってなければこれは迷いそう。
AW062601
あったかいうどんやどんぶりメニューでは、
実はこの”天10スタイル(その他。天7、天5もあり!)”
グランドメニューに元々あり、
今回、Geenの特集に合わせて、
冷ぶっかけバージョンを新たにメニューに加えていただきました(*`◇´*)ゞ

そして、
その[冷天10ぶっかけ]が

これだぁぁ!!!・・・・
AW062600

って、あれ!?

天ぷらがうどんにのってない?

実は、
そのまま食べるか、のせて食べるか
お客さんが選択できるように、別盛りで出てくるようです。

ふむふむ、なるほど。

だが!
あのビジュアルを求めてきたボクにとっては
このままの状態で普通にいただくのは。。。。

ってことで、

自分でのせてみた。

AW062605
2本。まぁこの本数であれば、通常の天ぷらうどんクラス。

AW062606
6本。この時点で、そこそこのインパクトです。

AW062607
そして10本!キターーーーーーー(=゚ω゚)/
もう今にも、
”スワロウテイル”のように羽ばたきそうな
もはやうどんには見えない、
というかほとんどうどんが見えない衝撃のビジュアル完成です!!

さてさて、それでは実食に。

麺は昔ながらの、ソフトなコシをもつ細めの手打ち麺。
ダシにしっかり絡み、
ツルツル旨みが口の中にすべりこんできます(〃´ω`〃)))

AW062608
そして、このうどんの主役でもある”海老天”は、
揚げたてだけあってサックサク、中はプリップリ!( ̄▽ ̄)
まぁ、10本もあるので、食べ方いろいろ
サクサク食感で丸ごと食べてもよし、
たっぷりダシをしみこませたシュンだ状態で食べてもよし!

いや~、ボク思うんですがね
“天ぷらうどん”食べるときって、
海老天がいわばクライマックスなワケじゃないですか。

あの至福の瞬間を
できるだけ最後のほうにとっておくみたいな(※まぁ個人差はあるでしょうが、ボクはこのタイプ)
それが、10本もあるってことは!
とにかく
最初のひとくちから最後食べ終わるまで
至福のクライマックス状態が続くってことですやん( *´艸`)

AW062609
だから、最後うどんが残り少しになった後半戦でも、
こんな感じ。
あと3回クライマックスがやってくるo(゚∀゚)oウヒャ~

こんな嬉しすぎるうどん、
麺も通常の1.5倍ってことで
全体的にもかなりのボリュームですが、
麺もやさしく、海老天も軽い揚げあがりなので
ペロリと全部いけちゃいました(o^─^o)ノ

ちなみに、お店の方いわく
女性の方でもおひとりで食べちゃう人も多いのだとか!!

さぁ、夏本番。
これからどんどん、ひんやりうどんが美味しい季節。
Geenを片手に、
ボクもうどん屋めぐり、まだまだ行ってきま~す♪

・・・ちなみに、
今回訪れた『たの久』さん。
AW062617
Geenと一緒に発売された
[ランチパスポート徳島vol.4]の対象店でもあるので
こちらもチェックして、お得なランチもぜひぜひ食べてくださいね( *・∀・)9゙

【店舗データ】
自家製ちょい細麺 たの久
小松島市神田瀬町字門田13-2
TEL 0885-33-3591
営 11:00~21:00(20:30LO)
休 火曜
席 85席
P 25台
http://www.warss.com/tanokyu/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ンボバ

ンボバ代表取締役社長

投稿者プロフィール

カメラ磨きなど下積みから始まり編集長・営業部長などを経て、2012年、代表に電撃就任。未だに『これはどっきりでは?』と疑念を抱きながら、会社経営に奮闘中。ただし、根本的にはぺーぺー気質で、会社での地位はすこぶる低く、いわゆる名ばかり社長。

この著者の最新の記事

関連記事

ワイヤーママ10月号

あわわfree9月号

Geen9月号

絵本『おとなからきみへ』特設サイト

徳島を元気にする仲間を募集中

あわろぐ スポンサー広告

イベントカレンダー

ページ上部へ戻る
テキストのコピーはできません。